進退伺_債権回収不能文例/例文と書き方

進退伺_債権回収不能の文例/例文と書き方

進退伺_債権回収不能文例/例文と書き方-掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例/例文はテンプレートとしてコピー&ペーストして利用いただけます。 文章は、社内か客先宛など様々な状況で書き方が異なり、状況や目的に一致する文例を提供できません。そのため当サイトの文例又は例文には文章作成の一助として多数の書き換え語句や文章を挿入してあります。状況や心情に応じて選択してご利用ください。

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

平成Ο年Ο月Ο日
営業部 ΟООΟ 印

進退伺

私が、担当しておりましたΟΟ商事 株式会社は、平成Ο年Ο月Ο日に不渡り手形を出して事実上倒産いたしました。
当社は、Ο月Ο日時点で売掛代金残高がΟΟ万円あります。主要な資産はΟΟ銀行の抵当となっており、 当社が納入した商品に関しても在庫はなく、もはや回収は不可能と思われます。 今後、破産の手続きが進むとしても、ΟΟ商事の資産状況からして破産管財人の調査を待たずとも、 当社債権額に遠く及ばない配当しか見込めません。
倒産の原因は新規事業への投資とその失敗と考えられますが、 このような事態になるまで放置してしまったのは、営業担当である私の責任であり、 深く反省するとともにお詫び申し上げます。
この度の不始末は、その損害の大きさからして、私の進退をもって責任をとるしべきとこころえ、 本書をもって今後の進退をお伺いする次第です 。

以 上

【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例又は例文は【ОΟ文例/例文】、メールは【ОΟメール文例/例文】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例/例文】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

関連文例&コンテンツ

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について