始末書_飲酒運転文例と書き方

始末書_飲酒運転の文例

始末書飲酒運転の文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

平成 年 月 日
営業部 ΟООΟ 印

始末書

私は、去る平成Ο年Ο月Ο日21:00頃、自宅から近所のコンビニエンスストアへ原付バイクで向かう途中、 ОΟО町2丁目路上で飲酒検問を受け酒気帯び運転(0.17mg/l)として検挙されました。 その結果、略式命令により、10万円の罰則金が科され、かつ30日の免許停止が決定しました。
当日は、18:00頃夕食時にビール(大瓶1本)を飲みました。その後2時間程経過していたので アルコールは抜けていると判断しましたが、現実には酒気帯び運転の基準(0.15mg/l) を超えるアルコールが感知されました。
この度の不始末は、ひとえに私の社会人としての自覚と責任のなさが原因であり、弁解の余地もございません。
私のこのような行動により、会社の皆様にご心配とご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げますともに、 以後このようなことのないようお誓いいたします。
なお、本件に関する処分には謹んで従う所存であります 。

以 上


8月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

8月上旬
避暑の候
新涼の候
納涼の候

8月中旬
残炎の候
残暑の候
残夏の候

8月下旬
暮夏の候
晩夏の候
向秋の候

始末書の文例と書き方

各種始末書の文例と書き方一覧と始末書関連コンテンツです。

始末書文例一覧

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について