(注文書/発注書)誤記のお詫び/謝罪と誤記訂正通知/送付案内文例

注文書誤記のお詫び/謝罪と誤記訂正通知/送付案内文例

-スポンサードリンク-
-スポンサードリンク-
(注文書/発注書)誤記のお詫び/謝罪と誤記訂正通知/送付案内文例-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

平成О年О月О日

ΟΟΟΟ 株式会社
(部署名)
(役職/ΟО) ΟООΟ 様

株式会社 プロポータル
(部署名) ΟООΟ
電話000-000-0000

注文書(誤記/数慮違い/誤り)の(お詫び/件)/○○注文書の(誤記/数慮違い/誤り)に伴う再送付のご案内

拝啓 
時下ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。平素は、格別のご(厚情/高配)を賜り、お礼申し上げます。
(さて/早速ではありますが/(お電話/メール)でもご連絡しましたが)、(○月○日付/ご送付した)注文書(No.0000)に誤りがありましたこと、心よりお詫び申し上げます。
(貴社/ΟΟ様)(からのご連絡で確認しましたら/のご指摘のとおり)、(数量が桁違いをしていました/型名に誤り/計算に誤りがりました/不要な○○が含まれておりましした/内容が全く異なる(内容/物品)も含まれてました)。
(貴社/ΟΟ様)には、私の(不手際/確認不足)で(ご迷惑をおかけして/お手を煩わせて)しまい、申し訳ございませんでした。
つきましては、訂正した注文書を(同封いたします/お送りします)ので、ご(査収/確認)ください。
(なお/お手数ですが)、前の注文書は破棄いただけますようお願いいたします。
(まずは/取り急ぎ)、お詫びかたがた注文書再送付のご案内まで申し上げます。

敬 具

-スポンサードリンク-

発注書誤記のお詫び/謝罪と誤記訂正通知/送付案内文例

宛名/日付/発信者部分省略

発注書(誤記/数慮違い/誤り)の(お詫び/件)/発注書の(誤記/数慮違い/誤り)に伴う再送付のご案内

拝啓 
時下ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。平素は、格別のご(厚情/高配)を賜り、お礼申し上げます。
(さて/早速ではありますが/(お電話/メール)でもご連絡しましたが)、(○月○日付/ご送付した)発注書(No.0000)に誤りがありましたこと、心よりお詫び申し上げます。
(貴社/ΟΟ様)(からのご連絡で確認しましたら/のご指摘のとおり)、(数量が桁違いをしていました/型名に誤り/計算に誤りがりました/○○に誤りがありました)。
(貴社/ΟΟ様)には、私の(不手際/確認不足)で(ご迷惑をおかけして/お手を煩わせて)しまい、申し訳ございません(でした)。
つきましては、訂正した(発注書と請書をお送りしますので、ご(査収/確認)ください/確認用の発注書をお送りしますので、ご確認の程よろしくお願いします)。
また、内容に間違いがなければ、(ご連絡をくだださい。社内の稟議をとおして正式な発注書(と請書)をお送りします/請書ご返送ください)。
(なお/お手数ですが)、前の発注書は(破棄して/をご返送)いただけますようお願いいたします。
(まずは/取り急ぎ)、発注書誤記のお詫びと発注書再(送付のご案内/確認のお願い)まで申し上げます。

敬 具

(注文書/発注書)誤記の詫び状/陳謝関連文例/書き方一覧

詫び状/陳謝/謝罪/お詫び(注文書/発注書/契約書_誤記訂正)文例/メールと書き方(1)
[(注文書/発注書)誤記のお詫び/謝罪と誤記訂正通知/送付案内文例]
1)注文書誤記のお詫び/謝罪と誤記訂正通知/送付案内文例
2)発注書誤記のお詫び/謝罪と誤記訂正通知/送付案内文例
詫び状/陳謝/謝罪/お詫び(注文書/発注書/契約書_誤記訂正)文例/メールと書き方(2)
[(注文書/発注書)誤記のお詫び/謝罪と誤記訂正通知/送付案内メール文例]
1)注文書誤記のお詫び/謝罪と誤記訂正通知/送付案内メール文例
2)発注書誤記のお詫び/謝罪と誤記訂正通知/送付案内メール文例
詫び状/陳謝/謝罪/お詫び(注文書/発注書/契約書_誤記訂正)文例/メールと書き方(3)
[契約書誤記のお詫び/謝罪と誤記訂正通知/送付案内文書/メール文例]
1)契約書誤記のお詫び/謝罪と誤記訂正通知/送付案内文例
2)契約書誤記のお詫び/謝罪と誤記訂正通知/送付案内メール文例

4月季節/時候の挨拶

4月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
4月上旬 (花冷え/桜花/春爛漫)の(候/みぎり)
4月中旬 (春粧/春陽/仲春)の(候/みぎり)
4月下旬 (春暖/春日/晩春)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map