y 進退伺 文例一覧

進退伺 文例一覧

進退伺 文例一覧 - 文例は、コピーしてご利用いいただけます。 文例中には、文章を書く上で助けとなるよう書き換えの語や句、文章が入れられてます。 状況や心情に合った語句等を選んでご利用ください。

進退伺 文例一覧

進退伺とは

進退伺とは、自身または部下の重大な過失/ミス等により、会社に多大な損失を与えてしまった場合に自身の責任(部下の場合は管理責任)を認め、それに対する処遇/処罰を会社や組織に委ねる旨を記す文書です。

進退伺と始末書などの文書との違い-

その他の文書と違いは以下の通りです。
始末書は、当事者に重大な責任あり、相手方にそのことに関して許しを乞うための文書。
反省文は、当事者に責任あり、自身の行いを反省し、再度同様の行為をしない旨の誓いを記す文書。
顛末書は、主に第三者が客観的立場で事件や事故、トラブル、不祥事などの一部始終を記録する文書。
理由書は、当事者には責任はなく、不可抗力や主に相手方に責任がある場合、事情を説明をするための文書。
文例一覧policy運営者情報免責事項