請求書/領収書誤記 詫び状/お詫びメール 文例,例文,書き方

請求書/領収書誤記 詫び状/お詫びメール 文例,例文,書き方-当サイトの文例/例文や書式、テンプレート等は、コピー&べーストしてご利用ください。 その多くの文例,例文には、置き換えの文言や意味合いの違う文章が入っています。ご自分の実状や心境に合った表現を選択や変更してご利用ください。

請求書誤記(誤記訂正通知/送付案内)お詫びメール文例(会社宛)


件名:(請求書誤記のお詫び/請求書誤記の件/請求書誤記のお詫びと送付のご連絡)


ΟΟΟΟ 株式会社
(部署名) ΟООΟ 様
 
平素は、お世話になっております。
株式会社ΟООΟ(営業部/ОΟ部)ОΟ(と申します/です)。
 
(さて、)(請求書の件ですが/メールをいただいた請求書の件ですが)、ΟΟ様(からの(ご連絡/メール)で調べましたら/の(ご指摘/メール)のとおり/よりご返送いただいた請求書を確認したところ)、(計算に誤りがりました/来月請求分も含まれておりましした/(見積書/注文書)の金額との差異がありました/注文内容と異なる物品も含まれておりました)。
 
ΟΟ様には、(ご迷惑をおかけして/お忙しいところお手を煩わせて)しまい、(心よりお詫び申し上げます/申し訳ございません)。
 
(早速、訂正した請求書を添付しました/(急いで/本日中に)訂正して(メール/新しい請求書をお送り)します)ので、ご(査収/確認)ください。
 
以後、このような(ミス/間違い/こと)のないよう(注意して/肝に銘じて)いたしますので、(どうかお許しください/今後ともご(愛顧/厚情)をいただいきますお願いいたします)。
 
取り急ぎ、(お詫び/お詫びかたがた請求書郵送のご連絡)まで申し上げます。
 
************************
      署名
*************************

関連文例/例文一覧

領収書誤記(誤記訂正通知/送付案内)お詫びメール文例(会社宛)


件名:(収入印紙(誤り/忘れ)/領収書誤記)のお詫び/領収書誤記の件/収入印紙(誤り/忘れ)/領収書誤記)のお詫びと送付のご連絡)


ΟΟΟΟ 株式会社
(部署名) ΟООΟ 様
 
平素は、お世話になっております。
株式会社ΟООΟ(営業部/ОΟ部)ОΟ(と申します/です)。
 
(さて、)(領収書の件ですが/メールをいただいた領収書の件ですが)、ΟΟ様(からのご(連絡/指摘/メール)で(調べましたら/担当営業に確認/担当者が再度入金伝票と照らし合わせ)しましたら/よりご返送いただいた領収書を確認したところ)、(金額に誤りがりました/日付が異なっていました/入金額と差異がありました/誤った収入印紙が貼られていました/収入印紙を貼り忘れたことが分かりました)。
ΟΟ様には、(私の勘違い/弊社の(確認/単純な)ミス)で(ご迷惑をおかけして/お忙しいところお手を煩わせて)しまい、(心よりお詫び申し上げます/(申し訳/全く面目)ごさいません)。
 
(早速、/取り急ぎ、/本日中に)(訂正した領収書/(正しい金額の)収入印紙を貼付した領収書)をお送りし(ました/ます)ので、ご(査収/確認)ください。
 
以後、このような(ミス/間違い/こと)のないよう(担当者に厳重注意をいたします/肝に銘じてまいります/集金担当者に誤りのない領収書の作成方法を徹底させます)ので、(どうかお許(ください/しいただけますようお願いいたします)/今後ともご(愛顧/厚情)をいただいきますお願いいたします)。
 
取り急ぎ、(お詫び/お詫びかたがた領収書郵送のご連絡)まで申し上げます。
 
************************
      署名
*************************

請求書誤記(誤記訂正通知/送付案内)詫び状文例(会社宛)

宛名/日付/発信者部分省略

請求書誤記のお詫び/請求書誤記の件

(拝啓/拝復) 貴社におかれましては、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は、格別のごお引き立てを賜り、お礼申し上げます。
(早速ながら)、(О月О日付請求書(No.0000)/(ご送付した/ご返送いただいた)請求書)に誤りがありましたこと、心よりお詫び申し上げます。
貴社(からのご連絡で調べましたら/のご指摘のとおり/よりご返送いただいた請求書を確認したところ)、(計算に誤りがりました/来月請求分も含まれておりましした/(見積書/注文書)の金額との差異がありました/注文内容と異なる物品も含まれておりました)。
(貴社/ΟΟ様)には、(ご迷惑をおかけして/ご多用中お手を煩わせて)しまい、申し訳ございませんでした。
つきましては、請求書を訂正しまし、(同封いたしました/お送りします)ので、ご(査収/確認)ください。
今後、このような(ミス/間違い/こと)のないよう(注意して/肝に銘じて)まいりますので、何卒ご(容赦/寛容)賜りますようお願い申し上げます。
(まずは/取り急ぎ)、お詫びかたがた請求書送付のご案内まで申し上げます。

敬 具

領収書誤記(誤記訂正通知/送付案内)詫び状文例(会社宛)

宛名/日付/発信者部分省略

(収入印紙(誤り/忘れ)/領収書誤記)のお詫び/領収書誤記の件

(拝啓/拝復) 時下ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。
平素は、格別のご(厚情/高配)を賜り、お礼申し上げます。
(さて/まずは)、この度は(収入印紙の(金額間違い/貼り忘れ)/領収書に誤り)がありましたこと、深くお詫び申し上げます。
貴社(からのご(連絡/指摘)で(調べましたら/担当営業に確認/担当者が再度入金伝票と照らし合わせ)しましたら/よりご返送いただいた領収書を確認したところ)、(金額に誤りがりました/日付が異なっていました/入金額と差異がありました/誤った収入印紙が貼られていました/収入印紙を貼り忘れたことが分かりました)。
(貴社/ΟΟ様)には、(私の勘違い/私どもの(確認/単純な)ミス)で(ご迷惑をおかけして/ご多用中お手を煩わせて)しまい、(申し訳/全く面目)ごさいません。
つきましては、(訂正した領収書/(正しい金額の)収入印紙を貼付した領収書)を(同封いたし/お送りし)ますので、ご(査収/確認)ください。
今後、このような(ミス/間違い/こと)のないよう(担当者に厳重注意をいたします/肝に銘じてまいります/集金担当者に誤りのない領収書の作成方法を徹底させます)ので、今回はばかりは、お許しいただきますようお願い申し上げます。
(まずは/取り急ぎ)、お詫びかたがた領収書送付のご案内まで申し上げます。

敬 具

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項