始末書 子供の自転車事故 文例/例文と書き方

始末書 子供の自転車事故 文例/例文と書き方-掲載された文例や書式、テンプレートは、コピー&ペーストして利用いただけます。 当サイトでは、書き方の説明を加えてあるものや文例/例文の中に書き換え語句や文章を挿入している場合もあります。それらを参考にして状況に応じて適宜、変更してご利用ください。

始末書 子供の自転車事故文例(被害者宛)

令和Ο年Ο月Ο日

ΟΟΟΟ 様

市立ΟО(小/中)学校
Ο年Ο組 ΟООΟ
保護者  ΟООΟ 印

始末書

この度、私の(長男/長女)(子の名:ОΟ)が、(交通ルールを無視して/携帯電話を操作しながら/無灯火で夜の道を)自転車で走行してΟΟ様(に接触して/に追突して)しまい、ΟΟ様に(全治О日の怪我をさせてしまい/大変なご迷惑をおかけし/お怪我をさせて)ましたこと、深くお詫び申し上げます。
または
О月О日、私の(長男/長女)(子の名:ОΟ)が、(無灯火で/よそみをしながら/傘をさして)自転車を走行して)ΟΟ様(の駐車している車に追突して傷を付けてしまい/のОΟに衝突してそれを壊したしまい/に接触して、衣服を台無しにしてしまい)ましたこと、深くお詫び申し上げます。
 
今回の事故は、明らかにОΟが(交通ルール/自転車に乗る上での規則)に反していたことが原因であり、申し開きのできることではなく、本人も深く反省をいたしております。
または
今回の事故は、(本人に交通規則を守るという意識が欠如していたと/自転車であっても交通ルールに反したことをすると重大な結果を招くという認識に欠けていたと)言わざるを得ず、(私ども/家庭で)のОΟへの(教育/躾)が、行き届いていなかったと痛感いたしております。
 
ついきましては、ОΟには私どもから自転車を乗る際の交通ルールの遵守を(再度/厳しく)指導し、今後二度と同様のことのないよう注意を払ってまいりますことをお誓い申し上げます。
または
今回の事故で本人が二度と(交通ルールに反することをしない/(携帯電話を見/傘をさし)ながら自転車を乗らない)と誓っており、親としてもОΟの素行に注意を払ってまいる所存でありますので、今回に限りましては寛大なご措置を賜りますようお願い申し上げます。
または
(今回に限って/本人が深く反省していることから)警察への被害届を控えていただ(き心より感謝いたしますとともに/いたご恩を無にしないよう)、二度と(同様/このよううな)ことを繰り返さないよう保護者として監督、指導してまいる(所存です/ことをお誓いします/ます)。
 
この度の不始末に関しまして、本人と連名で本書を提出いた(した次第です/します)。

以 上

- ▼ をクリックで表示/非表示切替 -

始末書 文例一覧 ▼

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項