個人的詫び状(目上宛_暴力/喧嘩)_お詫び/謝罪/反省_文例と書き方

個人的詫び状(目上宛_暴力/喧嘩)_お詫び/謝罪/反省_文例

個人的詫び状(目上宛_暴力/喧嘩)_お詫び/謝罪/反省の文例-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

(拝啓/急啓/前略)
(先日/この度)は、○○(様/○○)に(暴言の数々を申し/口論の末、暴力に及び/暴言を申し上げたばかりか暴力行為に及び)ましたこと、深くお詫び申し上げます。
または
(昨日/昨夜)の(忘年/新年/歓迎会/送別/懇親)会では、○○(様/部長)に対しまして(暴言の数々を申し/酔った勢いで不本意のことを申し上げ、○○(様/部長)に不愉快にお思いをさせてしまい)ましたこと、深くお詫び申し上げます。
または
(一晩明けて/今朝、酒が抜けて我に返って/同席した○○(君/から)らその時の状況を聞き)、(ことに重大さを認識するに至り/昨夜の愚かな行為を反省し)、(何はともあれ/まずは)謝罪の意を表したく(本書を書きました/筆を取った次第です)。
 
(先日/先般/この度)は、私のことを(心配/思って)の(ご助言/ご忠告/叱咤激励)であった)にもかかわらず、(そのことも分からず/大人げなく)(声を荒らげて/喧嘩腰の物言いをして/暴力を振るって)しまい、(今となって後の祭りではありますが、/一夜明けて/今では)(猛省/深く反省)しております。
または
(先日/昨晩)は、(精神的に疲れていてついとはいえ/(酒を飲みすぎていたは/泥酔していたとは)いえ/(大人気なく)感情的になってしまい)(場所/立場)もわきまえずに(激しい口調となって/暴力までを振るって)しまいましたことを(今更ながら後悔/深く反省)しております。
または
(昨夜/先日)は、(泥酔の余り(断片的な/全く自身がなしたことの)記憶しかなく/普段飲み慣れない酒をついつい飲んでしまい/(思いのほか/疲れていたせいか)酒の廻りが早く/(ついつい飲みすぎて/酒の勢いで)自制心がきかず)、(暴言を申してしまい/暴力まで振るってしまい)、深く反省してます。
 
かかるうえは、今後(決してに(暴力を振るわない/(冷静さを失わ/感情的になら)ないよう)(肝に銘じてまいります/お誓いします)ので、この度のこと(どうか/何卒)(お許しい/ご容赦)ただけますようお願いいたします。
または
今後は、(宴席での酒を(絶つ覚悟です/控えます)/二度と暴力を振るわないことをお誓いします)ので、今回ばかりは(お許していただきます/ご寛容賜ります)よう伏してお願い申し上げます。
または
酒の上とはいえども(決してしてはならない過ちを犯してしまいましてので/ΟΟ様にお怪我までさせてしまいましたから)(お許しいただけると思いませんが、私の謝罪の気持だけ汲みとってくれてば幸いに存じます/お許しを乞うのもおこがましいく、ただただお詫び申し上げるばかりです)。
または
ΟΟ様の(温情/ご配慮/お情け)で(今回だけは表ざたにしない/この度の件は内々に収めてくれる)とのことで、心から感謝いたしております。今後は、(その恩を決して忘れず絶対に/決して)暴力を振るわないことをここにお誓いいたします。
 
改めて(お伺いしてお詫びを/拝眉にてお詫び)申し上げたく存じますが、まずは書中にてお詫びを申し上げた次第です。
または
取り急ぎ、(昨日/先日)のお詫びまで申し上げます。

早々

平成О年О月О日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

個人的詫び状/謝罪/反省文例/メールと書き方

各種個人的詫び状/謝罪の文例と書き方一覧と詫び状関連コンテンツです。

個人的詫び状/謝罪文例一覧

関連文例&コンテンツ

1月季節/時候の挨拶

1月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
1月上旬 (新春/初春/寒冷)の(候/みぎり)
1月中旬 (仲冬/酷寒/厳寒)の(候/みぎり)
1月下旬 (厳冬/寒風/大寒)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map