個人的詫び状(一般的_人的傷害)_お詫び_文例と書き方

個人的詫び状(一般的_人的傷害)_お詫び_文例

個人的詫び状(一般的_人的傷害)_お詫びの文例-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

(拝啓/急啓/前略)
(先日/この度)は、○○(様/○○)に(○○しました/お怪我をさせてしまいました/大変なご迷惑をおかけしました/誠の理不尽なことをなしてしまいました)こと、深くお詫び申し上げます。
または
(昨日/昨夜)の○○では、ΟΟ様に(酔った勢いで○○をし/○○させてしまい)ましたこと、深くお詫び申し上げます。
(一晩明けて/今朝、我に返って/同席の者からその時の状況を聞き)、(ことに重大さを認識するに至り/昨夜の愚かな行為を反省し)、(何はともあれ/まずは)謝罪の意を表したく(本書を書きました/筆を取った次第です)。
または
この度の(事故/○○)では、ΟΟ様はもとよりご家族の皆様(にはご心痛を与えて/ご(心配/心労)をおかけして)おりますこと、深くお詫び申し上げます。
または
この度のことでΟΟ様には、まだ(入院中/面会できない/ICUにおられる/療養に専念されておらる)とのことで、(筆をとりました/心よりお見舞い申し上げます)。
または
ΟΟ様におかれましては、(お加減はいかがでしょうか/その後お怪我の具合はいかがでしょうか)。
この度の(事故/こと)は、私に(全面的な過失があり/も責任の一端があり/も責任があり)、ΟΟ様(に申し訳ない気持ちで一杯です/(心/衷心)よりお詫び申し上げます/心よりのお見舞いを申し上げます)。
または
私は、(先日/先般)ΟΟ様に(お怪我/○○)をさせてしまいまいた○○と申します。
この度は、私の○○でΟΟ様に○○してしまい、深くお詫び申し上げげます。
 
この度のことは、(全く私の不徳の致すところであり/私の不注意でありまして/私が○○(無視/違反/不注意)をしたことが原因で/一切の非は私にあり)、今更ながら深く反省しておる次第です。
または
この度の(事故/こと)は、私が(ついつい○○したことが/○○しなかったことが/○○しすぎたのが)(原因であるこは明らかで/一因であり/悪く)、(ただただお怪我をせてしまったΟΟ様に申し訳にない気持ちで一杯であります/自身の責任を痛感して深く反省しております)。
または
この度(は、(幸い/不幸中の幸いで)(軽いお怪我であった/大事に至らずに)すんだ)とはいえ、(私が(注意力が欠けてした/○○を怠った)ことも原因の一端であり/私の責任が免れることはありませんで/私にも相応の責任はあり)、お怪我をされたΟΟ様には申し訳なく思うとともに深く反省をして(おる次第です/おります)。
または
この度の事故は、(一切の責任は私に/全く私の責任で)あることを認めて(治療費/治療費及びご迷惑をおかけしたお詫びも含めて/当然ながら治療費は私が負担いたします)ので、(何卒/どうか)今回ばかりは(示談ということで収めていただけますよう/警察への連絡を控えていただきますよう)伏してお願い申し上げます。
または
(先日/昨晩/この前)は、(酒の勢いで/ついつい(感情的になって/興奮して)/全く自制心がきかず)○○してしまいましたことを(後悔するともに/今更ながらながら)深く反省)しております。
 
他人様に怪我を負わせることは、決してして許されない過ちであり、(簡単/直ち)にお許しいただけ(るとは思いませんが/ないのは重々承知しておりますが)、(お許しを乞うのもおこがましいく、ただただお詫び申し上げるばかりです/(今は/まずは/できますれば)謝罪の気持だけお汲みとりいただければ幸甚に存じます)。
または
ΟΟ様の(温情/ご配慮/お情け)で(今回だけは表ざたにしない/この度の件は内々に収めてくれる)とのことで、心から感謝いたしております。今後は、(その恩を決して忘れず絶対に/決して)(暴力を振るわない/○○をしない)ことをここにお誓いいたします。
または
ΟΟ様にお怪我をさせてしまい、(ただただΟΟ様にお許しをいただけますようお願いするばかりです/ΟΟ様の温情にすがりお許しを賜りますよう伏してお願いする次第です)。
または
この度にことは、(全くもって弁解の余地もなく私の不始末/社会人としてあるまじき行為/自身ので責任)あり、ΟΟ様には(お怒りと/許し難い)とは存じますが、(何卒/どうか)今回ばかりは(示談ということで収めていただけます/お許しくださります/ご寛容賜り)よう伏してお願い申し上げます。
 
(後日改めてお伺いしてお詫びを申し上げたく存じますが、まずは/ΟΟ様にご迷惑をおかけしてしまった)お詫び(のしるしとして/の意を表したく)、(粗菓/粗品/ささやかな品)をお送りしますのでご査収いただけますようお願いいたします。
または
(療養/治療)の(お邪魔をする/心を乱すようなことをする)のは本意ではございませんので、(略儀ながら/まずは)書中にてお詫びとお見舞いを申し上げます。
または
(改めて/週末/近く/近々)お伺いいたしたく存じますが、(まずは/取り急ぎ/甚だ略儀ではありますが、まずは)書中にてお詫び(とお願いを)申し上げ(ます/た次第です)。
または
(誠に失礼ながら/甚だ略儀ながら/取り急ぎ)、書中にてお詫び(とお願いを)申し上げます。

敬具/早々/かしこ(書き手が女性の場合)

平成О年О月О日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

個人的詫び状/謝罪/反省文例/メールと書き方

各種個人的詫び状/謝罪の文例と書き方一覧と詫び状関連コンテンツです。

個人的詫び状/謝罪文例一覧

6月季節/時候の挨拶

6月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
6月上旬 (入梅/薄暑/麦秋)の(候/みぎり)
6月中旬 (梅雨/長雨/短夜)の(候/みぎり)
6月下旬 (梅雨晴れ/初夏/向暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について