遅刻/無断欠勤/無断帰宅/就業規則違反 始末書 文例,例文,書き方

遅刻/無断欠勤/無断帰宅/就業規則違反の始末書 文例,例文,書き方-当サイトの文例/例文や書式、テンプレート等は、コピー&べーストしてご利用ください。 その多くの文例,例文には、書き換えの語句や意味合いの違う文章が入っています。ご自分の実状や心境に合った表現を選択や変更してご利用ください。

遅刻 始末書 文例

令和Ο年Ο月Ο日

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

ΟО部ΟО課 ΟООΟ 印

始末書

私は、(一月にО回/О月О日からО日のО日間にО日)も始業時間に遅刻いたしました。(上司からの再三の注意にもかかわらず/その都度注意を受けましたが)、(全く改善しませんでした/再びО日にも遅刻をしてしまいました)。
これは、(自分勝手な/身勝手/自制心を欠いた/自己管理が欠如した)行為であるとともに(当社社員として/社会人に)あるまじきことであると(自覚し/心得)、深く反省をしております。
 
かかるうえは、二度と遅刻をないよう(自己管理を徹底して/体調管理に気をつけ)、業務に専心してまいる覚悟でありが、万一再び同様のことを繰り返した場合は、就業規則に準じた(懲戒/ご措置/処分)を受けましても異議を申し上げません。
または
これからは、二度と遅刻をないよう(肝に銘じて/社会人であることを改めて自覚して)まいりますので、今回は、寛大なご措置を賜りますようお願い申し上げます。
 
この度の不始末に関しまして本書をもちまして深くお詫び申し上る次第です 。

以 上

無断欠勤 始末書 文例

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

令和Ο年Ο月Ο日
営業部 ΟООΟ 印

始末書

私は、去る令和Ο年Ο月Ο日会社への連絡をせず欠勤をいたしました。 その前夜、私的なことで気が滅入ることがあり、気分転換に知人と飲酒をしましが、 その日に限っては、アルコールに強くない体質であるのにもかかわらず、 大量の飲酒をして泥酔状態になってしまいました。友人が私を自宅に送り届けたことすら 記憶がありませんでした。
翌日目を覚ましたのは、既にお昼過ぎでした。 携帯電話には、会社から電話やメールが入っていましたが、二日酔いの辛さや 大失態を犯した罪悪感で自ら電話を入れることもできず、一日過ごしてしまいました。 その夜、心配したΟΟ主任から電話を受けてその旨をお話しました。 その際、会社では一日連絡がとれなかったことで 皆さんが大変心配していたとお聞きして、ますます申し訳ない思いで一杯となりました。
この度の不始末は、ひとえに私の社会人としての自覚と責任のなさが原因であり、弁解の余地もございません。
私のこのような行動により、会社の皆様にご心配とご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げますともに、 今後このようなことのないようお誓いいたします。
なお、本件に関する処分には謹んで従う所存であります 。

以 上

無断外出 始末書 文例

令和Ο年Ο月Ο日

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

ΟО部ΟО課 ΟООΟ 印

始末書

私は、去る令和Ο年Ο月Ο日、00時00分から00時00分頃までの時間帯に(会社に無断で/上司の許可を得ずに)(私的な用事を済ますため/ΟΟをするため)(勝手に外出いたし/職場を放棄)いたしました。
 
(私にとりまして(重要な用件/急を要する事態)であった/許可を得ようとしましたが、課長が(不在に/席をはず)していた)とはいえ、(職場の誰にも伝え/全く行き先を告げ)ずに職場を離れ(るのは、あってはならぬことであり/たこは、如何なる理由であれ許されることではなく/たことは、弁明の余地はなく)、深く反省しております。
または
この度のことは、ひとえに私(の社会人としての自覚と責任のなさが原因/の不徳の致すところ/の普段からの甘えのあらわれ)であり、弁解の余地もございません。
 
私が、なしたことで職場の皆様にご心配とご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げますともに、今後二度とこのようなことのないようお誓いいたします。
または
私の(身勝手/自分本位/いい加減)な行動により、ご迷惑をおかけしました皆様に深くお詫び申し上げますともに、今後、二度と(職場/会社)に迷惑をかけるようなことのないよう(肝に銘じて/社会人であることを改めて自覚して)まいりますので、今回は、寛大なご措置を賜りますようお願い申し上げます。

以 上

無断帰宅 始末書 文例

令和Ο年Ο月Ο日

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

ΟО部ΟО課 ΟООΟ 印

始末書

私は、去る令和Ο年Ο月Ο日、(無断で/上司の許可を得ずに/連絡をせずに)(帰宅/直帰)いたしました。
 
当日は、(体調が優れず早退を願いでようとしましたが/私的用件があり早退の許可を得ようとしましたが)、(あいにく(ΟΟ課長/上司の方々)が(不在に/席をはず)しており/私にとりまして急を要することであり)、(私の勝手な判断で/職場の誰にも伝えず/全く行き先を告げず)職場を離れました。
(本来なら、/当然、そのよな状況下でも、)(誰かに伝いえる/(総務/人事)に伝えていく/早退届けを提出していく)(べきでした/こともできたのです)が、それを怠ったことは、(如何なる理由であれ/社会人にあるまじきことで)(許されることではなく/弁明の余地はなく)、深く反省しております。
 
または
 
その日は、(客先での打ち合わせ/営業で数社を廻りました/ΟΟ社へ出向きました)が、(予定より早く(用件/打ち合わせ)が終わりましたので(本来なら/当然)、帰社すべきであった/客先担当者が不在で予定より早く帰社できる状況でした)にもかかわらず、(帰社しても直ぐに定時となる思いで/通常ОΟ社へ出向いた時は直帰となっていたので/直帰る予定で外出していましたので)、(私の勝手な判断/少々早く帰社することになるが良かろうとの不誠実な考えで/少しくらいなら許されるだろうとの甘い考えで)そのまま帰社いたしました。
この行動は、ひとえに私の(ОΟ社社員としての自覚の欠如/の不徳の致すところ/の普段からの甘えのあらわれ)であり、弁解の余地もございません。
 
また、私の居場所が分からなくなり、職場の皆様にご心配とご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。
または
私の(身勝手/自分本位/いい加減)な行動により、ご迷惑をおかけしました皆様に深くお詫び申し上げます。
 
今後は、(勝手な行動をしない/就業規則を遵守する/会社のルールに反するころをしない)ことをお誓いいたしますとともに、(万が一にも/再度)同様なことがありましたら、たとえ厳しい(ご措置/処分)を受けても異議を申し立ていたしません。
または
今後、二度と(同様のことの/勝手に帰社し)ないことは勿論、就業規則を遵守してまいりますので、今回ばかりは、寛大なご措置を賜りますようお願い申し上げます。

以 上

無断休憩/サボタージュ 始末書 文例

令和Ο年Ο月Ο日

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

ΟО部ΟО課 ΟООΟ 印

始末書

私は、(以前にも(О回/数回)無断で休憩を取り、注意を受けていたにもかかわらず、/口頭での注意を受けていたにもかかわらず/就業規定に反して)(去る/再度)令和Ο年Ο月Ο日(業務時間中に職場をはなれて休息/午後の業務開始時間に遅刻/休憩時間以外に喫煙室で喫煙を/無断で休憩を)いたしました。
 
当日は、(体調が優れず業務に集中できなかった/私的な(急用/用件)があって電話をしなければならなかった)とはいえ、(無断で/自分勝手に/職場の誰にも伝えず)職場を離れたのは、私の(不徳のいたすところ/落ち度であり/勝手な判断によるものであり)、(弁明の余地もなく/申し開きのできないことと)、深く反省しております。
または
この度のことは、私(の考えて甘さでありが原因であり/の社会人としての自覚の欠如であり/の不誠実さに起因することは明らかであり/が少々休み時間(長くとっても/業務開始時間に遅れても)良かろうと考えたことが原因であり/の中に少しくらいなら許されるだろうとの甘い考えあったことは否定できませず)、(自身の愚かさを/軽率な行動を)(恥じるとともに、猛省しております/今さらながらですが、後悔しております)。
 
また、私の(身勝手/自分本位/いい加減)な行動により、(職場の皆様にご心配とご迷惑をおかけしましたこと、/ご迷惑をおかけしました皆様に)深くお詫び申し上げます。
 
今後は、二度とこのような(勝手な行動をしない/就業規則に反するこをしない/会社のルールに反するころをしない)ことをお誓いいたしますとともに、(万が一にも/再度)同様なことがありましたら、たとえ厳しい(ご措置/処分)を受けても異議を申し立ていたしません。
または
これからは、就業規則を遵守してまいりますので、何卒、ご寛大な措置を賜りますようお願い申し上げます。
 
この度の不始末につき、本署にて改めまして深くお詫び申し上げます 。

以 上

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項