始末書_暴言/非礼/無礼(対上司)文例と書き方

始末書_暴言/非礼/無礼(対上司)の文例

始末書暴言/非礼/無礼(対上司)の文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

平成О年О月О日

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

ΟО部ΟО課 ΟООΟ 印

始末書

この度は、○○(課長/部長/○○)に対して(暴言の数々を申し/立場もわきまえず暴言を申し/身の程をわきまえず口論に及び)ましたこと、心よりお詫び申し上げます。
または
(○日の/昨夜の/先日の)(宴席/(忘年/新年/歓迎会/送別/懇親)会/打ち上げ)では、○○(課長/部長/○○)に対して(誠に(無礼/失礼)なことを(申し上げ/言動に及び)/酔った勢いで不本意のことを申し上げ、○○部長に不愉快にお思いをさせてしまい)ましたこと、深く反省しております。
 
(当日/先日)は、(普段飲み慣れない酒をついつい飲んでしまい/(思いのほか/疲れていたせいか)酒の廻りが早く/神経が高ぶっていて自制心がきかず)、(不本意ながらあのような行為に及んでしまい/自身でも何故あのよなことをしてしまったかのかと/心にもないことを申し上げたうえに暴力を振るってしまいましたことを)後悔するばかりです。
または
(当日/先日)は、泥酔の余り(断片的な/全く自身がなしたことの)記憶しかなく、その時の状況を聞かされた時は信じられない思いでありましたが、それが紛れもない事実であると分かって、後悔するとともに日ごろ(より、(お世話になっている/ご指導いただいている)○○(課長/部長/○○)には/のご恩を仇で返してしまい)、(深く反省するばかりです/謝罪の言葉が見当たりません)。
 
(かかるうえは/今後は)、このような(不始末を起こさない/ことのに)よう(注意し/肝に銘じた/心身の健康管理に気を付けて/酒を控え)ますので、今回に限りまして寛大なご措置をいたさきますようお願い申し上げます。 または
かかるうえは、酒の上とはいえども(この度にことは社会人としてあるまじき行為/自身の(過ち/なした不始末)でありますので、(如何なる処分も/相応の処分を)受ける覚悟でおりますが、私の謝罪の気持をご賢察いただければ幸いです。
 
この度の不始末に関しまして本書をもちまして深くお詫び申し上る次第です 。

以 上


 

始末書の文例と書き方

各種始末書の文例と書き方一覧と 始末書関連コンテンツです。

始末書文例一覧

関連文例&コンテンツ

1月季節/時候の挨拶

1月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
1月上旬 (新春/初春/寒冷)の(候/みぎり)
1月中旬 (仲冬/酷寒/厳寒)の(候/みぎり)
1月下旬 (厳冬/寒風/大寒)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map