対外向_始末書(営業対応クレーム)文例と書き方

社外向_始末書(営業対応クレーム)の文例

対外向_始末書(営業対応クレーム)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

平成О年О月О日

株式会社 ○○○○
○○部○○課
ΟООΟ 様

株式会社 ○○○○
(支店長/営業部/○○)
 ΟООΟ 印

始末書

この度は、(弊社営業担当/弊社社員○○)が(貴社をお伺いした/お打ち合わせ/(営業/納品/○○)の)(際/の折に)、(ΟΟ様/貴社の○○皆様)に(非礼な/不心得は/ご無礼な/(弊社社員に/営業マンとして/社会人として)あるまじき)ことをしてしまい、深くお詫び申し上げます。
または
この度は、(弊社営業担当/弊社社員○○)が、(ΟΟ様/貴社)に対しまして(誠に無礼なことを申しまして/(弊社社員に/営業マンとして/社会人として)あるまじき暴言をも申しまして/耳を疑うようなことを申しまして/無礼極まりないことを申し上げまして/貴社を侮辱するようなことを申しまして/貴社の○○を非難するようなことを申し上げまして/不適切なことを申しまして)、(ΟΟ様に(不愉快/ご不快)な思いをさせてしまいましたこと/貴社の名誉を傷つけてしまいましたこと/貴社の皆様に不信感を与えてしまいましたこと)、(心より/深く)お詫び申し上げます。
 
弊社として事実関係を確認いたし、(ΟΟ様/貴社)(のご指摘とおり/のお怒りはご最も/よりの申し入れは当然)でありまして、全く(弁解の余地はございません/面目ございません)。
または
弊社としてもことの詳細を聴取いたしましたが、本人も確かにそのようなことを(申した/なした)とのことで、本人には厳重に注意をし、現在では本人も(猛省/甚く反省)しております。
または
この度のことは、(本人がまだ入社間もない者で事情を知らなかったことが/状況判断の甘さが/本来、上司に確認すべきことを)、(気が動転して/慌てて)対応を取って/勝手な自己判断でしてしまったことが)原因です。(とはいえ/多少そのような事情を(差引いて/斟酌して)も)、今回のことは(許されてことではありませんで/貴社との信頼関係を著しく損ったことは否めず)、(会社/管理監督者)として管理不行き届きを深く反省しております。
 
弊社としては、今後二度とこのようなことのないよう(改めて社員教育の充実をはかり/社員の管理体制の強化し/営業時の言動に注意を払うよう指導し)ますので、今回ばかりは(ご容赦くださいます/ご寛容を賜ります/お許しいただけます)よう伏してお願い申し上げます。
または
この度のことは、(本人がまだ入社間もない者である/疲労がたまっていた/精神的に弱っていた)(ことを(差引いて/斟酌して)も/とはいえ)、(許されてことではなく/貴社との信頼関係を取り戻すことは難しいと判断し)、貴社のご担当は、別の者に交代させることといたしましたので、何卒、ご寛容いただき今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。
または
弊社としては、貴社との信頼回復を第一に考え貴社のご担当を別の者に交代させることといたしましたので、何卒、今回に限りご寛容いただきますようお願い申し上げます。
または
本人には、この度のことで厳重に注意をし、現在では本人も(猛省/甚く反省)しておりますので、今回ばかりは(ご容赦くださいます/ご寛容を賜ります/お許しいただけます)よう伏してお願い申し上げます。
 
この度の弊社社員の(無礼/非礼/不始末)に関し、(改めて/本書をもって)深くお詫び申し上る次第です 。

以 上


 

8月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

8月上旬
避暑の候
新涼の候
納涼の候

8月中旬
残炎の候
残暑の候
残夏の候

8月下旬
暮夏の候
晩夏の候
向秋の候

始末書の文例と書き方

各種対外向_始末書の文例と書き方一覧と対外向_始末書関連コンテンツです。

対外向_始末書文例一覧

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について