始末書_飲酒運転文例と書き方

始末書_飲酒運転の文例

始末書飲酒運転例文/文例と書き方-掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例/例文はテンプレートとしてコピー&ペーストして利用いただけます。 文章は、社内か客先宛など様々な状況で書き方が異なり、状況や目的に一致する文例を提供できません。そのため当サイトの文例又は例文には文章作成の一助として多数の書き換え語句や文章を挿入してあります。状況や心情に応じて選択してご利用ください。

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

平成Ο年Ο月Ο日
営業部 ΟООΟ 印

始末書

私は、去る平成Ο年Ο月Ο日21:00頃、自宅から近所のコンビニエンスストアへ原付バイクで向かう途中、 ОΟО町2丁目路上で飲酒検問を受け酒気帯び運転(0.17mg/l)として検挙されました。 その結果、略式命令により、10万円の罰則金が科され、かつ30日の免許停止が決定しました。
当日は、18:00頃夕食時にビール(大瓶1本)を飲みました。その後2時間程経過していたので アルコールは抜けていると判断しましたが、現実には酒気帯び運転の基準(0.15mg/l) を超えるアルコールが感知されました。
この度の不始末は、ひとえに私の社会人としての自覚と責任のなさが原因であり、弁解の余地もございません。
私のこのような行動により、会社の皆様にご心配とご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げますともに、 以後このようなことのないようお誓いいたします。
なお、本件に関する処分には謹んで従う所存であります 。

以 上

【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例又は例文は【ОΟ文例/例文】、メールは【ОΟメール文例/例文】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例/例文】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

関連文例&コンテンツ

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について