破産/債務整理/返済不能時の保証人宛 詫び状 文例,例文,書き方

破産/債務整理/返済不能時の保証人宛 詫び状 文例書き方-当サイトの文例/例文や書式、テンプレート等は、コピー&べーストして使用にただけます。 その多くの文例,例文には、書き換えの語句や意味合いの違う文章が入っています。ご自分の実状や心境に合った表現を選択や変更してご利用ください。

法的債務整理破産 詫び状文例(保証人宛)

(冠省/急啓/前略)
(今回/この度)のことОΟ(様/さん)(には申し訳ない気持ちで一杯です/へのお詫びの言葉が見当たりません)。
または
この度のこと(では、本来なら(お伺いして/拝眉にて)お詫びを申し上げるべきではありますが/でОΟ(さん/様)には顔向けができませず)(失礼ながら/不躾ながら)このようにお詫びを申し上げた次第です。
または
この度は、(私が(支払い不能となって/(破産/民事再生)の申し立てをしたことで/(勝手に/連絡もせず)このようなこととなり)、ΟΟ様にその借金を押し付けるようなことをしてしまい(本当に申し訳ない思いです/断腸の思いであります/深くお詫びいたします)。
または
この度、(ОΟ弁護士から債務整理の受理通知がなされたことに/(破産/民事再生/調停/ΟΟ)の申し立てをした件に)関して(何はともあれ/取り急ぎ)お詫び申し上げたくて(筆をとりました/メールいたしました)。
 
この度のことは、(全くもって私の不徳の致すところであり/私には一切の弁明の余地がなく)、(重ねて/伏して)お詫び申し上げます)。
または
ОΟ(様/さん)には、(絶対にご迷惑をおかけしないお約束で/無理を押して)(連帯)保証人になっていただいたのにもかかわらず、(恩を仇で返すこととなり/このよな事態を引き起こしてしいまい)、(申し訳ない気持ちで一杯です/お詫び言葉もございません)。
または
(本来であれば/弁護士からも)連帯保証人の方には、事前に了解を得(るべきで/た方が良いといわれま)したが、(私の身勝手な考えで/ΟΟ様に顔向けができず時間が過ぎ/情に流されて債務を隠すことになりわしないと思い/ご了解をいただけるとは思えませんで)ご相談なしに(債務整理/このようなこと)をしてしてしまいましたこと、深くお詫び申し上げます。
または
ΟΟ様には、この度のことで多大なご負担をおかするにもかかわらず連帯保証人で以上(仕方ないことと/その責任を果たすと申されて)(ご了解/とがめることなく/債務整理を薦めて)いただき(ましたことに涙がとまりませんでした/、誠に感謝申し上げます/、ΟΟ様の(寛大/優しさ)に涙の出る思いでした)。
 
誠に申し訳ないことですが、今の私には何もできませんで(ただただΟΟ様にお許しをいただけますようお願いするばかりです/ΟΟ様の温情にすがりお許しを賜りますよう伏してお願いする次第です)。
または
(今回ことは/再度)、私(の(恩知らずなこと/恩を仇で返すこと/愚かな行為)をしてしまい、お許し(いただけないと思いますが/いただきたいと軽々しくいえませんが)、ОΟ(様/さん)に対しての(お詫びの気持ち/謝罪の意)だけでもお汲み取りいただければ幸甚に存じます。
または
私の不始末でΟΟ様のにまでご迷惑しまったことは、決してして許されないことであり、(簡単/直ち)にお許しいただけ(るとは思いませんが/ないのは重々承知しておりますが)、お許しを乞うのもおこがましいく、ただただお詫び申し上げるばかりです。
または
ΟΟ様に(代位弁済していただく金銭を返済/おかけしたご負担に関してお返し)することはできません(ので、これを期に/が、今後は)(全うな生き方をすることをお誓いいたします/人にご迷惑をかけないよう生きる所存であります/ΟΟ様にこれ以上ご迷惑をかけないよう努力してまいります/自身の生き方を改めて新しい一歩を踏み出してまいる覚悟です)。
(注意:肩代わりしてもらった「金銭を返す」という表現は使わないようにしましょう。)
 
取り急ぎ、お詫びまで申し上げます。
または
甚だ略儀でありますが、書中にてお詫びを申し上げます。

敬具/早々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

破産/法的債務整理 詫び状文例(債権者宛)

(冠省/急啓/前略)
ОΟ(様/さん)には(私の破産申請により/この度ののことで)多大なご迷惑をおかけしますこと、深くお詫び申し上げます。
または
今回のこと(では、ΟΟ様にご相談もなしにこのようなこととなり/は、本来ならΟΟ様(にご報告して/のご了解を得て)から進めるべきではありましたが、(それもなさずに/それも叶わず)このようなこととなりましたこと、深くお詫びを申し上げます。
または
この度のことでは、ОΟ(さん/様)に顔向けができませず、誠に(失礼ながら/不躾ながら)このようにお詫びを申し上げた次第です)。
または
この度は、(私が(支払い不能となって/(破産/民事再生)の申し立てをしたことで/(勝手に/連絡もせず)このようなこととなり)、ΟΟ様にその借金を押し付けるようなことをしてしまい(断腸の思いであります/深くお詫び申し上げます/ΟΟ様には申し訳ない気持ちで一杯です/ΟΟ様へのお詫びの言葉が見当たりません)。
または
この度、(ОΟ弁護士から債務整理の受理通知がなされたことに/(破産/民事再生/調停/ΟΟ)の申し立てをした件に)関して(何はともあれ/取り急ぎ)お詫び申し上げたくて(筆をとりました/メールいたしました)。
 
この度のことは、(全くもって私の不徳の致すところであり/私には一切の弁明の余地がなく)、(重ねて/伏して)お詫び申し上げます)。
または
ОΟ(様/さん)には、(ご無理をおしてお借りした/絶対にご迷惑をおかけしないとのお約束で大金をご用立ていただいた/大切な(老後資金/自宅を担保にしてご用立ていただいたお金/ΟΟ)である)にもかかわらず、(私の(不始末/身勝手/過ち)から(それを失わせてしまいます/(万策が尽き/八方ふさがりになっ)てしまいこのようなこととなりました/多大なご(迷惑をおかけし/負担を強いてしまい)ます)こと、(伏して/深く)お詫び申し上げます。
または
ОΟ(様/さん)には、(再三にわたりお助けいただいた/日頃からご交誼を賜っている//ご恩があるの/何かとお心遣いをいただいている)にもかかわらず、)(そのご恩を仇で返すこととなり/このよな事態を引き起こしてしいまい)、(申し訳ない気持ちで一杯です/お詫び言葉もございません)。
または
(本来であれば/弁護士からも)(個人の債権者)の方には、事前に了解を得(るべきで/た方が良いといわれま)したが、(私の身勝手な考えで/ΟΟ様に顔向けができず時間が過ぎ/情に流されて債務を隠すことになりわしないと思い/ご了解をいただけるとは思えませんで)ご相談なしに(債務整理/このようなこと)をしてしてしまいましたこと、深くお詫び申し上げます。
または
ΟΟ様には、この度のことで多大なご負担をおかするにもかかわらず、(仕方ないことと(ご了解/とがめることなく/債務整理を薦めて)/私のためとご了承)いただき(、涙がとまりませんでした/、誠に感謝申し上げます/、ΟΟ様の(寛大/優しさ)に涙の出る思いでした)。
 
ОΟ(様/さん)には、(土下座をして許しを乞い/一生をかけてでも/ΟΟしてでも)お詫びをしないといけないところですが、(それでもお許しいただけないことであり/それもできませず/その勇気もなく)、ただただ(謝るだけけしかできない自身が情けなくてたまりません/(謝罪)するしかできませんことお許しください)。
または
(誠に申し訳ないことですが/弁護士から個別に債務返済をしないように厳しく指導だれており)、私には何もできませんで(ただただΟΟ様にお許しをいただけますようお願いするばかりです/ΟΟ様の温情にすがりお許しを賜りますよう伏してお願いする次第です)。
または
(私が恩知らずなことをしておきながら/恩を仇で返すことをしてしまい)、お許し(いただけないと思いますが/いただきたいと軽々しくいえませんが)、ОΟ(様/さん)に対しての(お詫びの気持ち/謝罪の意)だけでもお汲み取りいただければ幸甚に存じます。
または
できることならΟΟ様からご用立ていただいたお金(だけでも今後/だけは一生をかけてでも)お返したいのですが、(それはできません/(法律/弁護士)がそれを禁じていてできません)ので、(私にできますのは、ΟΟ様にこれ以上ご迷惑をかけないようすることだけと思い、今後は(真面目/堅実)に生きていく覚悟です/ΟΟ様に早く立ち直った私をみてもらえるように生き方を改めて新しい一歩を踏み出してまいる覚悟です)。
(注意:一部の債権者に返済を約束するのはできないので「金銭を返す」という表現は使えません。)
 
取り急ぎ、お詫びまで申し上げます。
または
甚だ略儀でありますが、書中にてお詫びを申し上げます。

敬具/早々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

破産/債務整理 詫び状文例

拝啓 ОΟの候、ΟΟ様には、益々ご(健勝/清祥)のこととお慶び申し上げます。
(さて/早速ではありますが)、この度は、(誠に/甚だ)申し訳ないことを(お知らせしなければならず、ΟΟ様には申し訳ない思いで一杯です/お伝えいたしたく、筆を取った次第です。
 
または
 
(冠省/急啓/前略)(結びは早々)
この度(お手紙申し上げました/ご連絡いたします)のは、(他でもない/以前ご相談した)(先般ご用立ていただいた/お借りした)お金のことです。
 
(誠に申し上げ辛いことではありますが/前々から考えていてことでその決心がつかずにいましたが/(私の手には負えない/八方ふさがりの)状況となりまして/万策尽きてしまい)、この度ОΟ弁護士に(債務整理の/(破産/民事再生)の申し立てを)委任を(することにしました/しました/するに至りました)。
または
実を申しますと、債務のことでОΟ弁護士に相談したところ、(破産/債務整理)(しか今の状況を克服する方法はないと言われ/をして生活を立て直すことを薦められ)、(悩みましたが/断腸の思いで)(近々債務整理を依頼することになりました/先日、債務整理を(することに/依頼)しました)。
または
ΟΟ様には、誠に申し訳ないことではありますが、(近々債務整理を依頼することになりました/先日、債務整理を(することに/依頼いた)しました)。
または
実は、(ОΟが倒産し、その余波で手形が不渡りとなり/会社が倒産してしまい、返済を続けることができななくなり/頼りにしていたОΟからの(融資/貸付)が絶たれてしまい)、(やむなく/万策尽き/どうにもならない状況で)この度の(破産/債務整理)に至(った次第です/りました)。
 
ОΟ(様/さん)には(私の破産申請により/この度ののことで)多大なご迷惑をおかけしますことは重々承知しておりますが、(窮状をお察し/今の状況を斟酌/私どもの状況をご理解)いただきまして、(どうか/何卒)(ご了承/ご理解/お許し)を賜りますよう伏してお願い申し上げます)
または
今回のことに関して本来ならΟΟ様(にご報告して/のご了解を得て)から進めるべきではありましたが、(それもなさずに/それも叶わず)このようなこととなりましたこと、深くお詫びを申し上げます。
または
ΟΟ様に多大なご負担をおかけすることをΟΟ様にご相談もなし(すること/なすこととなり)、私としては(甚だ心苦しいのではありますが/断腸の思いでありますが)、(弁護士の指示で秘密裏に進めてざる得ませんでしたこと/債権者の皆様に知れてしまうと混乱が起こる危惧がありましてお知らせが遅くなりましたこと)深くお詫び申し上げます。
または
この度のことでは、ОΟ(さん/様)に顔向けができませず、誠に(失礼ながら/不躾ながら)このようにお詫びを申し上げた次第です)。
または
この度は、(私が(支払い不能となって/(破産/民事再生)の申し立てをしたことで/(勝手に/連絡もせず)このようなこととなり)、(他ならぬ/ご恩のある)ΟΟ様(に多大なご負担をおかけする/の借金を(踏み倒す)こととなり、(断腸の思いであります/深くお詫び申し上げます/申し訳ない気持ちで一杯です/お詫びの言葉が見当たりません)。
 
ОΟ(様/さん)には、(土下座をして許しを乞い/一生をかけてでも/ΟΟしてでも)お詫びをしないといけないところですが、(それでもお許しいただけないことであり/それもできませず/その勇気もなく)、ただただ(謝るだけけしかできない自身が情けなくてたまりません/(謝罪)するしかできませんことお許しください)。
または
(誠に申し訳ないことですが/弁護士から個別に債務返済をしないように厳しく指導だれており)、私には何もできませんで(ただただΟΟ様にお許しをいただけますようお願いするばかりです/ΟΟ様の温情にすがりお許しを賜りますよう伏してお願いする次第です)。
または
(私が恩知らずなことをしておきながら/恩を仇で返すことをしてしまい)、お許し(いただけないと思いますが/いただきたいと軽々しくいえませんが)、ОΟ(様/さん)に対しての(お詫びの気持ち/謝罪の意)だけでもお汲み取りいただければ幸甚に存じます。
または
できることならΟΟ様からご用立ていただいたお金(だけでも今後/だけは一生をかけてでも)お返したいのですが、(それはできません/(法律/弁護士)がそれを禁じていてできません)ので、(私にできますのは、ΟΟ様にこれ以上ご迷惑をかけないようすることだけと思い、今後は(真面目/堅実)に生きていく覚悟です/ΟΟ様に早く立ち直った私をみてもらえるように生き方を改めて新しい一歩を踏み出してまいる覚悟です)。
(注意:一部の債権者に返済を約束することはできませんので「金銭を返す」という表現は使えません。)
 
取り急ぎ、お詫びとご報告までまで申し上げます。
または
甚だ略儀でありますが、書中にてお詫びを申し上げます。

敬具/早々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

代位返済/保証債務の履行時の保証人宛 詫び状文例

(拝啓/急啓/前略) この度は、私の(不始末/不手際)でОΟ(様/さん)に(多大なご迷惑とご心配をおかけして/ΟΟから保証債務に基づく代位弁済をさせて)しまいましたこと、深くお詫び申し上げるます。
または
ОΟ(様/さん)、誠に申し訳ございま(せん/せんでした)。(深く/改めて)お詫び申し上げます。
または
この度は、(甚だお恥ずかしい/誠に面目ない)ことで(連帯保証人である)ОΟ(様/さん)に(多大な)ご迷惑と(ご負担/ご心配)をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。
または
この度のОΟ銀行からの保証債務の基づく(代位弁済/請求)(に関して/に応じていただいことにつき、)(何はともあれ/取り急ぎ)お詫び申し上げたくて(筆をとりました/メールいたしました)。
または
ОΟ(様/さん)、この度のこと心からお詫び申し上げます。本来なら(お伺いして/拝眉にて)お詫びを申し上げるべきではありますが、(お忙しい/顔向けができませず/未だ資金繰りに走り回っており)(失礼ながら/不躾ながら)このようにお詫びを申し上げた次第です。
 
ОΟ(様/さん)には、(無理を押して/絶対にご迷惑をおかけしない約束で)連帯保証人になっていただいたのにもかかわらず(ご負担をおかけ/このよな事態を引き起こ)してしいまい、(申し訳ない気持ちで一杯です/深く反省いたしております)。
または
今回ОΟ銀行から(通知/連絡)があったОヶ月分の返済遅延は事実ではありますが、ОΟ(の倒産による回収不能/からの売掛金の回収遅延)(がこのような事態を招いた原因であり/があり、一時的に資金繰りの逼迫が発生したことが原因でして)銀行にはその旨を(鋭意説明/斟酌いただくようお願い)した(のですが、/にもかかわらず)聞き入れていただけませんでΟΟ様にまでご迷惑をおかけしてしまいました。これは、ひとえに私の不徳の致すところであり、猛省するとともにΟΟ様には(改めて/重ねて)お詫び申し上げます。
または
この度の(不始末/こと)は、(全くもって(私/私ども)の不徳の致すところであり/私には一切の弁明の余地がなく)、(深く反省いたしております/(重ねて/伏して)お詫び申し上げます)。
または
この度の(不始末/こと)でОΟ(様/さん)に(Оヶ月分/0000円)の代位弁済をしていただきましたこと、(誠の申し訳なく存じます/恐縮至極でございます)。
 
(ご連絡したように/今回は、)ОΟ(様/さん)のお力をお借りすることとなりましたが、来月からは私どもで(返済する目処がたちました/銀行との協議でして私どで返済を続けることを了解いただきました)。また、今回代弁済いただいた0000円に関しては(近々/О日に/できる限り早く)お返し(する予定にしております/いたします)ので、しばらくのご猶予をいただきますようお願い申し上げます。
または
ОΟ(様/さん)にお支払いしていただいたОΟへはの支払い分(を同封いたしますので、お受け取りく/はΟΟ様の口座に本日振込みましたので、ご確認)いただきますようお願いいたします。
 
つきましては、(今後、/今後二度と)(ОΟ(様/さん)/連帯保証人になっていただいているΟΟ様)にご迷惑の及ばないように(返済期日を遵守して/肝に銘じて)まいりますことをお誓いしますので、今回ばかりはどうかお許しいただきたますようお願いいたします。
または
今後はОΟ(様/さん)に連帯保証人の重責を担っていただいてることを決して忘れず、(是が非でも返済する/返済期日の遵守)してまいりますことをここにお誓い申し上げます。
または
今回のことでご不安なお気持ちにさせてしまいましたが、今後は二度と同様のことことをしまいせんので今回このこと(ご寛容/ご容赦)賜りますよう伏してお願い申し上げます。
 
甚だ略儀でありますが、書中にてお詫び(を/とお願いまで)申し上げます。
または
(近々/週末にも)お宅にお伺いしたく存じますが、まずは書中にてお詫び(を/とお願いまで)申し上げます。
または
取り急ぎ、お詫び(を/とお願いまで)申し上げます。

敬具/早々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

夜逃/返済不能時の保証人宛 詫び状文例

(拝啓/急啓/前略) 先日来、ОΟ(さん/様)から(再三ご連絡をもらっていながら(ご返事/電話をとりませんで)本当にすみません。
または
ОΟ(様/さん)には、(今回のこと/急にいなくなってしまい/突然、銀行から私の借金の支払いの請求がきて驚かさせてしまい)、本当に申し訳なく思っております。(深く/改めて)お詫び申し上げます。)
または
この度のОΟ銀行からの保証債務の基づく代位弁済の請求があったことの関して(何はともあれ/取り急ぎ)お詫び申し上げたくて(筆をとりました/メールいたしました)。
 
この度のことは、(全くもって私の不徳の致すところであり/私には一切の弁明の余地がなく)、(重ねて/伏して)お詫び申し上げます)。
または
ОΟ(様/さん)には、無理を押して(連帯)保証人になっていただいたのにもかかわらずこのよな事態を引き起こしてしいまい、(申し訳ない気持ちで一杯です/深く反省いたしております)。
または
(ご連絡いたしましたように/実を申しますと既に私には、ОΟからの借金を返済する(余力がなくなってしまい/ことができなくなりまして/目処たちませんで)やむを得ず)ОΟ(様/さん)のお力をお借りせざるを得なくなり、猛省するとともに深くお詫び申し上げあげます。
または
(実を申しますと/本来ならこのようなこととになる前にお話しておくべきでしたが)、(会社が倒産して収入が絶たれてしまい/ΟΟで出費がかさみ、つい高利貸付に手をだしてしまい/ΟΟがありまして)当初の予定通りに返済ができなくなってしまいました。ОΟ(様/さん)に絶対にご迷惑をおかけしないと固くお約束したのに(こんなことになり/最悪の事態を招き)本当に申し訳ない気持ちで一杯です。
 
(今回ことは/再度)、私(の(恩知らずなこと/恩を仇で返すこと/愚かな行為)をしてしまい、お許し(いただけないと思いますが/いただきたいと軽々しくいえませんが)、ОΟ(様/さん)に対しての(お詫びの気持ち/謝罪の意)だけでもお汲み取りいただければ幸甚に存じます。
または
誠に申し訳ないことですが、今の私には何もできませんで(ただただΟΟ様にお許しをいただけますようお願いするばかりです/ΟΟ様の温情にすがりお許しを賜りますよう伏してお願いする次第です)。
または
私の不始末でΟΟ様のにまでご迷惑しまったことは、決してして許されないことであり、(簡単/直ち)にお許しいただけ(るとは思いませんが/ないのは重々承知しておりますが)、お許しを乞うのもおこがましいく、ただただお詫び申し上げるばかりです。
または
ΟΟ様に(代位弁済/私の代わりに返済)いただい(た/ている)(借入れ金/借金)は、(今は無理ですが、必ず/新しい仕事が見つかりましたら/何時の日か/是が非でも)お返しいたしますので、(今しばらくの猶予をいただき/(今だけは/今回の分だけは)ご(寛容/容赦)賜り)ますようお願い申し上げます。
(偏頗弁済になりますので法的な債務処置(破産等)の場合、この表現は使用しないでください。)
 
取り急ぎ、お詫びまで申し上げます。
または
甚だ略儀でありますが、書中にてお詫びを申し上げます。

敬具/早々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項