始末書_社内における暴力行為文例と書き方

始末書_社内における暴力行為の文例

始末書社内における暴力行為の文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

平成О年О月О日

代表取締役社長
ΟООΟ 殿

ΟО部ΟО課 ΟООΟ 印

始末書

この度、私は(同僚である/同課の/○○課の)○○(さん/氏)に対して(自身の感情を抑えきれずに暴力を振るってしまいました/暴言を発した挙句、暴力に及びました/些細な(口論/言い争い)から暴力を振い、怪我をさせてしまいました)。
または
私は、(○日の/昨夜の/先日の)(宴席/(忘年/新年/歓迎/送別/懇親)会で/打ち上げで/○○において)(同僚である/同課の/○○課の)○○(さん/氏)に対して(執拗に頭をたたくなど暴力的な行為をおこないまいした/胸ぐらを掴み威嚇するような暴力行為をしました/暴力行為ととられてしかたがないことがありました)。
 
(当日/先日)は、(その前に数日忙しく少しばかり苛立っていたこともあり/普段飲み慣れない酒をついつい飲んでしまい/思いのほか酒の廻りが早く)、(不本意ながらあのような行為に及んでしまい/自分をコントロールできなくなり暴力的な行為をなしてしまい/自身でも何故あのよなことをしてしまったか判然としませんが、/精神が錯乱してしまい暴力を振るってしまい)今では後悔するばかりです。
または
(当日/先日)は、(○○(氏/さん)から○○について注意を受けた直後、急に感情が爆発して自身がなしたことの/多量の酒を飲んでいてその時何があったかについては断片的な)記憶しかなく、その時の状況を聞かされた時は信じられない思いでありましたが、それが紛れもない事実であると分かって、○○(さん/氏)には誠に申し訳ないことをしたと深く反省しております。
 
この度のことは、(酒の上のこととはいえ/理由の如何を問わず)(暴力を振ったことは/怪我をさせてしまったことは/社会人とて)(あるまじき/許されない)行為であると(後悔/猛省)し、二度と同じ過ちを犯さないよう(注意し/肝に銘じた/心身の健康管理に気を付けて/酒を控え)ますので、今回に限りまして寛大なご措置をいたさきますようお願い申し上げます。
または
今回のことは、(○○(さん/氏)には一切非がなく、私に責任があることでありまして/全くもって大人気ない行為でありまして/私の不徳の致すところでありまして)(如何なる処分も/相応の処分を)受ける覚悟でおりますが、○○(さん/氏)をはじめご迷惑をおかけした皆様への謝罪の意だけでもご賢察いただければ幸いです。
 
本書にて、私がなした(不始末/行為)につきましての反省とお詫び申し上る次第です 。

以 上


 

始末書の文例と書き方

各種始末書の文例と書き方一覧と 始末書関連コンテンツです。

始末書文例一覧

関連文例&コンテンツ

1月季節/時候の挨拶

1月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
1月上旬 (新春/初春/寒冷)の(候/みぎり)
1月中旬 (仲冬/酷寒/厳寒)の(候/みぎり)
1月下旬 (厳冬/寒風/大寒)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map