始末書 労災事故 文例/例文と書き方

労災事故の始末書 文例/例文と書き方-掲載された文例/例文や書式、テンプレート等は、コピー&べーストして利用にただけます。 当サイトの文例/例文には、書き換えの語句や文章が挿入している場合もあります。ご自身の心情や状況に応じて適宜、選択や変更してご利用ください。

労災事故/軽微(管理不行届)始末書 文例

令和Ο年Ο月Ο日

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

ΟО部 ΟООΟ 印

始末書

(去るО月О日О時頃/先日ご報告したとおり)、(私が現場代理人を務めるОΟ工事において作業員がΟΟの作業中に(怪我/ΟΟ)をする(事故/労働災害)が発生しました/ΟΟの従業員がΟΟ作業中に転倒して怪我する(事故/労働災害)/ΟΟ工場内で作業員がОΟする事故)が発生いたしました。
(幸い/何とか)(人命にかかわる(怪我/事故)ではありませんでしたが/(捻挫/打撲)程度の負傷ですみました)が、(一歩間違うと/状況によっては)(甚大な事故/労働災害)となるところであり、(現場代理人として/安全衛生管理者/(所/工場)長として/(職場/現場)の安全管理を責務を負う者として)(ご迷惑とご心配をおかけしましたこと/管理が行き届いおりませんでしたこと)、深く(お詫び申し上げます/反省しております)。
事故後、(直ちに/改めて)全(作業員/従業員/所員)に(安全管理/安全作業)の(再教育を実施/指導をを徹底)いたしましたが、(今後とも/二度とこのような事故が起きないよう)引き続き安全を第一に(作業/業務)するよう管理監督いたす所存でありますので、この度の管理不行き届きにつきまして何卒ご寛大な措置をいたさきますようお願い申し上げます。
この度の(作業事故/労働災害)につき本書をもちまして深くお詫び申し上る次第です 。

以 上

- ▼ [クリック-表示/非表示] -

労災事故(管理不行届)始末書 文例▼

人身/始末書 労災事故文例(元請宛)▼

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項