始末書_管理不行届(部下の業務上のミス)文例と書き方

始末書_管理不行届(部下の業務上のミス)の文例

-スポンサードリンク-
-スポンサードリンク-
始末書管理不行届(部下の業務上のミス)の文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

平成О年О月О日

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

ΟО部ΟО課 ΟООΟ 印

始末書

去る○月○日、(当課の/私の(指揮/監督)下にある)○○が(○○という(不始末/失態)/誤発注/連絡ミス/○○における作業ミス)を犯してしまい、(客先より(抗議/クレーム)を受けました/(多額/○○も)の損失を出してしまいました/客先からの信頼を著しく損なってしまいました)。
または
去る○月○日、当課○○が株式会社○○殿より(お受けした/ご依頼のあった)(見積もりにおいて(重大な仕様違い/計算違い/員数の桁違い)を犯してしまい/ご注文の員数を誤ってしまい/○○を勘違いして○○するという失態を演じてしまい)、(客先からの信頼を損なってしまいました/客先より厳重な注意を受けてしまいました)。
 
この度の(こと/不始末)は、○○本人のミス(は無論ですが/とはいえ/ではありまりますが)、(見積もり/発注/作業/業務)の(内容/進捗)を(管理/確認)する立場にある私の(責任もまた重大あり/管理不行き届きがあったことは明白であり/職務怠慢であり/私の確認不足も一因であり)、深く反省いたしております。
または
今回の(不始末/ミス)では、(ミス/間違い)(発覚/判明)後(速やかに適切な対応をしなかったことが問題を大きくしたと/の客先対応に問題があったと)言わざるを得ず、それ関しては(明らかに/弁明の余地もなく、)(私の判断の甘さで/私に責任が)ありまして、深く反省いたしております。
 
今後は二度と同様な(不始末が起きない/ミスを犯さない)よう(細心の注意を払って業務を遂行/課員の業務隅々まで厳しく確認して/確認を徹底)してまいりますので、今回に限りまして寛大なご措置をいたさきますようお願い申し上げます。
または
この度にことは、(私の管理者(としての判断の甘さ/としての職務怠慢)であり/課長である私に責任がることは明白で/私の管理不行届が原因で/私の管理と指導不足が原因で)ありますので、(如何なる処分も/相応の処分を)受ける覚悟でおりますが、私の(反省/謝罪/反省と謝罪)の気持ちだけでもお汲みいただければ幸いです。
 
この度の(不始末/不祥事)に関しまして本書をもちまして深くお詫び申し上る次第です 。

以 上


 
-スポンサードリンク-

始末書の文例と書き方

各種始末書の文例と書き方一覧と 始末書関連コンテンツです。

始末書文例一覧

関連文例&コンテンツ

2月季節/時候の挨拶

2月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
2月上旬 (厳寒/余寒/立春)の(候/みぎり)
2月中旬 (残寒/残雪/晩冬)の(候/みぎり)
2月下旬 (春寒/寒風/梅花)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map