始末書_度重なる遅刻文例

始末書_度重なる遅刻の文例

始末書度重なる遅刻の文例-掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例はテンプレートとしてコピー&ペーストしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

平成О年О月О日

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

ΟО部ΟО課 ΟООΟ 印

始末書

私は、(一月にО回/О月О日からО日のО日間にО日)も始業時間に遅刻いたしました。(上司からの再三の注意にもかかわらず/その都度注意を受けましたが)、(全く改善しませんでした/再びО日にも遅刻をしてしまいました)。
これは、(自分勝手な/身勝手/自制心を欠いた/自己管理が欠如した)行為であるとともに(当社社員として/社会人に)あるまじきことであると(自覚し/心得)、深く反省をしております。
 
かかるうえは、二度と遅刻をないよう(自己管理を徹底して/体調管理に気をつけ)、業務に専心してまいる覚悟でありが、万一再び同様のことを繰り返した場合は、就業規則に準じた(懲戒/ご措置/処分)を受けましても異議を申し上げません。
または
これからは、二度と遅刻をないよう(肝に銘じて/社会人であることを改めて自覚して)まいりますので、今回は、寛大なご措置を賜りますようお願い申し上げます。
 
この度の不始末に関しまして本書をもちまして深くお詫び申し上る次第です 。

以 上


 
【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例は【ОΟ文例】、メールは【ОΟメール文例】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

関連文例&コンテンツ

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について