進退伺_社内における暴力文例と書き方

進退伺_社内における暴力文例

進退伺_社内における暴力文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

平成О年О月О日

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

ΟО部ΟО課
ΟООΟ 印

進退伺

この度は、私が(同僚である/同課の/○○課の)○○(さん/氏)に対して(自身の感情を抑えきれずに暴力を振るってしまいました/暴言を発した挙句、暴力に及びました/些細な(口論/言い争い)から暴力を振い、怪我をさせてしまいました)ことで会社や多くの皆様にご迷惑をおけけしましまい、心よりお詫び申し上げます。
または
私は、(○日の/先日の)(宴席/(忘年/新年/歓迎/送別/懇親)会で/打ち上げで/○○において)(同僚である/同課の/○○課の)○○(さん/氏)に対して(執拗に頭をたたくなど暴力的な行為をおこないまいした/暴力行為をなし、大怪我をさせてしまいました)。
 
先日は、(日々の(忙しさに/ストレスで)少しばかり苛立っていたこともあり/感情のコントロールができず)、(不本意ながらあのような行為に及んでしまい/自身でも何故あのよなことをしてしまったか判然としませんが、/精神が錯乱してしまい暴力を振るってしまい)今では後悔するばかりです。
または
当日は、(多量の酒を飲んでいてその時何があったかについては断片的な/○○(氏/さん)から○○について注意を受けた直後、急に感情が爆発して自身がなしたことの)記憶しかなかったのですが、それが紛れもない事実であると分かり事のに重大さに今更ながら深く反省している次第です。
 
つきましては、(酒の上のこととはいえ/理由の如何を問わず)(暴力を振ったことは/怪我をさせてしまったことは/社会人とて)(あるまじき/許されない)行為であり、その責任の重大さを鑑み、ここに退職願いを添えて、今後の進退についてご決裁をお願いする次第です 。
または
この度の件は、(全責任は私に/私の不徳の致すところで)あることを認めるて(いかなる処分も/相応の処分を)受ける覚悟でおりますので、今後の進退についてのご決裁いただきますようお願いいたします。

以 上


 

進退伺文例と書き方

各種進退伺の文例と書き方一覧と 進退伺関連コンテンツです。

進退伺文例一覧

6月季節/時候の挨拶

6月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
6月上旬 (入梅/薄暑/麦秋)の(候/みぎり)
6月中旬 (梅雨/長雨/短夜)の(候/みぎり)
6月下旬 (梅雨晴れ/初夏/向暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について