学校宛_子供の始末書(いじめ)文例と書き方

学校宛_子供の始末書(いじめ)の文例

学校宛_子供の始末書(いじめ)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

平成О年О月О日

ΟΟΟ(中/高等)学校
校長 ΟООΟ(殿/先生)

Ο年Ο組 ΟООΟ
保護者  ΟООΟ 印

始末書

この度、私の(長男/長女)(子の名:○○)(が友人(○名/等)ともに/が)、(同級生/同クラス/同校)の○○君に対して(私物を隠す/仲間外れにする/嫌がらせ)(などのいじめをしていた/等のいじめととられて仕方がないこと)をなしていたとのことで、○○の保護者としていまして深くお詫び申し上げます。
または
○月○日、私の(長男/長女)(子の名:○○)が(再び)(同級生/同クラス/同校)の○○君に対(する暴力/しての嫌がらせ/すた誹謗、中傷する)をしているところが発覚したことで○○君(に不愉快な思いをさせてしまいました/をはみめ(先生方/学校の皆様)に多大なご迷惑とご心配をおかけしました)こと、○○の親として深くお詫び申し上げます。
 
保護者としてわが子が、(他人の目を盗んで/学校で)いじめをしているなどとは(全く知りませんで/思ってもみないことで/気づきもせず)、親として○○に対する(監督/指導)(が行き届いていなかった/に至らない点があった)ことを(痛感しますとともに猛省している次第です/深く反省しております)。
または
本人は、(遊びのつもりでしたと申しておりますが/悪気はなかったとはいえ)、○○(君/さん)(が不登校となるまでエスカレートさせたことを/に不快な思いをさせていたことを知り)、今更ながらではありますが後悔とともに深く反省をいたしております。
または
本人は、(いじめをしている認識はなかった/他の人に同調して自分もそれに加わった/ついつい面白がってしてしまった)と申しておりますが、○○のしたことは明らかにいじめでありまして決して許されることはなく、(今では/今更ながら)後悔するとともに深く反省いたしております。
 
○○には私どもから他人(の嫌なことをする/の気持ちを考えずに自分本位の言動をする)ことは、その人(を傷つけることになる/不愉快な思いにさせる)と説諭して、本人もそのことを深く理解いたしております。
または
○○には私どもからも厳しく注意をすし、(今後いじめととられるような行為をしないと誓っております/本人も自身の行いを悔いて深く反省しておおります)。
 
今回注意を受けたことで、本人もその結果が重大なこととなることを理解したようで二度と盗みをなさないと誓っておりますし、親としても○○の行動に注意を払ってまいる所存でありますので、今回に限りましては寛大なご(処分/措置)を賜りますようお願い申し上げます。
または
本人が、二度といじめととられる行為をしないと誓い、万が一にも再び同様の行為をしたら厳しい処分を受ける覚悟をしておりますので、今回に限りましては寛大なご(処分/措置)を賜りますようお願い申し上げます)。
 
この度の不始末に関しまして、本人と連名で本書を提出いた(した次第です/します)。

以 上


 

始末書の文例と書き方

各種対外向_始末書の文例と書き方一覧と 対外向_始末書関連コンテンツです。

対外向_始末書文例一覧

6月季節/時候の挨拶

6月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
6月上旬 (入梅/薄暑/麦秋)の(候/みぎり)
6月中旬 (梅雨/長雨/短夜)の(候/みぎり)
6月下旬 (梅雨晴れ/初夏/向暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について