始末書 債権回収不能/焦げ付き 文例/例文と書き方

債権回収不能/焦げ付きの始末書 文例/例文と書き方-掲載された文例/例文や書式、テンプレート等は、コピー&ペーストして利用いただけます。 当サイトの文例/例文には、書き換えの語句や文章が挿入している場合もあります。ご自身の心情や状況に応じて適宜、選択や変更してご利用ください。

債権回収不能(管理不行届)始末書 文例

令和Ο年Ο月Ο日

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

ΟО(部/支店)
(支店/営業部)長 ΟООΟ 印

始末書

(去るО月О日/先日ご報告したとおり)、(取引先である(有限/株式)会社ОΟのΟΟ社長が(突然失踪し/不慮の事後でお亡くなりになり)/ΟΟ社代理人弁護士より、債務整理依頼の受理通知並びに債務減額の打診を受け)、(多額の/ΟΟ円もの/事実上/一部の)(債務/売掛金)の回収が困難となりました。
この度の件は、(全くもって/ひとえに/如何なる理由であれ)(支店長/営業部長/経理課長)たる私の(不徳の致すところ/職務怠慢/管理能力の欠如/部下への指導力不足)(であり/を痛感し)、深く反省をしております。
また、この度のことで(会社に多大な損害を被らせて/多方面にご迷惑をおかけ)しまいましたこと、深くお詫び申し上げます。
(本件の後/事故後)、(直ちに/改めて)全取引先の(経営状態/(与信/信用)状態)の再確認を行いましたが、(今後とも/二度とこのような事故が起きないよう)引き続き厳格な管理をする所存でありますので、この度の管理不行き届きにつきまして何卒ご寛大な措置をいたさきますようお願い申し上げます。
この度の(回収事故/件)につき本書をもちまして深くお詫び申し上る次第です 。

以 上

- ▲ [クリック-表示/非表示] -

債権回収不能(理由含)(管理不行届)始末書 文例▲

始末書 債権回収不能/焦げ付き 文例▲

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項