(工事/作業)遅延のお詫び/謝罪と遅延の報告/連絡文例

工事遅延のお詫び/謝罪と工事遅延の原因報告/遅延の連絡(会社宛)文例

工事遅延のお詫び/謝罪と工事遅延の原因報告/遅延の連絡(会社宛)文例-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

平成О年О月О日

ΟΟΟΟ 株式会社
(部署名)
(役職/ΟО) ΟООΟ 様

株式会社 プロポータル
(部署名) ΟООΟ
電話000-000-0000

(工事/作業)遅延のお詫び

拝啓 
貴社におかれましては、いよいよご隆盛のこととお慶び申し上げます。平素は、格別のごお引き立てを賜り、お礼申し上げます。
さて、(○月○日に着工しまた○○工事/この度、弊社が請負ってます○○の作業)に遅れ(てしまい申し訳ございません/ておりますこと、深くお詫び申し上げます)。
 
今回の遅延は、(このところの悪天候/ご周知の○○国の(災害/混乱)のため、材料の入手に時間がかかっていること/先般の設計変更に手間取っていること)が原因です。
または
現在○○が遅れておりますのは、(作業員が確保できなかったこと/各作業の段取りにに手間取っていること/作業ミスに伴う手直しがあったこと/○○があったこと)が原因であり、(弁解の余地もなく弊社の責任です/全くもって面目次第もございません)。
 
(つきましては、/今の(状況/進捗具合では)では工期中に○○を完了するのは(不可能/難しい)ため/甚だ申し訳ないのですが/貴社には、お急ぎのところ、誠に心苦しいのですが)、(工期/工事期間)を(○日ばかり/(○日/当初予定より○日)まで)延長せざるを得ませんことを(ご連絡申し上げました/ご通知した次第です)。
 
この度の(こと/遅れ)で貴社に多大な(ご迷惑/ご不便/ご心配/ご負担)をおかけするのは、(承知/重々分かって)おりますが、何卒、(事情を(ご賢察/汲み取り)いただけ/ご(理解/了解)いただき/ご寛容を賜り)ますようお願い申し上げます。
 
(取り急ぎ、/まずは、/改めてお伺いしてご(説明/報告)したしますが、まずは)書面にて(作業/工期)遅れのお詫びと(工期延長のご連絡/お願い)まで申し上げます。

敬 具


12月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

12月上旬
師走の候
初冬の候
季冬の候

12月中旬
霜寒の候
寒気の候
激寒の候

12月下旬
忙月の候
歳末の候
歳晩の候

工事遅延の詫び状/陳謝関連文例/書き方一覧

各種工事遅延の詫び状/陳謝文例と書き方一覧と関連コンテンツです。

工事遅延の詫び状/陳謝の文例一覧

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について