内容証明 借金の催告書文例と書き方

内容証明による借金の催告書(個人宛)文例

内容証明による借金の催告書例文/文例と書き方-掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例/例文はテンプレートとしてコピー&ペーストして利用いただけます。 文章は、社内か客先宛など様々な状況で書き方が異なり、状況や目的に一致する文例を提供できません。そのため当サイトの文例又は例文には文章作成の一助として多数の書き換え語句や文章を挿入してあります。状況や心情に応じて選択してご利用ください。

催告書

貴殿は、平成Ο年Ο月Ο日付け金銭消費貸借契約書により、金ΟΟ万円を平成Ο年Ο月Ο日までに返済すると確約されましたが、いまだに、返済されておりません。
つきましては、本催告書の到達後、2週間以内に金ΟΟ万   円を返済されますようご請求致します。
なお、期限内に支払いがない場合、法的手続きをとらさせて頂きます 。

平成Ο年Ο月Ο日

以 上

ΟΟ県ΟΟ市ΟΟ町ΟΟ番Ο号
ΟООΟ   印

ΟΟ県ΟΟ市ΟΟ町ΟΟ番Ο号
ΟООΟ 殿

催告書とは
催告書とは、債権者が債務者に対して債務の弁済を促すために行う通知のことです。これを送ることで、債権者は自己の権利を行使していることとなります。
 
債権は、一定期間権利行使しないでいると消滅時効が完成して、債務者に弁済の義務がなくなります。(参考 時効の援用通知)そうならないように、催告書を債務者に送るのです。ここで内容証明郵便を使うのは、裁判上の請求や相手が時効を援用した場合のための証拠とするためです。
しかし、時効を中断するには、訴訟をおこしたり、支払督促、差押え、仮差押え、仮処分等の裁判手続を取る必要もあります。催告は、単に請求後6ヶ月間だけ時効の完成を中断させるだけですから、その期間に裁判上の請求をしなければその効力はなくなります。また、この催告による時効の一時中断は、1回しか使えないので何度も催告書を送っても時効の完成を伸ばすことはできません。

Posted: 2005 - Updated: 12/30/2006

【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例又は例文は【ОΟ文例/例文】、メールは【ОΟメール文例/例文】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例/例文】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

内容証明による催告書(取引会社宛)文例

催告書

貴社と弊社とは、売掛金の支払いを前月分発注分については、当月末に現金で支払う取り決めとしておりましたが、先々月分が、いまだにお支払い頂いておりません。
つきましては、先々月分の合計ΟΟ円を今月末までにお支払いいたますようご通知致します。
なお、今月末にお支払いがない場合、法的手続きをとらさせて頂きます 。

平成Ο年Ο月Ο日

以 上

ΟΟ県ΟΟ市ΟΟ町ΟΟ番Ο号
株式会社 ΟООΟ
代表取締役社長
ΟООΟ   印

ΟΟ県ΟΟ市ΟΟ町ΟΟ番Ο号
株式会社 ΟΟ商事
代表取締役社長
ΟООΟ 殿

関連文例&コンテンツ

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について