メール誤配信 お詫びメール 文例,例文,書き方

メール誤配信 お詫びメール 文例,例文,書き方-当サイトの文例/例文や書式、テンプレート等は、コピー&べーストして使用にただけます。 その多くの文例,例文には、書き換えの語句や意味合いの違う文章が入っています。ご自分の実状や心境に合った表現を選択や変更してご利用ください。

メール誤配信 お詫びメール文例(社外-複数宛)


件名:(メール誤配信のお詫び/先ほどのメールの件/メール誤配信のお詫びと削除のお願い/メール「ОΟの件」についてのお詫び)


ОΟ 各位
または
ΟΟΟΟ 株式会社
(部署名) ΟООΟ 様
 
平素は、お世話になっております。
株式会社ΟООΟ(営業部/ОΟ部)ОΟ(と申します/です)。
 
(さて/早速ながら)、(先ほど/О日О時に)(送信/同報で配信)したメールは、私(のミスで/が誤って)(ОΟの皆さん/ΟΟ様/貴社の皆さん)へも配信され(ました/たものです)。
(ОΟの皆さん/ΟΟ様/貴社の皆さん)には、(全く心当たりのない内容に(驚かせ/当惑させ)/ご迷惑をおかけし)てしまい(まして、申し訳ございません/、深くお詫び申し上げます)。
 
(恐れ入りますが/お手数ですが)、皆様には(先程の「ОΟ」と題された/誤配信されました)メールは削除いただけますようお願い申し上げます。
 
以後、このような(ミス/間違い/こと)のないよう(注意して/肝に銘じて)まいりますので、今回はどうか(お許し/ご容赦)いただけますようお願い申し上げます。
 
取り急ぎ、メール誤配信のお詫びと削除のお願いまで申し上げます。
 
*************************
      署名
*************************

メール誤配信 お詫びメール文例(社内-複数宛)


件名:(メール誤配信のお詫び/「ОΟ送別会案内」メールの件/メール「ОΟの件」についてのお詫び)


ОΟ 各位
または
(部署名) ΟООΟ 様
 
(お疲れ様です。)(営業部/ОΟ部)ОΟです。
 
標題の件、(先ほど/О日О時に)(送信/同報で配信)したメールは、私(のミスで/が誤って)(ОΟ(会社全体/全社員)に/本来ОΟ(課/部/事業部)だけに配信すべきところをОΟ(部全員/全社員/事業部全体)に/同期に皆様)へも配信され(ました/たものです)。
(全く心当たりのない内容に(驚かせ/当惑させ)/ご迷惑をおかけし)てしまい、申し訳ございません。
 
(恐れ入りますが/お手数ですが)、(先程の「ОΟ」と題された/誤配信されました)メールは関係ありませんので、(無視して/削除して/無かったものとして忘れて)いただけますようお願いいたします。
 
私の(不注意/ミス)で(多くの方/皆様)(の手を煩わせて/(いらぬご心配/ご迷惑)をおけして)しまい、お詫び申し上げます。
以後、このようなこととのないよう注意いたします。
 
************************
      署名
*************************

メール誤送信(重要内容含む) お詫びメール文例(社外-個人宛)


件名:(メール誤送信のお詫び/先ほどのメールの件/メール誤送信のお詫びと削除のお願い/メール「ОΟの件」についてのお詫びとお願い)


ΟΟΟΟ 株式会社
(部署名) ΟООΟ 様
 
平素は、お世話になっております。
株式会社ΟООΟ(営業部/ОΟ部)ОΟ(と申します/です)。
 
(さて/早速ながら)、(先ほど/О日О時に)送信しましたメールは、(誤ってΟΟ様に送信してしまったものです/私が誤って(他社のΟΟ様/他の方)へ送るべきところ、ΟΟ様に送信したものです/アドレス帳に同じ名前で登録があり、誤ってΟΟ様にに送ってしまいました)。
ΟΟ様には、(全く心当たりのない内容に(驚かせ/当惑させ)/ご迷惑をおかけし)てしまい、(深くお詫び申し上げます/申し訳ございません)。
 
(つきましては/恐れ入りますが)、(先程の/「ОΟО」と題された)メールはご削除いただけますようお願い申し上げます。
または
(つきましては/勝手なお願いではありますが/甚だ恐縮ではありますが)、(先程の/「ОΟО」と題された)メールには、(個人情報/弊社の営業情報/他社との機密保持内容/機密情報)が含まれておりますので、(見ずに若しくはもう読まれておられるのであれは、見なかったものとしてご削除/内容につきましてはご他言無用にして)いただけますよう伏してお願い申し上げます。
 
以後、絶対にこのような(ミス/間違い/こと)のないよう(肝に銘じて/注意して)まいりますので、(どうかご寛容/メールの内容につきましては、何卒ご内密にして)いただけますようお願いいたします。
 
取り急ぎ、メール誤送信のお詫びと(削除の)お願いまで申し上げます。
 
*************************
      署名
*************************

メール誤送信(重要内容含む) お詫びメール文例(社内-個人宛)


件名:(メール誤送信のお詫び/先ほどのメールの件/メール誤送信のお詫びと削除のお願い/メール「ОΟの件」についてのお詫びとお願い)


(部署名) ΟООΟ 様
 
(お疲れ様です。)(営業部/ОΟ部)ОΟです。
 
(先ほど/О日О時に)送信しましたメールは、ОΟ(課長/部長/主任/さん)へ送るものですが、(誤って/間違って)(ОΟ(課長/部長/主任/さん)へ送信したものです/アドレス帳に同じ名前で登録さていた(ので/ため)、ОΟ(課長/部長/主任/さん)へ送ってしまいました)。
(全く心当たりのない内容に(驚かせ/当惑させ)/ご迷惑をおかけし)てしまい、(お詫びいたします/(誠に/本当に)申し訳ございません)。
 
(つきましては/ついては/お手数ですが/恐れ入りますが)、(先程の/「ОΟО」と題された)メールはご削除して(いただけます/もらえます)ようお願い(いたします/します)。
または
(つきましては/ついては/申し訳ないですが/全く面目ないですが)、(先程の/「ОΟО」と題された)メールには、(内容が部内秘密な/コンフィデンシャル情報が含まれてます/機密保持内容を含みます)ので、(見ずに若しくはもう読まれているのならが、見なかったものとしてご削除/内容に(ついては/つきましては)ご他言無用にして)(いただけます/もらえる)ようお願い(します/いたします)。
 
今後は、絶対にこのような(ミス/間違い/こと)のないよう注意しますので、(どうかご対応/対応の程)よろしくお願い(します/いたします)。
 
************************
      署名
*************************

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項