始末書_SNS不適切投稿(機密/個人情報書き込み)行為文例

始末書_SNS不適切投稿(機密/個人情報書き込み)文例

始末書SNS不適切投稿(機密/個人情報書き込み)の文例-掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例はテンプレートとしてコピー&ペーストしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

平成О年О月О日

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

ΟО部ΟО課 ΟООΟ 印

始末書

私は、自身(の(Facebook/Twitter)アカウントで/管理するブログの記事に/私的に発行するメールマガジンに/ΟΟに)(当社(のОΟに関しての/営業機密にかかわる内容の)記事を投稿してしまいました/業務上知り得た(ΟΟ様の個人/ΟΟ会社の機密)情報を(不注意で/功名心から/匿名の気安さから)投稿してしまいました/ΟΟ店に(俳優/女優/ΟΟ)のΟΟ様が(ΟΟ様とご来店して会食していたこと/ご来店してОΟをご購入いただいたこと)を(本人の了解も得ずに/勝手に/面白半分で/お客様のプライバシーを侵害して)投稿してしまいまいました)。
 
(当然ながら/言うまでもなく)、(このような行為は絶対にしてはならないここであり/(会社/客先)の機密を漏洩させるなどもってのほかであり/お客様のプライバシーを侵害するなど許されることはでなく)、今更ながら(後悔しするばかりでる/自身の浅はかさを痛感して猛省しております/深く反省しております)。
または
(投稿/記事)は、(何気ない気持ちで/これくらいなら問題ないだろうと思いで/匿名なので誰にも誰が投稿したかわからないと思い)したのですが、(思慮が足りなかったと/よくよく考えるとなんであのようなことを書いたのか今更ながら/自身(勝手な判断/の過ち)を/自分自身の考えの浅はかさを思い知り)(後悔するばかりです/反省しております)。
 
また、(私の愚かな行為で/私の不始末のために/この度私が犯した過ちで)(会社に多大なご迷惑をおかけし/会社の信用を傷つけてしまい/会社の信頼を失墜してしまい)ましたこと(深く/改めて)お詫び申し上げます。
 
今後二度と(自身の(記事/投稿)に(機密/個人情報/他人のプライバシーを侵害する)内容を記載しないように細心の注意を払います/個人のアカウントで業務に関することは一切(投稿/言及)しないよう肝に銘じます)ので、今回に限りまして寛大なご措置をいたさきますようお願い申し上げます。
または
この度にことは、(私の不徳の致すところで/全くもって弁解の余地もなく私の不始末/私の判断の甘さで/(社会人/当社社員)としての自覚の欠如が原因で)ありますので、(如何なる処分も/相応の処分を)受ける覚悟でおりますが、私の(反省/謝罪/反省と謝罪)の気持ちだけでもお汲みいただければ幸いです。
 
この度の不始末に関しまして本書をもちまして深くお詫び申し上る次第です 。

以 上


 
【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例は【ОΟ文例】、メールは【ОΟメール文例】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

関連文例&コンテンツ

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について