進退伺 職務規定違反/無断(兼業/副業/競業) 文例,例文,書き方

職務規定違反/無断(兼業/副業/競業)の進退伺 文例,例文,書き方-当サイトの文例/例文や書式、テンプレート等は、コピー&べーストして使用にただけます。 その多くの文例,例文には、書き換えの語句や意味合いの違う文章が入っています。ご自分の実状や心境に合った表現を選択や変更してご利用ください。

無断(兼業/副業/競業) 進退伺文例

令和Ο年Ο月Ο日

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

ΟО部ΟО課
ΟООΟ 印

進退伺

私は、令和Ο年Ο月から(社内規定/労働契約)に反(して/することを知りつつ)(ОΟ株式会社より報酬を得て業務をなしていました/ΟΟでアルバイトをしておりました/副業としてОΟをなしておりました/競合するОΟでОΟをなしていました)。
 
この度、私が行っていたことは、明らかに社内規定で禁止されている(副業/兼業/競業)であり、(一切の弁明の余地がありません)。
または
私の行っていた(副業/兼業)は、(問題となる程の報酬額もないと/(知人/友人/親族)からのたっての依頼で断ることができず/ΟΟでお金が必要となり)(ついつい/軽い気持ち/何気ない気持ち/甘い考えで)(始めました/引き受けてしまいました)。しかしながら、(今思えば、思慮が足りなかったと/よくよく考えるとなんでその時、断れなかったかと今更ながら)(後悔するばかりです/反省しております)。
 
つきましては、この度の件で会社に多大なご迷惑をおかけしたことを深謝するととともに、その責任の重大さを鑑み、ここに退職願いを添えて、今後の進退についてご決裁をお願いする次第です 。
または
(如何なる理由であれ/つきましては、)(社内規定/労働契約)に反する行為をなしたことは事実であり、今後の進退についての指示を賜りたくお願い申し上げます。
または
この度(の社内規定違反関して、私の非を/、私に社内規定違反の事実があったことを)認めるて(いかなる処分も/相応の処分を)受ける覚悟でおりますので、今後の進退についてのご決裁いただきますようお願いいたします。

以 上

- ▼ [クリック-表示/非表示] -

職務規定違反 進退伺文例▼

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項