個人的詫び状(人の車/借用車_運転時破損)_お詫び/謝罪_文例と書き方

個人的詫び状(人の車/借用車_運転時破損)_お詫び/謝罪_文例

個人的詫び状(人の車/借用車_運転時破損)_お詫び/謝罪の文例-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

(拝啓/前略)
この度は、私の(不注意/運転の未熟さ/不始末)から○○(様/さん)(の/にお借りした)(車/バイク)を(ぶつけて/傷つけて/壊して)ましたこと、(深く/心から/改めて)お詫び(いたします/申し上げます)。
または
(お電話で/先日も)(お話したよに/お伝えしましたように)○○(さん/様)に借用した(車/バイク)を運転していた時、(後続の車に追突/車に接触/信号を無視して進入した車に衝突)されて(車/バイク)(に傷がついて/を壊して/が大破して)しまいましたこと、(深く/心から/改めて)お詫び(いたします/申し上げます)。
または
先日の事故で○○(さん/様)にご迷惑をおかけしてしまい、(誠に(面目次第も/申し訳)ございません/ただただ申し訳ない気持ちで一杯です)。
または
○○(さん/様)からお借りていた(車/バイク)を(壊して/ぶつけて/傷つけて)しまいましたことを改めてお詫びを申し上げたくて筆を取(りました/った次第です)。
 
お借りた(車/バイク)を(壊して/ぶつけて/傷つけて)しまったは、(先日お話したように)(私が無理に○○したことが原因/私の運転が荒かったためで/相手が無理な幅寄せをしてとはいえ私も無茶なことをしていたのも確かで)(申し開きできることは/弁解の余地も)なく、自分の(軽率な行動/いい加減さ/未熟さ)を恥じるとともに(心からの/改めて)お詫びいたします。
または
この度のことでは、(私に事故の責任はない/駐車中の当て逃げで防ぎようがなかった/全くの不可抗力)としても(道義的責任は免がれるものではなく、改めて深くお詫び申し上げます/私が無理をいってお借りしなければと思う後悔するばかりです)。
または
この度のことは、全く(私/僕)の(責任/落ち度/不注意)なので(君に対して本当に申し訳ないと(思う気持ちで一杯です/思っています/思うとともに責任を痛感して今更だけど心から反省いたします)。
または
(実を申しますと/実は)、あの事故は(前の車が突然の急ブレーキをかけたのに僕が対応できなかったことが/僕が○○したことが)原因で私がもっと(注意してれ/車間距離をとっていれ)ば(と後悔するとともに深く反省しております/防げてかもしれないと今更ながら後悔するばかりです)。
 
つきましては、(車/バイク)の修理代金は私がお支払いしますので、(お手間をおかけして申し訳ありませんが/お手数ですが)整備工場からの請求書は私に送っていただくようお願いします。
または
修理するとはいえ大切にしていた(車/バイク)を(事故車にして/傷つけて)しまい、(ただただ○○にお許しをいただけますようお願いするばかりです/ΟΟ様の温情にすがりお許しを賜りますよう伏してお願いする次第です)。
または
この度のことでΟΟ様には大変ご迷惑をおかけしてしまったにもかかわらず、私の不始末を(とがめることなくお許しいただき/仕方がないことと(情け/温情/暖かい言葉)をかけていただき)、(ΟΟ様の(優しさ/厚情)に(頭が下がるばかり/心をうたれた次第)です/心から感謝いたししております。
または
ΟΟ様には、この度のことで不愉快な思いをさせてしまい申し訳ないのですが、(何卒/どうか)(今後ととも/変わらぬ)ご(厚誼/交誼)を賜りますよう(伏して)お願い申し上げます。
または
今回のことでは君に大変な迷惑をかけ(たのに心ぐるしいですが/たのに気が引けるけど/たけど)、どうかこれからも変わらず(仲良くしてください/友達でいてくさい)。心からお願いします。
 
(誠に失礼ながら/略儀ながら/取り急ぎ)、書中にてお詫び申し上げます。
または
(車/バイク)を(傷つけて/壊して)しまったことのお詫び(とお願い)まで。
または
(傷つけて/壊して)しまた(車/バイク)の修理に関してお願いとお詫びまで申し上げます。

早々/敬具

平成О年О月О日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

個人的詫び状/謝罪/反省文例/メールと書き方

各種個人的詫び状/謝罪の文例と書き方一覧と詫び状関連コンテンツです。

個人的詫び状/謝罪文例一覧

関連文例&コンテンツ

1月季節/時候の挨拶

1月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
1月上旬 (新春/初春/寒冷)の(候/みぎり)
1月中旬 (仲冬/酷寒/厳寒)の(候/みぎり)
1月下旬 (厳冬/寒風/大寒)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map