始末書 飲酒運転 文例/例文と書き方

飲酒運転の始末書 文例/例文と書き方-掲載された文例/例文や書式、テンプレート等は、コピー&ペーストして利用いただけます。 当サイトの文例/例文には、書き換えの語句や文章が挿入している場合もあります。ご自身の心情や状況に応じて適宜、選択や変更してご利用ください。

部下の飲酒運転(管理不行届)始末書 文例

令和Ο年Ο月Ο日

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

ΟО部ΟО課 ΟООΟ 印

始末書

 去るО月О日О時頃、当課ОΟが(酒気帯び運転で検挙/飲酒運転で事故を起こし逮捕)され(ました/たことが判明いたしました)。
 
飲酒運転(についてことある毎に注意喚起をしていたにもかかわらず/の撲滅を会社としても再三にわたり指導している中に)違反を行うことは、全くもって(申し開きのできない/許されることではなく)、厳しい処分(もやむを得ないと/は免れないものと)存じます。また、その者を(管理監督/指導)すべき立場の私に関しても(指導を徹底できなかった責任は重く/管理不行き届があったのは明白であり)、深く反省するとともにお詫び申し上げる次第です。
または
ОΟには、(これまで/再三/何度となく)飲酒運転をしないよう注意をしており、それでもこのようなこととなり、(課長/管理者)たる私(の指導力不足を痛感し、/の管理不行き届きを/も責任を感じ、)深く反省いたしております。
 
同課の者には、今後は二度と飲酒運転をしないよう(厳しく指導を/再度、指導を徹底)してまいりますので、この度の管理不行き届きにつきまして何卒ご寛大な措置をいたさきますようお願い申し上げます。
または
この度にことは、(私の指導の甘さ/私の管理能力の未熟さ)(にも責任があり/もたた一因であったことを認め)、相応の処分をお受ける覚悟でおります。
 
この度の(不始末/不祥事)につき本書をもちまして深くお詫び申し上げます。

以 上

- ▲ [クリック-表示/非表示] -

飲酒運転(本人) 始末書 文例▲

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項