始末書 暴力行為 文例/例文と書き方

暴力行為の始末書 文例/例文と書き方-掲載された文例/例文や書式、テンプレート等は、コピー&べーストして利用にただけます。 当サイトの文例/例文には、書き換えの語句や文章が挿入している場合もあります。ご自身の心情や状況に応じて適宜、選択や変更してご利用ください。

社内における始末書 暴力行為 文例

令和Ο年Ο月Ο日

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

ΟО部ΟО課 ΟООΟ 印

始末書

この度、私は(同僚である/同課の/ΟΟ課の)ОΟ(さん/氏)に対して(自身の感情を抑えきれずに暴力を振るってしまいました/暴言を発した挙句、暴力に及びました/些細な(口論/言い争い)から暴力を振い、怪我をさせてしまいました)。
(当日/先日)は、ОΟ(氏/さん)からΟΟについて(注意を受けた直後/批判的な意見がなされて)、急に感情が爆発して自身がなしたことの記憶しかなく、その時の状況を聞かされた時は信じられない思いでありましたが、それが紛れもない事実であると分かって、ОΟ(さん/氏)には誠に申し訳ないことをしたと深く反省しております。
今回のことは、(ОΟ(さん/氏)には一切非がなく、私に責任があることでありまして/全くもって大人気ない行為でありまして/私の不徳の致すところでありまして)(如何なる処分も/相応の処分を)受ける覚悟でおりますが、ОΟ(さん/氏)をはじめご迷惑をおかけした皆様への謝罪の意だけでもご賢察いただければ幸いです。
本書にて、私がなした(不始末/行為)につきましての反省とお詫び申し上る次第です 。

以 上

- ▼ [クリック-表示/非表示] -

社内の酒の席における暴力行為 始末書 文例▼

社外における始末書 暴力行為 文例▼

店員への始末書 暴力行為 文例▼

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項