作業不良/ミス 詫び状/お詫びメール 文例,例文,書き方

作業不良/ミス 詫び状/お詫びメール 文例,例文,書き方-当サイトの文例/例文や書式、テンプレート等は、コピー&べーストして使用にただけます。 その多くの文例,例文には、書き換えの語句や意味合いの違う文章が入っています。ご自分の実状や心境に合った表現を選択や変更してご利用ください。

作業ミス(ミスの内容報告と再作業のお願い)お詫びメール文例(会社宛)


件名:(誤(作業/設定/ΟΟ)のお詫び(と再作業のお願い)/ΟΟ時の誤(作業/設定/ΟΟ)について/ΟΟの再作業のお願いについて/ΟΟ時の誤作業の件)


ΟΟΟΟ 株式会社
(部署名) ΟООΟ 様
 
株式会社ΟООΟ(営業部/ОΟ部)ОΟ(と申します/です)。
平素は、弊社製品をご(愛顧/使用)いただき、心よりお礼申し上げます。
 
(さて/実は/誠に申し訳ないことですが)、(先日/昨日/去るО日)に実施しました(ОΟの設置作業でミス/ΟΟの設置に問題/ΟΟの設定に誤り/工事でミス)が(判明しまして再度作業をしなければならなくなりました/あることが分かり、設定訂正をしないといけなくなりました/あることをメーカー検査で指摘を受け、改修が必要となりました)。
(具体的な/なお、)ОΟ(ミス/誤り/問題)の詳細は、添付の(報告書/説明資料)(に書きましたが、/にあるように)(重大な(事故/問題)/正常な動作ができない可能性のあるミス/放置することのできないことです)です。
 
つきましては、(今度、ОΟの作業ができる日/作業可能日/各署とのご調整をしていただき、作業日時)をご(指定/指示)いただけますようお願いいたします。
 
この度の(こと/不始末)は、(弊社/私)の(ミス/勘違い/連絡不足/監督不行届)で(弁解の余地/全く面目次第)なく、心よりお詫び申し上げます。
 
今後は、このようなことと(が発生/を起こさない)ように(作業員の教育を徹底/肝に銘じて)まいりますので、この度は何卒(ご容赦/お許し)いただけますようお願い申し上げます。
 
(取り急ぎ、/まずは、/改めてお伺いしてご(説明/報告)したしますが、まずは)(誤(作業/設定/ΟΟ)/作業ミス)のお詫びと再作業のお願いまで申し上げます。
 
************************
      署名
*************************

作業ミス(ミスの内容報告と再作業のお願い)お詫びメール文例(個人顧客宛)


件名:(ОΟ時の誤(作業/設定/ΟΟ)について/ΟΟの再作業のお願いについて/お詫びと再作業のお願い)


ΟООΟ 様
 
株式会社ΟООΟ(営業部/ОΟ部)ОΟ(と申します/です)。
 
平素は、弊社(製品をご使用/をご利用)いただき、お礼申し上げます。
 
(さて/この度は)、弊社製品「ОΟ」のユーザー登録をしていただいてる皆様方「ОΟ」の不具合に関してお伝えしたいことがありまして、(メールしました/取り急ぎご連絡をさし上げました)。
実は、(いくつかのお客様からのご指摘で/(先般/先頃)、「ОΟ」使用中に事故が発生したのを受け)調査しましたところ、「ОΟ」の(設置/初期設定/施工)で(作業/工事/設定)(ミス/の不備/の誤り)があることが(確認/判明)しまして、(改修/再作業)をさせていただくこととなりました。
または
(さて/実は/誠に申し訳ないことですが)、(先日/昨日/去るО日)に実施しました(ОΟの設置作業でミス/ΟΟの設置に問題/工事でミス)が(あることが分かり、設定訂正をしないといけなくなりました/あることをメーカー検査で指摘を受け、改修が必要となりました)。
 
この(作業ミス/不備/設定ミス)を放置しても通常の使用では問題は発生しませんが、ОΟな状況で稀にОΟが起きることがあります。
または
この(作業ミス/不備/設定ミス)をそのままにしておくとОΟが(ОΟ/高温)になる可能性がありますので、(改修/再設定/ΟΟ)を施すまでは、ご使用を控えてください。
または
この(作業ミス/不備/設定ミス)をそのままにしておくと特定の部品(に負荷がかかり/の強度不足で)通常より高い頻度で故障が発生するようになります。
 
皆様には、ご(迷惑/不便)とご不安をおかけしますこと、心よりお詫び申し上げます。
 
つきましては、下記の(訪問改修/再作業/再工事)に関する各事項を記載し、ご返信いただきますようお願い申し上げます。
または
つきましては、(近いうちに/後日)(設置をした工事担当者/弊社、保守担当)より、ご連絡をさし上げますので、訪問可能な日程をご(相談/指定)いただきますようお願い申し上げます。
 
皆様には、多大なご迷惑とご(不便/不安)をおかけしますが、どうか(使用中の事故/故障)を避けるためにお時間を頂戴できますようお願い申し上げます。
 
取り急ぎ、(誤(作業/設定)/作業ミス)のお詫びとご報告並びに(訪問改修/再作業/再工事)のお願いまで申し上げます。
 
------------記------------
 
1.(訪問改修/再作業/再工事)に関する調査事項
 1)・・・・・
 2)・・・・・
 3)・・・・・
2.問い合わせ先
 株式会社ΟΟΟΟ
 ΟΟΟ部ΟΟ課
 電話番号 000-0000-0000
 メールアドレス yyyyy@ddddd.ne.jp
 
*************************
      署名
*************************

作業ミス(再作業承諾のお礼と作業工程通知)お詫びメール文例(会社宛)


件名:(ОΟの(改修/再)作業について/お詫びと(改修/再)作業のご連絡/(改修/再)作業について/ΟΟの(改修/再)作業の件)


ΟΟΟΟ 株式会社
(部署名) ΟООΟ 様
 
株式会社ΟООΟ(営業部/ОΟ部)ОΟ(と申します/です)。
平素は、弊社製品をご(愛顧/使用)いただき、心よりお礼申し上げます。
 
(さて/この度は、弊社の(作業ミス/不始末)にもかかわれず)、(再作業/改修作業)(に関してご配慮を賜り/をご許可いただき)、お礼申し上げます。
または
(さて、この度は早速/ΟΟ様には、)(再作業/改修作業)(のご予定を調整/日をご連絡)いただき、(お礼申し上げます/ありがたく存じます)。
 
(今度の/このうえは、)(再作業で/改修作業に)は(不備/不手際/ミス)のないよう(万全を尽く/二重三重のバックアップ体制を引いて作業を実施)させていただきます。
 
つきましては、(ご連絡いだいたО日に/添付の工程表で)(再作業/改修作業)を実施させていただきます。
または
つきましては、(О日までに工程表を作成して/(作業の準備/作業員の手配/部品の調達)ができ次第、ΟΟ様にご連絡をして/ご担当者様と調整しまいて、できる限り早い時期に)、(再作業/改修作業)を実施させていただきます。
 
(取り急ぎ、/まずは、/改めてお伺いしてご(説明/案内)したしますが、まずは)(改修/再)作業実施のご連絡まで申し上げます。
 
************************
      署名
*************************

作業ミス(再作業承諾のお礼と再発防止策/完了報告)お詫びメール文例(会社宛)


件名:(作業ミスのお詫びと再作業完了報告/ΟΟの件のお詫びと作業完了報告/ΟΟの件お詫びと再発防止について/ΟΟの件)


ΟΟΟΟ 株式会社
(部署名) ΟООΟ 様
 
株式会社ΟООΟ(営業部/ОΟ部)ОΟ(と申します/です)。
平素は、弊社製品をご(愛顧/使用)いただき、心よりお礼申し上げます。
 
(早速ですが/お手数をおかけしましたが/さて)、ОΟの(再/改修/補修)作業も(貴社の(ご協力で/寛大なご対応で/ご温情のお陰で/ご配慮により)/お陰様で)、(去る/昨日/О日)(無事に/問題なく)完了(しましたことをご報告申し上げます/いたしました)。
 
この度の(こと/不始末)は、(弊社/私)の(ミス/勘違い/連絡不足/監督不行届)で(弁解の余地/全く面目次第)もありません。
また、(貴社には/ΟΟ様をはじめ貴社各署に)多大なご(迷惑/不便)をおかけしましたこと、改めてまして深くお詫び申し上げます。
 
今後は、今回のような(不備/不手際/ミス)がないよう(作業員の教育を徹底/肝に銘じて/添付の再発防止マニュアル沿って作業を実施して)まいりますので、この度は何卒(ご容赦/お許し)いただけますようお願い申し上げます。
 
(甚だ略儀ではありますが、/まずは、/改めて(ご報告/お詫び)にお伺いたしますが、まずは、)作業ミスのお詫びと(改修/再)作業完了報告まで申し上げます。
 
************************
      署名
*************************

作業ミス(再作業/改修/手直しのお願い)詫び状文例(会社宛)

宛名/日付/発信者部分省略

誤(作業/設定/ΟΟ)のお詫び(と再作業のお願い)

拝啓 ОΟの候、貴社におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は、格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。
さて、(去るО月О日に/この度、)弊社が(設置したОΟに関して設置に問題があることをメーカー検査の際、指摘を受けました/納入したОΟの設定に誤りがあることが分かりました/工事でミスが判明しまた)。
ОΟの(ミス/誤り/問題)は、(別紙の報告書のとおり/説明資料にありますように)(重大な(事故/問題)/故障/正常な動作ができない可能性のあるミス/放置することのできないことであり)、(お急ぎのところ、申し訳ございませんが/お忙しいところ、お手数をおかけしますが)、再度(調整/工事/作業/ΟΟ)をさせていただきますようお願い申し上げます。
つきましては、(今度、ОΟの作業ができる日/作業可能日/各署とのご調整をしていただき、作業日時)をご(指定/指示)いただければ幸いです。
この度の(こと/不始末)は、(弊社/私)の(ミス/勘違い/連絡不足/監督不行届)で(弁解の余地/全く面目次第)なく、心よりお詫び申し上げます。
今後は、このようなことと(が発生/を起こさない)ように(作業員の教育を徹底/肝に銘じて)まいりますので、この度は何卒(ご容赦/お許し)いただけますようお願い申し上げます。
(取り急ぎ、/まずは、/改めてお伺いしてご(説明/報告)したしますが、まずは)書面にて(作業/設定/ΟΟ)のお詫びと再作業のお願いまで申し上げます。

敬 具

作業ミス(再作業/改修/手直しのお願い)詫び状文例(個人顧客宛)

宛名/日付/発信者部分省略

「ОΟ」について/改修作業のお願いとお詫び

拝啓 皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
この度は、弊社製品をご購入いたいただきましてありがとうございます。
(実をもうしますと/早速ではありますが)、今回設置しましたОΟに関しまして(一部不具合/作業内容に不備/ΟΟ(な/の)問題)があること(判明いたしました/分かりました)。
 
この(問題/不具合/不備)は、(放置すると(故障/発火/誤動作)を起こす可能性があります/装置が正常に動作しない可能性のある問題です)。
または
この(問題/不具合/不備)では、通常問題が発生することはありませんが、ОΟな状況で稀に(誤動作/故障/ΟΟ)を起きることがあります。
または
この(問題/不具合/不備)は、特定の部品(に負荷がかかり/の強度不足で)通常より高い頻度で故障が発生するものです。
 
皆様には、たいへんご(迷惑/不便)とご不安をおかけしますこと、心よりお詫び申し上げます。
 
つきましては、(近いうちに/後日)(設置の/前回工事した)担当者/弊社、保守担当)より、ご連絡をさし上げますので、訪問可能な日程をご(相談/指定)いただきますようお願い申し上げます。
 
皆様には、多大なご迷惑とご(不便/不安)をおかけしますが、どうか(事情を(ご理解/おくみとりいたき)/(使用中の事故/故障)を避けるためにも)、(ご対応を/できるだけ早くお時間を頂戴できますよう)お願い申し上げます。
(甚だ略儀でありますが/取り急ぎ)、書面にて(作業(ミス/不備)/ΟΟの不具合)のお詫びと(改修/再作業)のお願いまで申し上げます。

敬 具

作業ミス(再作業/手直し承諾のお礼と作業工程通知)詫び状文例(会社宛)

宛名/日付/発信者部分省略

ОΟの再作業について/お詫びと改修作業のご連絡

拝啓 貴社におかれましてはいよいよご隆盛のこととお慶び申し上げます。平素は、格別のお引き立てをいたさき、お礼申し上げます。
さて、この度の弊社(作業員のミス/の不手際)で貴社に多大なご(迷惑/不便)をおかけしておりますこと、心よりお詫び申し上げます。
 
また、(再作業/改修作業)(に関してご配慮を賜り/をご許可いただき)、お礼申し上げます。
または
また、(ΟΟ様には、/貴社には素早いご対応で)(再作業/改修作業)(のご予定を調整/日をご連絡)いただき、(お礼申し上げます/ありがたく存じます)。
 
このうえは、(再作業で/改修作業に)は(不備/不手際/ミス)のないよう(万全を尽く/二重三重のバックアップ体制を引いて作業を実施)させていただきます。
 
つきましては、(ご連絡いだいたО日に/添付の工程表で)(再作業/改修作業)を実施させていただきます。
または
つきましては、(О日までに工程表を作成して/(作業の準備/作業員の手配/部品の調達)ができ次第、ΟΟ様にご連絡をして/ご担当者様と調整しまいて、できる限り早い時期に)、(再作業/改修作業)を実施させていただきます。
 
(取り急ぎ、/まずは、/改めてお伺いしてご(説明/案内)したしますが、まずは)書面にて(改修/再)作業実施のご連絡まで申し上げます。

敬 具

作業ミス(再作業承諾のお礼と再発防止策/完了報告)詫び状文例(会社宛)

宛名/日付/発信者部分省略

(作業ミスのお詫びと)ОΟ再作業完了のご報告

拝啓 貴社におかれましてはいよいよご隆盛のこととお慶び申し上げます。平素は、格別のお引き立てをいたさき、お礼申し上げます。
(早速ではありますが/お手数をおかけしましたが/さて)、弊社(作業員のミス/の不手際)に伴う(再/改修/補修)作業も(貴社の(ご協力で/寛大なご対応で/ご温情のお陰で/ご配慮により)/お陰様で)、(去る/昨日/О日)(無事に/問題なく)完了(しましたことをご報告申し上げます/いたしました)。
 
この度の件では、(貴社には/ΟΟ様をはじめ貴社各署に)多大なご(迷惑/不便)をおかけしましたこと、改めてお詫び申し上げます。
 
今後は、今回のような(不備/不手際/ミス)がないよう(全社あげて再発防止策の徹底をはかって/一人一人の技能の向上に努めて/肝に銘じて/全ての作業を再点検してミスを防止する対策を講じて)まいりますので、(この度の件についてはご容赦いただき/何卒これからも)、変わらぬ(ご愛顧/お引き立て/ご厚情)を賜りますようお願い申し上げます。
 
(甚だ略儀ではありますが、/まずは、/改めて(ご報告/お詫び)にお伺いたしますが、まずは、)書面にて作業ミスのお詫びと(改修/再)作業完了報告まで申し上げます。

敬 具

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項