進退伺_不正行為(交通違反起訴/逮捕)文例と書き方

進退伺_不正行為(交通違反起訴/逮捕)文例

進退伺_不正行為(交通違反起訴/逮捕)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

平成О年О月О日

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

ΟО部ΟО課
ΟООΟ 印

進退伺

(○月○日○時/先般)、私は(高速道路/○号線)を走行中に○Kmオーバーの制限速度違反で警察に検挙され、簡裁で罰金○万の支払いと○日の免許停止の略式命令を受けました。私のなしたことで多大なご迷惑とご心配をおけけしましたこと、深くお詫び申し上げます。
または
私は、○月○日(○時頃/深夜)(追突/人身)事故を起こしながらその場から逃走し、後日警察に(器物破損/○○)容疑(逮捕/検挙)され、会社に名前まで報道されてしまい、当社の名を汚してしまいましたこと、深くお詫び申し上げます。
または
私は、○月○日(○時頃/深夜)帰宅の途中、(人身事故/○○に突っ込む事故)を起こし、その場で(危険運転致死傷罪/業務上過失致死傷罪)で警察に逮捕されてしまいました。この度のことでは、会社に多大なご迷惑をおかけするとともに会社の信用を損なうこととなり、深くお詫び申し上げます。
または
私は、○月○日(○時頃/深夜)、免許停止中にもかかわらず(自動車/原付バイク)の運転をして(事故を起こし/検問中に警察に)無免許運転で検挙されました。この度のことで、多くの皆様に多大なご迷惑とご心配をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。
 
私のなしたことは、(誠に/甚だ)(反社会的な行動/(身勝手の/非常識な)行為/社会人としての自覚に欠いた行為)であり、(如何なる理由であれ許されることではありません/一切の申し開きの余地がりません)。
または
この度のことは、(逃げ切れるかもしれない/捕まらないなら良かろう)という(浅はかな/甘い/不誠実な)考えでなしたことであり、決して許されることではなく、今更ながら自身のなしたことを(後悔しております/深く反省するととにご迷惑をおかけした皆様に伏してお詫び申し上げる次第です。
または
○○事故を起こして(恐怖から/捕まったら終わりだと脅迫観念に駆られて)(冷静さを無くした/気が動転した/理性が働かなかった)とはいえ、(決して許されることではなく/弁明の余地はなく)、深く反省いたしております。
または
この度のことは、日々(配送用のトラック/営業車/業務として/車両)を運転するものとして全くもって自覚を欠いたことであり、深く反省つるとともに会社に多大なご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げる次第です。
 
(つきましては、この度のことに関して/この度私のなしたことは、許されることではなく、/私の犯した過ちで会社の名誉を汚したことは明らかであり、本件に関して)(いかなる処分も謹んで/相応の処分を)受ける覚悟でおりますので、今後の進退についてのご決裁いただきますようお願いいたします。
または
つきましては、(私のなした不始末の重大さに鑑み/この度の(法令に反することをなしたこと/逮捕事実)を認め)、ここに退職願いを添えて、今後の進退についてご決裁をお願いする次第です 。

以 上


 

進退伺文例と書き方

各種進退伺の文例と書き方一覧と 進退伺関連コンテンツです。

進退伺文例一覧

6月季節/時候の挨拶

6月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
6月上旬 (入梅/薄暑/麦秋)の(候/みぎり)
6月中旬 (梅雨/長雨/短夜)の(候/みぎり)
6月下旬 (梅雨晴れ/初夏/向暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について