始末書_社外における暴力行為文例と書き方

始末書_社外における暴力行為の文例

始末書社外における暴力行為例文/文例と書き方-掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例/例文はテンプレートとしてコピー&ペーストして利用いただけます。 文章は、社内か客先宛など様々な状況で書き方が異なり、状況や目的に一致する文例を提供できません。そのため当サイトの文例又は例文には文章作成の一助として多数の書き換え語句や文章を挿入してあります。状況や心情に応じて選択してご利用ください。

平成О年О月О日

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

ΟО部ΟО課 ΟООΟ 印

始末書

私は、О月О日(市内居酒屋ОΟ/ΟΟ)にて(そこに居合わせた方/その店員の方/些細なことで口論となった方)に対して(暴力を振るってしまいました/胸ぐらを掴み威嚇するなど暴力的行動をしてしまいました/口論の挙句、暴力に及んでしまいました/大声で叱責し、挙句に店のОΟを蹴ったり、殴ったりして壊すなど暴力的行為をしてしまいました)。
または
私は、О月О日ОΟにてたまたま居合わせた他の客と些細なことから口論となり、挙句にはお互い殴り合いの喧嘩に発展したことで(店員/その様子を見ていた方)が警察に通報し、(事情聴取を受けてしまいました/警察へ連行されました)。
 
(当日/先日)は、(その前に数日忙しく少しばかり苛立っていたこともあり/普段飲み慣れない酒をついつい飲んでしまい/思いのほか酒の廻りが早く)、(些細なことで苛立ってしまい、怒りの感情を抑えることができずに暴力を振るってしまい/自分をコントロールできなくなり暴力的な行為をなしてしまい/自身でも何故あのよなことをしてしまったかのかと/精神が錯乱してしまい暴力を振るってしまい)今では後悔するばかりです。
または
その日は、(友人と二人で飲んでいて/数人で飲んでいて/ΟΟをしていて)(店員/その場に居合わせた方/通りすがりの方)(に/から)ОΟについて注意を(受けた直後、急に感情が爆発して自身がなしたことの記憶がなく、その時の状況を聞かされた時は信じられない思いでありましたが、/した後、相手がそのことに怒って(口論となり、互いに/自分自身も冷静さを失ってしまい)暴力行為に及んでしまい)、深く反省しております。
 
(この度のこと(が、酒の上のこととはいえ/は、理由の如何を問わず)/暴力行為/他人に怪我をさせてしまったことは/暴力行為に及んで警察に事情を聞かれることは、社会人とて)(あるまじき/許されない)行為であると(後悔/猛省)し、二度と同じ過ちを犯さないよう(注意し/肝に銘じた/心身の健康管理に気を付けて/酒を控え)ますので、今回に限りまして寛大なご措置をいたさきますようお願い申し上げます。
または
今回のことは、(相手の方には一切非がなく、私に責任があることでありまして/全くもって大人気ない行為でありまして/私の不徳の致すところでありまして)(如何なる処分も/相応の処分を)受ける覚悟でおります。また、この度のことで会社の(皆様に多大なご迷惑をおかけしましたこと/(名誉を損なう/信頼を失墜させる)こととなりましたこと)、深くお詫び申し上げます。
 
本書にて、私がなした(不始末/行為)につきましての反省とお詫び申し上げます 。

以 上


 
【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例又は例文は【ОΟ文例/例文】、メールは【ОΟメール文例/例文】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例/例文】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

関連文例&コンテンツ

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について