工期/工事遅れ 詫び状/お詫びメール 文例/例文と書き方

工期/工事遅れ 詫び状/お詫びメール 文例/例文と書き方-掲載された文例や書式、テンプレートは、コピー&ペーストして利用いただけます。 当サイトでは、書き方の説明を加えてあるものや文例/例文の中に書き換え語句や文章を挿入している場合もあります。それらを参考にして状況に応じて適宜、変更してご利用ください。

工事遅れ(工程変更/工期延長のお願い)お詫びメール文例(会社宛)


件名:(工事遅延のお詫び(工期延長のお願い)/(工期延長/工事遅延)(の件/について)/ΟΟ工事の件)


ΟΟΟΟ 株式会社
(部署名) ΟООΟ 様
 
平素は、お世話になっております。
株式会社ΟООΟ(営業部/ОΟ部)ОΟ(と申します/です)。
 
(この度は/誠に申し訳ないのですが)、(О月О日に着工しまたОΟ工事の工期延長をお願いいたしたく、メールいたしました/弊社が請負ってますОΟ作業の工期を伸ばすことがができなかと、ご連絡しました)。
 
(工期が遅れるのは、貴社にご迷惑をおかけするの/完了が遅れることで、貴社のОΟの予定にも影響が及ぶこと)は、重々承知しておりまが、(悪天候続きで/ΟΟ国の(災害/混乱)のため、材料の入手が困難で/(度重なる/先般ご指示のあった)設計変更で/弊社には、もどうしようもない(不測の事態/ΟΟ)で)(物理的に/いかにしても/弊社の努力だけでは)(現状の/当初の)(工程/工期)で(工事を完了/完成)させることは、(難しいと判断せざるを得ません/不可能となりましした)。
(不測のことと/私どもにはどうにもならないこと設計変更にお応えするため)とはいえ、貴社にご(迷惑/不便)をかけることになり、申し訳ございません。
または
(工期が遅れて貴社にご迷惑をかけるの/工期を厳守しなければならないの)は、重々承知してますが、(どうしても作業を確保できませんで/作業(時間/場所)に制限があることで、作業が予定どおり進みませんで/ΟΟに伴う遅れの挽回ができませんで)、(現状の/当初の)(工程/工期)で(工事を完了/完成)させることは難しく、このよなお願いをせざるを得なくなりました。
弊社の(不手際/不始末/ミス/工程管理の甘さ)で、貴社にご(迷惑/不便)をかけることとあり、全くもって面目ありません)。
 
つきましては、(工期/工事期間)を(О日ばかり/(О日/当初予定よりО日)まで)延長していただけますようお願いいたします。
または
貴社には、この事情を汲み取りいただだき、どうか(工期/工事期間)の延長を(お許し/ご許可/ご承諾)いただきますようお願い申し上げます。
 
(取り急ぎ、/まずは、/改めてお詫びとお願いにお伺いしてしたしますが、まずは)工期延長のお願いまで申し上げます。
 
************************
      署名
*************************

- ▼ をクリックで表示/非表示切替 -

工事遅れ(予定変更/工期延長のお願い)お詫びメール文例(個人顧客宛) ▼

工事遅れ(工期延伸承諾のお礼と新作業日程の連絡)お詫びメール文例(会社宛) ▼

工事遅れ(工期延伸承諾のお礼と新作業予定の連絡)お詫びメール文例(個人顧客宛) ▼

工事遅れ(原因報告と遅延の通知/工期延伸のお願い)詫び状文例(会社宛) ▼

工事遅れ(原因報告と遅延のお知らせ/工期延伸のお願い)詫び状文例(個人顧客宛) ▼

工事遅れ(工期延伸のお願い)詫び状文例(会社宛) ▼

工事遅れ(作業期間延伸のお願い)詫び状文例(個人顧客宛) ▼

工事遅れ(工期延伸承諾のお礼と新工程表の送付案内)詫び状文例(会社宛) ▼

工事遅れ(工期延伸承諾のお礼と新作業日程の連絡の送付案内)詫び状文例(個人顧客宛) ▼

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項