(請求書/領収書)誤記のお詫び/謝罪と誤記訂正通知/送付案内文例

請求書誤記のお詫び/謝罪と誤記訂正通知/送付案内文例(会社宛)

(請求書/領収書)誤記のお詫び/謝罪と誤記訂正通知/送付案内文例-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

平成О年О月О日

ΟΟΟΟ 株式会社
(部署名)
(役職/ΟО) ΟООΟ 様

株式会社 プロポータル
(部署名) ΟООΟ
電話000-000-0000

請求書誤記のお詫び/請求書誤記の件

(拝啓/拝復)
貴社におかれましては、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は、格別のごお引き立てを賜り、お礼申し上げます。
(早速ながら)、(○月○日付請求書(No.0000)/(ご送付した/ご返送いただいた)請求書)に誤りがありましたこと、心よりお詫び申し上げます。
貴社(からのご連絡で調べましたら/のご指摘のとおり/よりご返送いただいた請求書を確認したところ)、(計算に誤りがりました/来月請求分も含まれておりましした/(見積書/注文書)の金額との差異がありました/注文内容と異なる物品も含まれておりました)。
(貴社/ΟΟ様)には、(ご迷惑をおかけして/ご多用中お手を煩わせて)しまい、申し訳ございませんでした。
つきましては、請求書を訂正しまし、(同封いたしました/お送りします)ので、ご(査収/確認)ください。
今後、このような(ミス/間違い/こと)のないよう(注意して/肝に銘じて)まいりますので、何卒ご(容赦/寛容)賜りますようお願い申し上げます。
(まずは/取り急ぎ)、お詫びかたがた請求書送付のご案内まで申し上げます。

敬 具

領収書誤記のお詫び/謝罪と誤記訂正通知/送付案内文例(会社宛)

宛名/日付/発信者部分省略

(収入印紙(誤り/忘れ)/領収書誤記)のお詫び/領収書誤記の件

(拝啓/拝復)
時下ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。
平素は、格別のご(厚情/高配)を賜り、お礼申し上げます。
(さて/まずは)、この度は(収入印紙の(金額間違い/貼り忘れ)/領収書に誤り)がありましたこと、深くお詫び申し上げます。
貴社(からのご(連絡/指摘)で(調べましたら/担当営業に確認/担当者が再度入金伝票と照らし合わせ)しましたら/よりご返送いただいた領収書を確認したところ)、(金額に誤りがりました/日付が異なっていました/入金額と差異がありました/誤った収入印紙が貼られていました/収入印紙を貼り忘れたことが分かりました)。
(貴社/ΟΟ様)には、(私の勘違い/私どもの(確認/単純な)ミス)で(ご迷惑をおかけして/ご多用中お手を煩わせて)しまい、(申し訳/全く面目)ごさいません。
つきましては、(訂正した領収書/(正しい金額の)収入印紙を貼付した領収書)を(同封いたし/お送りし)ますので、ご(査収/確認)ください。
今後、このような(ミス/間違い/こと)のないよう(担当者に厳重注意をいたします/肝に銘じてまいります/集金担当者に誤りのない領収書の作成方法を徹底させます)ので、今回はばかりは、お許しいただきますようお願い申し上げます。
(まずは/取り急ぎ)、お詫びかたがた領収書送付のご案内まで申し上げます。

敬 具

(請求書/領収書誤記)の詫び状/陳謝関連文例/書き方一覧

詫び状/陳謝/謝罪/お詫び(請求書/領収書誤記訂正)文例/メールと書き方(1)
[(請求書/領収書)誤記のお詫び/謝罪と誤記訂正通知/送付案内文例]
1)請求書誤記のお詫び/謝罪と誤記訂正通知/送付案内文例(会社宛)
2)領収書誤記のお詫び/謝罪と誤記訂正通知/送付案内文例(会社宛)
詫び状/陳謝/謝罪/お詫び(請求書/領収書誤記訂正)文例/メールと書き方(2)
[(請求書/領収書)誤記のお詫び/謝罪と誤記訂正通知/送付連絡メール文例]
1)請求書誤記のお詫び/謝罪と誤記訂正通知/送付連絡メール文例(会社宛)
2)領収書誤記のお詫び/謝罪と誤記訂正通知/送付連絡メール文例(会社宛)

1月季節/時候の挨拶

1月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
1月上旬 (新春/初春/寒冷)の(候/みぎり)
1月中旬 (仲冬/酷寒/厳寒)の(候/みぎり)
1月下旬 (厳冬/寒風/大寒)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map