始末書_職場放棄(無断外出)文例と書き方

始末書_職場放棄(無断外出)の文例

始末書職場放棄(無断外出)の文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

平成О年О月О日

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

ΟО部ΟО課 ΟООΟ 印

始末書

私は、去る平成Ο年Ο月Ο日、00時00分から00時00分頃までの時間帯に(会社に無断で/上司の許可を得ずに)(私的な用事を済ますため/○○をするため)(勝手に外出いたし/職場を放棄)いたしました。
 
(私にとりまして(重要な用件/急を要する事態)であった/許可を得ようとしましたが、課長が(不在に/席をはず)していた)とはいえ、(職場の誰にも伝え/全く行き先を告げ)ずに職場を離れ(るのは、あってはならぬことであり/たこは、如何なる理由であれ許されることではなく/たことは、弁明の余地はなく)、深く反省しております。
または
この度のことは、ひとえに私(の社会人としての自覚と責任のなさが原因/の不徳の致すところ/の普段からの甘えのあらわれ)であり、弁解の余地もございません。
 
私が、なしたことで職場の皆様にご心配とご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げますともに、今後二度とこのようなことのないようお誓いいたします。
または
私の(身勝手/自分本位/いい加減)な行動により、ご迷惑をおかけしました皆様に深くお詫び申し上げますともに、今後、二度と(職場/会社)に迷惑をかけるようなことのないよう(肝に銘じて/社会人であることを改めて自覚して)まいりますので、今回は、寛大なご措置を賜りますようお願い申し上げます。

以 上


 

始末書の文例と書き方

各種始末書の文例と書き方一覧と 始末書関連コンテンツです。

始末書文例一覧

6月季節/時候の挨拶

6月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
6月上旬 (入梅/薄暑/麦秋)の(候/みぎり)
6月中旬 (梅雨/長雨/短夜)の(候/みぎり)
6月下旬 (梅雨晴れ/初夏/向暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について