始末書_SNS不適切投稿(バイトの管理不行届)行為文例と書き方

始末書_SNS不適切投稿(バイトの管理不行届)の文例

始末書SNS不適切投稿(バイトの管理不行届)の文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

平成О年О月О日

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

ΟО店 店長 ΟООΟ 印

始末書

○○店(に勤務する○○/のアルバイト店員/のパート従業員)が、○月○日自分自身(の(Facebook/Twitter)アカウントで/管理するブログの記事に/私的に発行するメールマガジンに/○○に)(当社(の○○に関しての/営業機密にかかわる内容の)記事を投稿してしまいました/業務上知り得た(ΟΟ様の個人/ΟΟ会社の機密)情報を(不注意で/功名心から/匿名の気安さから)投稿してしまいました/当店に(俳優/女優/○○)のΟΟ様が(ΟΟ様とご来店して会食していたこと/ご来店して○○をご購入いただいたこと)を(本人の了解も得ずに/勝手に/面白半分で/お客様のプライバシーを侵害して)投稿してしまいまいました)。
または
私が店長を務める○○店の(アルバイト店員/のパート従業員/従業員○○)が、○月○日○時頃、自身の(Facebook/Twitter/管理するブログ/○○)のアカウントで(ご来店したお客様に関して(甚だ失礼/無礼/非礼)なことを投稿を/(当社/○○/当社○○)に関して(誠に/甚だ)(不適切)な発言を/業務中の不適切な行動を撮影してそれを投稿/お客様(を不愉快にする/に不快な思いをさせる)投稿/当社の信用を失墜しかねない投稿/当社○○の信頼を損なう内容を投稿)してしまいました。
 
昨今社会的にアルバイト店員よる不適切投稿が問題となっているさなかであり、私のアルバイト店員への(管理/教育/指導)が行き届いていなかったと(は明らかであります/言われて仕方がありません)。この度の不始末(を店長として/は、私の管理不行届が原因と)反省するとともに、ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。
または
本人は、(自身のなしたことが重大な事態を招くとの認識がなかった/何気ない気持ちで/これくらいなら問題ないだろうと思いで/匿名なので誰にも誰が投稿したかわからないと思いで)(投稿/記事を書いた)ようで、日ごろの(指導/教育/管理)(が徹底できていなかった/にも問題があった)と言わざるを得ず、深く反省をしております。
 
今後は二度と同様なのことが起きないよう(従業員/アルバイト)への(管理と指導を/指導を徹底)してまいりますので、今回に限りまして寛大なご措置をいたさきますようお願い申し上げます。
または
この度のことは、(私の不徳の致すところで/店長である私(の責任は重大で/に責任がることは明白で)/私の管理不行届が原因で)ありますので、(如何なる処分も/相応の処分を)受ける覚悟でおりますが、私の(反省/謝罪/反省と謝罪)の気持ちだけでもお汲みいただければ幸いです。
 
この度の(不始末/不祥事)に関しまして本書をもちまして深くお詫び申し上る次第です 。

以 上


 

10月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

10月上旬
仲秋の候
爽秋の候
清秋の候

10月中旬
秋冷の候
秋麗の候
菊花の候

10月下旬
秋霜の候
錦秋の候
紅葉の候

始末書の文例と書き方

各種始末書の文例と書き方一覧と始末書関連コンテンツです。

始末書文例一覧

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について