メール誤配信 お詫びメール 文例,例文,書き方

メール誤配信 お詫びメール 文例,例文,書き方-当サイトの文例/例文や書式、テンプレート等は、コピー&べーストして使用にただけます。 その多くの文例,例文には、書き換えの語句や意味合いの違う文章が入っています。ご自分の実状や心境に合った表現を選択や変更してご利用ください。

メール誤配信 お詫びメール文例(社外-複数宛)


件名:(メール誤配信のお詫び/先ほどのメールの件/メール誤配信のお詫びと削除のお願い/メール「ОΟの件」についてのお詫び)


ОΟ 各位
または
ΟΟΟΟ 株式会社
(部署名) ΟООΟ 様
 
平素は、お世話になっております。
株式会社ΟООΟ(営業部/ОΟ部)ОΟ(と申します/です)。
 
(さて/早速ながら)、(先ほど/О日О時に)(送信/同報で配信)したメールは、私(のミスで/が誤って)(ОΟの皆さん/ΟΟ様/貴社の皆さん)へも配信され(ました/たものです)。
(ОΟの皆さん/ΟΟ様/貴社の皆さん)には、(全く心当たりのない内容に(驚かせ/当惑させ)/ご迷惑をおかけし)てしまい(まして、申し訳ございません/、深くお詫び申し上げます)。
 
(恐れ入りますが/お手数ですが)、皆様には(先程の「ОΟ」と題された/誤配信されました)メールは削除いただけますようお願い申し上げます。
 
以後、このような(ミス/間違い/こと)のないよう(注意して/肝に銘じて)まいりますので、今回はどうか(お許し/ご容赦)いただけますようお願い申し上げます。
 
取り急ぎ、メール誤配信のお詫びと削除のお願いまで申し上げます。
 
*************************
      署名
*************************

- ▼ [クリック-表示/非表示] -

メール誤配信 お詫びメール文例(社内-複数宛)▼

メール誤送信(重要内容含む) お詫びメール文例(社外-個人宛)▼

メール誤送信(重要内容含む) お詫びメール文例(社内-個人宛)▼

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項