SNS不適切投稿 進退伺の文例,例文と書き方

SNS不適切投稿の進退伺の文例,例文と書き方-文例,例文,書式/テンプレートなどは、コピー/ペーストして利用してください。 本サイトの文例と例文では、文章を書くときに手助けとなる書き換え語句と文章を入れてあります。自身の心情や状況に合った文章/語句を選択してからご利用ください。

SNS不適切(発言/投稿) 進退伺文例

令和Ο年Ο月Ο日

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

ΟО部ΟО課
ΟООΟ 印

進退伺

この度は、私が不適切な投稿を(Facebook/Twitter/ブログ)へしたことで、(会社の信用を失墜させてしまいました/ΟΟ店を閉店することとなりました/当社製品の不買運動を招いてしまいました)こと、深くお詫び申し上げます。
私は今回の(投稿/記事)を(何気ない気持ちで/これくらいなら問題ないだろうと思いで/匿名なので誰にも誰が投稿したかわからないと思い)したのですが、(思慮が足りなかったと/よくよく考えるとなんであのようなことを書いたのか今更ながら)(後悔するばかりです/反省しております)。
この度の不始末につき、私の責任を認めるとともに、いかなる処分であれ服する覚悟でございますので、ここに辞表を添えて、今後の進退についてのご決裁をお待ち申し上げます。

以 上

関連文例/例文一覧

SNS不適切(発言/投稿) 進退伺文例

令和Ο年Ο月Ο日

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

ΟО部ΟО課
ΟООΟ 印

進退伺

この度、私は自身の(Facebook/Twitter/ブログ)に(ОΟに関しての情報/営業機密にかかわる内容)を投稿したことで、会社に多大なご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。
今回私がなした行為は、(当然ながら/言うまでもなく)(絶対にしてはならないここであり/許されることはでなく)、今更ながら(後悔しするばかりでる/自身の浅はかさを痛感して猛省しております/深く反省しております)。
本件(の影響の甚大さ/で会社に与えて損失の大きさ/における私の責任の重大さ)を鑑み、ここに辞表を添えて、今後の進退についてのご決裁いただきたく存じます。

以 上

SNS不適切(発言/投稿) 進退伺文例

令和Ο年Ο月Ο日

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

ΟО部ΟО課
ΟООΟ 印

進退伺

この度、私は自身の(Facebook/Twitter/ブログ)に(業務上知り得た個人情報を勝手に/ОΟに関しての情報)を投稿したことで、会社に多大なご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。
このことは、ひとえに私の(社会人としての意識の欠如/自分自身の考えの浅はかさ/ΟΟ)が原因であり、深く反省しております。
つきまさしては、本件の責任を負いたいと存じますので、進退についての指示を賜りたくお願い申し上げます。

以 上

進退伺 書き方

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

令和Ο年Ο月Ο日
営業部 ΟООΟ 印

進退伺

令和Ο年Ο月Ο日Ο時頃、・・・を起こしました。(不始末の具体的な状況を説明する文章)
・・・・のため起こりました。(不始末が発生した原因を書く)
・・・・となりました。又は、下記の損害が発生しました。(結果としてどうなったかを書く)
このことは、ひとえに私の・・・・が原因であり、深くお詫び申し上げます。(自己の責任を認め、謝罪の意を書く)
<辞表を添付しない場合>
この度の不始末は、全てΟΟ担当者である小職に原因があるのは明白であり、 その責任を負いたいと存じますので、進退についての指示を賜りたくお願い申し上げます。
<管理者の辞表を添付しない場合>
この度のΟΟによる不始末は、私の指導監督不足であり、その責任の重さを痛感しております。 つきましては、今後の進退についてのご指示をお待ち申し上げます。
<辞表を添付する場合>
つきましては、いかなる処分であれ、謹んで服する覚悟でございますので、 ここに辞表を添えて、今後の進退についてのご決裁をお待ち申し上げます。
<管理者の辞表を添付する場合>
本件につき、管理者として全責任を負いたく存じますので、ここに退職願を添えて、ご指示をお待ち申し上げます 。

以 上

進退伺の本来の意味からすると矛盾しますが、個人的な所見として、進退伺に辞表(退職願)を添付するかの判断は、その事案が社会通念上「懲戒解雇」に該当するのかを基準とするのがよいと考えます。つまり、辞表(退職願)を添付する場合は、「懲戒解雇」を回避するためのに、自らの意思で退職を選択するのです。それができれば再就職にも都合がよいいでよう。
一方、懲戒による「解雇」では重過ぎる処分だと考えられる場合、辞表(退職願)は添付しないのがよいでしょう。それが添付されていなければ、会社は「懲戒解雇」を決定するしか、その当人を辞めさせることができません。それでも、会社が「解雇」を決定したり、「辞職」を促したりする場合、不当解雇(行為)となる可能性もあります。
以上のことを踏まえて、文末の表現は慎重に記載してください。

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項