支払遅延(支払猶予のお願い) 詫び状/お詫びメール 文例,例文,書き方

支払遅延(支払猶予のお願い) 詫び状/お詫びメール 文例,例文,書き方-当サイトの文例/例文や書式、テンプレート等は、コピー&べーストして使用にただけます。 その多くの文例,例文には、書き換えの語句や意味合いの違う文章が入っています。ご自分の実状や心境に合った表現を選択や変更してご利用ください。

支払猶予(期日不明確)のお願い お詫びメール 文例


件名:(支払遅延のお詫びと支払い猶予のお願い/ΟΟ分お支払いの件)


ΟΟΟΟ 株式会社
(部署名) ΟООΟ 様
 
株式会社ΟООΟ(営業部/ОΟ部)ОΟ(と申します/です)。
平素は格別の(ご愛顧/お引き立て)を賜り、厚くお礼申し上げます。
 
(実は/誠に申し上げ難いことですが)、Ο月分売掛金のお支払い準備が、未だできておりませんで、支払を猶予いただきけなかと不躾ながらご相談をさし上げた次第です。
 
(支払い期日直前でのお願い/このようなお願い)は、貴社に多大な(ご迷惑/ご負担)となりますことは重々承知しておりますが、何卒、お聞き入れいただきますよう伏してお願い申し上げます。
 
このような(事態/大失態/不始末)を招いてしまいましたこと(は、私どもの不徳の致すところ/、誠に申し訳なく/、全くもって面目なく)、(心より/深く)お詫び申し上げます。
 
(まずは/甚だ略儀ではありますが/メールで失礼とは存じましたが)、支払いご猶予のお願い(まで/を申し上げます)。
 
*************************
      署名
*************************

支払猶予(不測の事態/期日不明確)のお願い お詫びメール 文例


件名:(支払遅延のお詫びと支払い猶予のお願い/ΟΟ分お支払いの件)


ΟΟΟΟ 株式会社
(部署名) ΟООΟ 様
 
株式会社ΟООΟ(営業部/ОΟ部)ОΟ(と申します/です)。
平素は格別の(ご愛顧/お引き立て)を賜り、厚くお礼申し上げます。
 
(早速ですが/実は)、Ο月Ο日付ご請求(貴社請求番号000000)の資金調達が現時点でできておりませんで、支払を猶予いただきたく、ご連絡をさし上げた次第です。
 
このようなお願いせざるを得なくなりましたのも(ОΟ社の倒産/先般のОΟ災害/ΟΟ)が原因であるとはいえ、貴社にまでご迷惑をおかけしてしましますことと、(誠に申し訳なく/全くもって面目なく)、(心より/深く)お詫び申し上げます。
または
本来であれば、(もう少し早く/拝眉にて/お伺いして/予め)ご相談をすべことと(重々承知しておりますが/でしたが)、(急な取引先の倒産の対応/今も資金の調達に奔走)しておりましたため、(ご通知が後手に回り/ご相談が遅くなり)ましたこと深くお詫びいたします。
 
(誠に申し訳ないのですが/甚だ恐縮ではありますが/甚だ勝手ではありますが)、(請求金のを(分割で/О回に分けて/半額ずつΟ月Ο日とΟ月Ο日に分けて)支払わせていただきたく、/請求金の内0000円をО日までお支払いをご猶予いただけますよう)伏してお願い申し上げます。
 
(まずは/甚だ略儀ではありますが/メールで失礼とは存じましたが)、支払いご猶予のお願い(まで/を申し上げます)。
 
*************************
      署名
*************************

支払猶予(支払い時期不明確)のお願い 詫び状文例

宛名/日付/発信者部分省略

お支払い遅延のお詫びと支払猶予のお願い

急啓 平素は、格別のご(愛顧/厚情)をいたただき、誠にありがたく存じます。
さて、Ο月Ο日付にてご請求(貴社請求番号000000)のΟ月分売掛金は、本来であればΟ月末日に現金にてお支払いすべきところ、お支払いが遅れておりますこと、心よりお詫び申し上げます。
今は、貴社へのお支払いを最優先に考え(新たな融資の手続きを進めて/売掛金の期日前支払いをお願いに回って/債権回収に回って/取引先へ前渡金のお願いをして)いるところありますので、とうか今しばらくのご猶予いただけますよう伏してお願い申し上げます。
本来(、拝眉にて申し上げる/ならご説明に上がる)ことではありますが、(資金調達/一日も早くお支払い)に目処をつけることこそ今なすべきと存じ、書状にてお詫びとお願いとなりましたこと、ご(寛容/理解)いただけますれば幸甚に存じます。

早 々

支払期日前の支払猶予(支払期日指定)のお願い 詫び状文例

宛名/日付/発信者部分省略

О日お支払い関するお詫びと支払猶予のお願い

急啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は、格別のお引き立てに預かり、誠にありがたく存じます。
さて、Ο月Ο日付にてご請求(貴社請求番号000000)の(Ο月分売掛金のお支払い/入金)期日は、本来であれば(本日/明日/Ο日/Ο月末日)ではありますが、お支払いに必要な(資金/現金)(はどうしてもО日にならないと調達できませんで/を調達できるのが今月末となるため)、(О日まで支払いを延伸していただきたく、ご連絡をさし上げた次第です/支払いが遅れてしまいますこと、予めお知らせいたしました)。
貴社には大変ご迷惑とご心配をおかけしますが、О日には必ず(振込ませていただきます/お支払いをいたします)ので、何卒(ご理解/ご寛容)を賜りますようお願い申し上げます。
(取り急ぎ、/略儀ではありますが、書面にて)お支払い遅延のお詫びと支払いご猶予のお願い(まで/を申し上げます)。

早 々

支払猶予(分割払い)のお願い 詫び状文例

宛名/日付/発信者部分省略

О日お支払い関するお詫びと支払猶予のお願い

急啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は、格別のお引き立てを賜り。心よりお礼申し上げます。
(さて/早速ではありますが/実を申しますと)、Ο月Ο日付にてご請求(貴社請求番号000000)いただいております(Ο月分お支払い/入金)に関しまして、お支払いに必要な(資金の一部がどうしてもО日にならないと調達できませんで/現金の全額を未だ手配できておりませんで)、現時点で(О日/明日/本日)の支払い(期日/期限)に全額をお支払い(できる目処がたっておりません/するのは極めて難しい状況となっております)。 本来であれば、(もう少し早く/拝眉にて/お伺いして/予め)ご相談をすべことと(重々承知しておりますが/でしたが)、(急な取引先の倒産の対応/今も資金の調達に奔走)しておりましたため、(ご通知が後手に回り/ご相談が遅くなり)ましたこと深くお詫びいたします。
つきましては、(誠に申し訳ないのですが/甚だ恐縮ではありますが/甚だ勝手ではありますが)、(請求金のを(分割で/О回に分けて/半額ずつΟ月Ο日とΟ月Ο日に分けて)支払わせていただきたく、/請求金の内0000円をО日までお支払いをご猶予いただけますよう)伏してお願い申し上げます。
(まずは/取り急ぎ)、支払い遅延のお詫び(をお願い申し上げます/と分割にてのお支払いのお願いまで)。

早 々

期日延伸拒絶への再度のお願い 詫び状文例

宛名/日付/発信者部分省略

支払遅延のお詫びと支払期日延伸ご再考のお願い

(拝啓/拝復) ΟΟの候、貴社におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は(貴社請求番号000000/Ο月分売掛金)のお支払い(の件では、貴社に多大なご(心配/迷惑)をおかけして/が遅れて)おりますこと、深くお詫び申し上げます。
(先般/先日)、弊社より(ご相談/ご連絡/申し入れ/お願いを)させていただきました(支払いの延伸/分割払い)に(応じて/お聞き届け)いただけないとの(貴信を拝読して/ご回答を頂戴し)、(どうしたものかと思案に耽るばかりです/落胆するばかりです/弊社としてできることを再検討いたしましたが、解決策に至りません)。
(つきましては/貴社のご事情も重々承知しておりますが/貴社のご指摘はご最もであり、弁解の余地もございませんが)、この度の支払い遅延は(一時的なものであり、財務面の不安は些かもない/不測のことに起因している/銀行との手続き上の手違いである/ΟΟによる)ことを(最大限/可能な限り)(ご考慮/斟酌)いただき、(再度ご検討/ご再考)いただきますよう伏してお願い申し上げます。
本件を何とか弊社の自助努力で解決できるよう全力を尽くしておるととろですが、貴社の(お力添え/ご温情/ご高配)を賜(れますれば幸甚に存じます/りますようお願い申し上げます)。
(略儀ではありますが、まずは書中にて/可能であれば再度(ご説明/お願い)にお伺いしたく存じますが、取り急ぎ)、支払い遅延のお詫びと支払猶予ご再考のお願い(まで/を申し上げます)。

敬 具

支払猶予/不渡り回避のお願い 詫び状文例

宛名/日付/発信者部分省略

О日お支払い関するお詫びと支払猶予のお願い

急啓 平素は、格別のご愛顧をいたただき、厚くお礼申し上げます。
(さて/早速ですが/実を申しますと)、弊社が振り出した手形(No.00000)に関しまして、(未だ/現時点で)資金調達(ができておりませんで/の目処が立っておりませんで/手間取っておりまして)、このままでは、不渡りとなるおそれがあり、貴社に(多大なご(迷惑/負担)をおかけするのは重々承知しておりますが/は誠に申し訳ないのですが)、(О日が期日の手形と引き換えに新たな手形(0ヶ月サイト)を振り出すことで支払を猶予/手形の期日変更(新期日О月О日)/資金調達でき次第現金でお支払いしたく存じますので、銀行へ手形の依頼返却をお願い)いただけますよう伏してお願い申し上げます。
このような(事態/大失態/不始末)を招いてしまいましたこと(は、私どもの不徳の致すところ/、誠に申し訳なく/、全くもって面目なく)、(心より/深く)お詫び申し上げます。
(現在も一日も早く/新たな約束手形の決済期日には必ず)お支払いができますよう(ご支援いただける取引先の調整/銀行との協議を続けいて/力を尽くして)おりますので、何卒、ご(厚情/温情/配慮/高配)を賜りますよう伏してお願い申し上げます。
まずは、お支払い遅延のお詫びと不渡り回避へのお願い(まで/を申し上げます)。

早 々

不測の事態/連鎖による支払遅延(遅延後の支払通知)詫び状文例

宛名/日付/発信者部分省略

支払遅延のお詫びとお支払期日のご案内

急啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は、格別のお引き立てに預かり、誠にありがたく存じます。
さて、Ο月Ο日付にてご請求(貴社請求番号000000)のΟ月分売掛金は、本来であればΟ月末日に現金にてお支払いすべきところ、お支払いが遅れておりますこと、(心よりお詫び申し上げます/を誠に申し訳なく存じます)。また、(貴社/ΟΟ様)よりの度々のお電話にもご無礼を重ねましたこと、心よりお詫び申し上げます。
(弊社経理部担当よりお聞き及び/ニュースでご周知のとおり/(ΟΟ様/貴社)もご存知のとおり)、弊社得意先である株式会社ΟΟが(倒産/深刻な信用不安を起こした/不渡りを出した/資金ショートになった)ため、売掛金の回収(に手間取っておりりました/が不能となり、予定しておりました決済資金の調達に時間を要してしまいました)。 しかしながら、何とか(お得意様のご協力もありまして、ここに至って資金調達の目途が立ち/株式会社ΟΟからの入金の目処が立ち)、貴社へご報告をいたす次第です。
つきましては、Ο月Ο日決済分は、Ο月Ο日に500,000円也を貴社指定口座に振り込ませていただきたく存じますので、今暫くのご猶予を賜りますよう伏してお願い申し上げます。
なお、(Ο月/次月)以降は必ず期日どおりに決済いたす所存でございますので、今後とも従前どおりのお取引をよろしくお願い申し上げます 。
(まずは/取り急ぎ)、支払い遅延のお詫びと(お願い申し上げます/支払い期日のご連絡まで)まで申し上げます。

早 々

- ▼ [クリック-表示/非表示] -

事務処理ミスによる支払遅延(遅延後の振込完了通知)詫び状文例▼

支払遅延(遅延後の入金通知)詫び状文例▼

支払遅延(遅延後の一部入金通知)詫び状文例▼

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項