代位弁済予告/代位弁済通知書 内容証明文例と書き方

主債務者への代位弁済予告通知書 内容証明文例

代位弁済予告/代位弁済通知書の内容証明文例/例文と書き方-掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例/例文はテンプレートとしてコピー&ペーストして利用いただけます。 文章は、社内か客先宛など様々な状況で書き方が異なり、状況や目的に一致する文例を提供できません。そのため当サイトの文例又は例文には文章作成の一助として多数の書き換え語句や文章を挿入してあります。状況や心情に応じて選択してご利用ください。

通知書

貴社が平成Ο年Ο月Ο日付け締結した金銭消費貸借契約書に関して、債権者 株式会社ΟΟ銀行より、本年Ο月Ο日に貴社の弁済が滞っているため催告書が到達しました。
当該催告書では、「貸金残元金ΟΟ万円、利息ΟΟ円、上記残元金に対する本年Ο月Ο日以降完済まで年Ο%の割合による遅延損害金」を支払うよう催告されております。
当方は上記催告にかかる金員を本年Ο月Ο日代位弁済する予定でおりますが、それまでに、貴社が上記金員の弁済を完了されることを切に希望しております。貴社が、上記期日までに弁済がなされない場合は、当方が代位弁済いたす旨通知します。また、当方の上記代位弁済につき異議がありましたら、本年Ο月Ο日までご通知ください 。

平成Ο年Ο月Ο日

以 上

ΟΟ県ΟΟ市ΟΟ町ΟΟ番Ο号
ΟООΟ   印

ΟΟ県ΟΟ市ΟΟ町ΟΟ番Ο号
ΟΟ株式会社
代表取締役社長
ΟООΟ 殿

代位弁済とは
代位弁済とは、債務者に代わり債権者に債権の弁済をすることです。その中でも、連帯保証人、連帯債務者や物上保証人、担保物権のついている不動産の第三取得者、後順位の抵当権者などは「弁済をするについて正当な利益を有する者」にあたりますので弁済と同時に支払った分を債務者に請求(求償権)できます。これを法定代位と呼びます。これが「弁済をするについて正当な利益を有さない第三書」、例えば親や兄弟で保証人になっていない人が代位弁済したときは、債権者の承諾がないと弁済した分の請求ができません。また、債務者からの二重払いを避けるため、債権者から債務者に対して代位弁済があったことを通知するか、または債務者が代位弁済を承諾する必要があります。通常その通知には内容証明が使われます。
法定代位であったとしても、そのことを後々証明できるように内容証明での弁済の承諾を求めるための通知をし、弁済した旨の通知をすることをお勧めします。また、抵当権が設定してある債権の代位弁済の場合は、代位弁済があったことの附記登記をするかも考える必要があります。

Posted: 2005 - Updated: 12/30/2006

【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例又は例文は【ОΟ文例/例文】、メールは【ОΟメール文例/例文】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例/例文】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

主債務者への代位弁済通知書 内容証明文例

▼クリックで表示/非表示切替▼

抵当権設定あり代位弁済通知書 内容証明文例

▼クリックで表示/非表示切替▼

関連文例&コンテンツ

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について