カンニング 子供の始末書文例と書き方

カンニング 子供の始末書文例(学校宛)

カンニング 子供の始末書文例/例文と書き方-掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例/例文はテンプレートとしてコピー&ペーストして利用いただけます。 文章は、社内か客先宛など様々な状況で書き方が異なり、状況や目的に一致する文例を提供できません。そのため当サイトの文例又は例文には文章作成の一助として多数の書き換え語句や文章を挿入してあります。状況や心情に応じて選択してご利用ください。

平成О年О月О日

ΟΟΟ(小/中/高等)学校
校長 ΟООΟ(殿/先生)

Ο年Ο組 ΟООΟ
保護者  ΟООΟ 印

始末書

この度、(子の名:ОΟ)が(学期末試験/ΟΟテスト)において(不正行為をなしてしまい/他人の答案を盗みる不正に及びましたこと)、深くお詫び申し上げます。
または
先般の(学期末試験/ΟΟテスト)において(子の名:ОΟ)が(前回と同様/再び)(不正行為/カンニング)をなしてしまい、保護者として(監督、指導)が不十分であったことを悔いるともに先生方にご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。
 
ОΟのなしたこと(が本人にとって何の役にも立たないのは無論、悪しき行為である/は卑劣なことである)ことを(本人に(長い時間かけて説明/話を)して理解させ、本人も自身のなした卑怯な行為を大いに後悔し、深く反省のするに至りました。
または
(ついつい出来心で/少しでも点数を上げたいと軽い気持ちで/赤点をとりたくないという自分本位で)なしたことでありますが、(そのことが悪いことで絶対してはいけないことであるとの思慮分別すらできなかったのは/この不正行為の重大さを推し量ることすらできない思慮分別しかないのは)、(私ども/家庭で)の(教育/躾)に至らぬ点があったと痛感するとともに深く反省をいたしております。
または
前回の試験での不正が発覚してから(ОΟには厳しく(指導/注意を)したつもりでしたが/不正行為は許されないことと説諭してそれを理解していたにもわらず)、再度同様の不正行為をなしてしまい、先生方に対して面目次第もございません。
 
つきましては、保護者として二度と(同様/このような)の不始末をさせないよう監督、指導してまいるますので、今回に限りましては寛大なご(処分/措置)を賜りますようお願い申し上げます。
または
また、本人が今後絶対に(カンニング/不正行為)をしないとお誓い、(万が一にも次回以降も同様な不正を働いた/再度不正を行った)場合、厳しい(ご処分/処置)を受けること覚悟もしておりますので、今回に限りましては寛大なご(処分/措置)を賜りますようお願い申し上げます。
 
(この度の不始末/息子ОΟのテストにおける不正行為)に関しまして、本人と連名で本書を提出いた(した次第です/します)。

以 上

【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例又は例文は【ОΟ文例/例文】、メールは【ОΟメール文例/例文】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例/例文】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

関連文例&コンテンツ

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について