学校宛_子供の始末書(遅刻を繰り返した)文例と書き方

学校宛_子供の始末書(遅刻を繰り返した)文例

学校宛_子供の始末書(遅刻を繰り返した)例文/文例と書き方-掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例/例文はテンプレートとしてコピー&ペーストして利用いただけます。 文章は、社内か客先宛など様々な状況で書き方が異なり、状況や目的に一致する文例を提供できません。そのため当サイトの文例又は例文には文章作成の一助として多数の書き換え語句や文章を挿入してあります。状況や心情に応じて選択してご利用ください。

平成О年О月О日

ΟΟΟ(小/中/高等)学校
校長 ΟООΟ(殿/先生)

Ο年Ο組 ΟООΟ
保護者  ΟООΟ 印

始末書

この度、(子の名:ОΟ)が(学校を度々遅刻してる/特段の理由もなくこの一週間でО回もの遅刻した)とのことで、(担任のОΟ先生をはじめ多くの方々/学校)にご迷惑とご心配をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。
または
前回ご注意を受けた際に保護者として指導を徹底する旨をお約束したのにもかかわらず、(子の名:ОΟ)が(今月О回もの/再び)遅刻を(繰り返してし/なしてしまい)ましたこと、深くお詫び申し上げます。
 
(先生方からも再三にわたり遅刻についてご指導を受けているにもかかわらず、/ΟΟの遅刻での(ご注意/ご指導/ご連絡)は、これでО回目で)本人に未だ遅刻(することは悪いこととの意識/に対する罪悪感)が欠如しているとと言わざるを得ず、保護者である私(の監督不行き届/どもの責任)を痛感し、深く反省をいたしております。
または
誠にお恥ずかしいことではありますが、ОΟ先生からご連絡をお受けするまでОΟ(の遅刻を/が遅刻を繰り返していることを)知りませんず、保護者としての監督義務(を果たしていなかったことは明白であり/を怠っていたと言わざるを得ず)、深く反省をしたしております。
 
今後は、二度と(遅刻をさせなよう/このよううなこのないよう)保護者として監督、指導してまいる(所存です/ことをお誓いします)。
または
今回のご指導を受けて本人も遅刻をしないと誓っておりますし、親としては生活習慣の(改善/指導)と監督をおこなってまいる所存でありますので、今回に限りましては寛大なご(処分/措置)を賜りますようお願い申し上げます。
 
この度の不始末に関しまして、本人と連名で本書を提出いた(した次第です/します)。

以 上


 
【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例又は例文は【ОΟ文例/例文】、メールは【ОΟメール文例/例文】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例/例文】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

関連文例&コンテンツ

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について