y 始末書 書式/文例,例文,書き方[書き換え文言/宛先/状況別,多数の例文]

始末書 文例,例文,書き方

始末書の書き方と文例-ここでは、始末書の意味合いや書き方、一般的な書式を説明します。掲載された文例や書式は、コピー&ペーストしてご利用いただけます。

始末書 書式

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

令和Ο年Ο月Ο日
営業部 ΟООΟ 印

始末書

令和Ο年Ο月Ο日Ο時頃、・・・を起こしました。(不始末の具体的な状況を説明する文章)
・・・・のため起こりました。(不始末が発生した原因を書く)
・・・・となりました。又は、下記の損害が発生しました。(結果としてどうなったかを書く)
このことは、私の・・・・が原因であり、深く反省しております。以後このようなことのないよう・・・してまいる所存です。(反省と再発防止の方法や心構えを書く)
この度の不始末に関しまして本始末書をもちまして深くお詫び申し上る次第です。(お詫びの言葉を書く)

(具体的な損害の状況を詳細に書く)
 ОΟОΟ 商品代金 ΟΟ万円 廃棄
 ОΟОΟ 損害賠償金 ΟΟ万円の支払い
 ОΟОΟ 修理代金 ΟΟ万円
       合計  ΟΟ万円

以 上

始末書とは

始末書とは
始末書は、自身または部下、家族のミス、失態、迷惑行為に関して相手方に許しを乞う旨を記す文書です。 よって、ミス、失態、迷惑行為に自身や部下の責任や過失を認め、お詫び、謝罪、反省の意を伝えるとともに許しを乞う内容しなければなりません。
始末書と他の文書との違い
会社内では始末書に似たものとして、進退伺や顛末書、理由書など使われます。 その区別は、会社によって定義が異なる場合もありますが、一般的には以下のとおりです。
始末書は、当事者に重大な責任あり、相手方にそのことに関して許しを乞うための文書です。
進退伺は、当事者に重過失があり、それに対する処遇/処罰を会社や組織に委ねる旨を記す文書。
顛末書は、主に第三者が客観的立場で事件や事故、トラブル、不祥事などの一部始終を記録する文書。
理由書は、当事者には責任はなく、不可抗力や主に相手方に責任がある場合、事情を説明をするための文書。
文書名に指示がない場合は、文書各々で意味合いや内容、書き方も変わりますので、文書名は慎重に判断してください。
【ご参考】 顛末書 書き方 理由書 書き方 進退伺 書き方

始末書(社内) 文例一覧

始末書(学校/取引先宛) 文例一覧

4月季節/時候の挨拶

【4月時候の挨拶】
4月上旬 (花冷え/桜花/春爛漫)の(候/みぎり)
春陽麗和/桜花爛漫の好季節となりました。
4月中旬 (春粧/春陽/仲春)の(候/みぎり)
春まさにたけなわの今日このごろとなりました。
4月下旬 (春暖/春日/晩春)の(候/みぎり)
若草の緑がまぶしい季節を迎え、・・・
4月のやや長い時候の挨拶
最近のニュースや出来事を題材とした挨拶文の例文
 桜前線がООまで北上したとのニュースに、そちらもそろそろ桜が(咲いた/満開を迎えた)のではないかと思っていますが、 いががでしょか。今年は、コロナの影響で花見を楽しむことはできませんでしたが、当地では、(先週には/少し前に)満開を迎え、 今では(葉桜となりました/花吹雪が舞い、散りつつありあります)。
 (さて/ところで/この度お手紙したのは)、・・・
4月を感じる言葉
桃の節句/雛祭り/春日祭/ホワイトデー/彼岸/春の社日/春一番/桜前線/花冷え
【季節の語】
エイプリルフール/花祭り/イースター/昭和の日/菜種梅雨/桜前線/花冷え/寒の戻り/黄砂/春霞
【動植物】
山吹/チューリップ/ツツジ/牡丹/ひばり/ツバメ/アサリ/タケノコ
詳細は、時候の挨拶/季節の挨拶/挨拶文/季語-書き出しと結び
文例一覧policy運営者情報免責事項