進退伺_不正行為(暴力事件)文例と書き方

進退伺_不正行為(暴力事件)文例

進退伺_不正行為(暴力事件)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

平成О年О月О日

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

ΟО部ΟО課
ΟООΟ 印

進退伺

(○月○日○時/先般)、私が(居酒屋の店員/○○で隣にいた客)と(○○の/些細な)ことで(口論/いさかい)となり、(口論の末/喧嘩なり)(暴力行為に及び駆けつけた警察に現行犯逮捕され/相手を殴り怪我をさせてしまい)ましたことで、会社の皆様にご迷惑とご心配をおけけしましたこと、深くお詫び申し上げます。
または
私の不徳に致すところで、この度(暴力/○○)容疑で(現行犯逮捕/略式起訴/告訴)されました。また、そのことは、勤務先の会社名ともにテレビ、新聞等で報道されてしまい、当社(の名を汚して/の社会的信用を著しく損なって)しまいましたこと、深くお詫び申し上げます。
 
当日は、(酒が入って少し気が大きくなっていて相手の挑発に乗ってしまい喧嘩となり、つい/(○○があり気が立っていて/あまりにも理不尽な(物言い/要求)に(我慢できなくなって/理性を無くして)しまい)(暴力を振るって/手が出て)しまいました。(今思えば/今更ですが)、何故(暴力を振るったか/自身を抑えることができなかのか)と後悔の念で一杯です。
または
逮捕された日は、(日々の(忙しさに/ストレスで)精神的に不安定であったこともあり/感情のコントロールがうまくできない状態で/以前より患っているうつの症状が出てしまい)、(不本意ながらあのような行為に及んでしまい/自身でも何故あのよなことをしたのか分からないまま/(感情の高揚/怒りの感情)を抑えることができず)暴力を振るってしまい、深く反省しております。
または
現行犯で逮捕された後、(怪我をなさった/被害者の)方とは示談が成立して、(起訴は免れたとは/被害届は取り下げていただいたとは)いえ、私の(不始末で/なしたことで/の暴力行為により)(会社に多大なご迷惑をおかけ/会社の名誉を汚してしまい/会社信用を損なって)しましたことを深くお詫び申し上げます。
 
(つきましては、この度のことに関して/如何なる理由であれ私のなしたことは、許されることではなく、/私の犯した過ちで会社の名誉を汚したことは明らかであり、本件に関して)(いかなる処分も/相応の処分を)受ける覚悟でおりますので、今後の進退についてのご決裁いただきますようお願いいたします。
または
つきましては、(私のなした不始末の重大さに鑑み/この度の(法令に反することをなしたこと/逮捕事実)を認め)、ここに退職願いを添えて、今後の進退についてご決裁をお願いする次第です 。

以 上


 

進退伺文例と書き方

各種進退伺の文例と書き方一覧と 進退伺関連コンテンツです。

進退伺文例一覧

6月季節/時候の挨拶

6月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
6月上旬 (入梅/薄暑/麦秋)の(候/みぎり)
6月中旬 (梅雨/長雨/短夜)の(候/みぎり)
6月下旬 (梅雨晴れ/初夏/向暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について