いじめ/陰口/誹謗/中傷 詫び状 文例,例文,書き方

いじめ/陰口/誹謗/中傷 詫び状 文例,例文,書き方-当サイトの文例/例文や書式、テンプレート等は、コピー&べーストして使用にただけます。 その多くの文例,例文には、書き換えの語句や意味合いの違う文章が入っています。ご自分の実状や心境に合った表現を選択や変更してご利用ください。

いじめ/陰口/仲間はずれ 詫び状文例(友達宛)

前略 ОΟ(君/さん)、(あの時/この前は)、(意地悪なことをして/嫌なことを言って/君だけを仲間はずれ/陰口みたいなことを言って)君(に嫌な思い/を不愉快にさせて/怒らせて)しまい本当に(ごめんなさい/すみませんでした)。
または
(これまで/以前から/ΟΟの間)、君(に嫌な思いをさせてしまって/にはいじめと思われても仕方がないこをしていて/の陰口をいってしまって)ごめんなさい。
または
(この前/あの時/これまで)君(を無視したりして/に嫌がらせをして/の悪口をいっしまい)(申し訳なかったね/ごめんなさい。
 
今回のことは、(全くの面白半分/ちょっとした悪ふざけのつもり/遊びのつもり)だったから、(君をいじめている意識もなしに/君の気持ちを考えもしないで)(あんな酷い/仲間はずれにした/悪口をいってしまった)ことを(今更ながら/今)深く反省しています。
または
これまで、(僕/私たち)が君にしてきたことは、(明らかに(いじめ/嫌がらせ)で/いじめていわれても仕方ない/酷いことで)、(言い訳のしようがないし、/許されないことで)(今更ながら/心から)後悔するとともに(君に申し訳ない気持ちで一杯です/反省しています)。 または
(あのことがあって/(この前/恥ずかしいことだけど)、君から言われて)はじめて(自分がしていたことがいじめだと分かって/君がそのことを(悩んで/気に病んでいた)のを知って)(君に会わす顔がないと/本当に申し訳ないことをしていたと)思うようになり、(自身の行いを恥じるばかりです/君にした酷いことを深く反省しています)。
または
(実は/信じてはもらえないだろうけど)、(あの/これまでの)ことは僕としては(不本意/したくなかった/やりたくないと心では思っていました)が、(僕も仲間はずれになるのが怖くて/皆がしてることを注意もできなくて/僕だけが君を庇う勇気がなくて)(彼らと一緒になって/皆に加わって)しまいままいた。(今思うと/あの時)(僕にもう少し勇気があれば/僕は加わらないと言えば)と(今更ながら後悔しています/深く反省しています)。
 
僕の(していた/したこと)で(君(を悩ま/に辛いを思いをさ/を嫌な気持ちに)せて/君を苦しめて/君に不信感を持たせて/甲斐のない奴と思わせて)しまったから(簡単に/直ぐには)(許してはもらえないかもしれませんが/仲直りしてもらえないでしょうが)、(もし許してくれるなら連絡くださいね/また仲良くしてもらえるならありがたいです)。
または
(これまでのこと/あのこと)は、(自分のことしか考えない自己中/私の勇気のなさ)が(悪いから/原因だから)許し(てもらえとは思わないですが/て欲しいとも軽々しくいえませんが)、君に対して(本当に申し訳ないと思っていることだけは分かってもらえれば/のお詫びの気持ちだけでも汲み取もらえたら)(ありがたいです/と思っています)。
または
これからは、絶対にあんな(酷いこと/こと)はしないと(と誓う/約束する)から、どうか今回だけは許ししてください。お願いします。
 
(先日/これまで/この前のこと)のお詫び(まで/とお願いまで)。

早 々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ (君へ/さん/様)

ネットでの誹謗/中傷 詫び状文例(知人宛)

前略 私の(書いた記事/(Facebook/Twitter)の投稿)のこと、本当にごめんなさい。
または
(この前/先日)の(記事/Facebook/Twitter)で書いたことでは、君(を不愉快にしてまい/怒らせてしまい)、本当に(すみませんでした/ごめんなさい)。
または
ОΟ(君/さん)、私の(Facebook/Twitter/管理するブログ/ΟΟ)(に変なことを書いて/で君を傷つけつことを書いて)君を(嫌な思い/不愉快にさせて/怒らせて)しまい本当に(ごめんなさい/すみませんでした)。
または
私の(書いた記事/(Facebook/Twitter)の投稿)で君(が怒っていると聞いて/に不愉快な思いをさせてしまったようで)(取り急ぎ/何はともあれ)お詫びの(メールしました/これを書いてます)。
 
今回のことは、僕が(もう少し記事の内容に注意を払えばよかたことで/(うわさ/人から聞いたこを)鵜呑みにしたことが原因で/僕の表現が(曖昧だった/悪かった)のが原因で/(感情に任せて/冷静さをなくして)書いたのが悪くて)弁解の余地もなく、今更ながら(後悔/深く反省)してます。
または
この前の投稿の件は、僕(がついつい苛立って書いたのが悪いのであって/に君に対する配慮が足りなかったのためで/の表現が悪かったのが原因で)そのことで君に大変迷惑をかけたことを深く反省しています。
または
今度のことは、(私/僕)の(認識の甘さで/軽率な投稿で/表現が悪くて)君に迷惑をかけてしまい、深くお詫び申し上げます。
 
これからは、(君に迷惑をかけるようなことは書かないように/投稿する時はもう一回読み返してから投稿するように)するから、これからも(仲良くしてください/(これまで通り/変わらず)友達でいてくさい)。心からお願いします。
または
これからは、二度と(同じことがないように(注意します/表現に注意する/表現に配慮します)から、どうか今回だけは許してください。お願い申し上げます。
または
ОΟ(君/さん)に(迷惑をかけてしまって/を傷つけてしまったから/に取り返しがきかないことをしたから)(簡単に許してもらえないかもしれないけど/許して欲しいと言って聞いてくらないかもしれないけけど)僕(の謝罪の/すまないと思う)気持ちでけで分かってください。
 
(先日の記事の/(Facebook/Twitter)の投稿内容の)お詫びまで。

早 々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ (君へ/さん/様)

ネットでの誹謗/中傷 詫び状文例(非面識の方宛)

(拝啓/急啓/前略) この度は、私の(Facebook/Twitter/管理するブログ/ΟΟ)でОΟ(様/さん)(のОΟに関して書いた内容/に関する記事で(誹謗中傷/非難)とも取れる内容があり)、それを(見られた/人づてにお聞きになられた/お聞き及びになった)とのことで、心よりお詫び申し上げます。
または
ΟΟ様より、私が(Facebook/Twitter/管理するブログ/ΟΟ)で(書いたこと/投稿した内容)にОΟ(様/さ)が(ひどく立腹になつておられる/お怒りになっておられる/不愉快な思いをされている/気分を害されている)とお聞きし、(何はともあれお伝えして/まずは/取り急ぎ)(お詫びを申し上げ/謝罪いたし)たく存じ、(メールをした/筆を取った)次第です。
または
この度は、私の(Facebook/Twitter/管理するブログ/ΟΟ)(で/において)(貴店/貴社)(のОΟについて書いた内容に(一部不適切な表現があり/誇大した表現)/誹謗中傷とも取れる表現)がありましたこと、心よりお詫び申し上げます。
 
この度のことは、(全く私の不徳の致すところであり/自身の記事内容への無責任さが原因であり/全くくもって私の心得違いであり/自身に不誠実さの現れであり)、(弁明の余地もなく/申し開きできることは一切ありませんで/今考えると軽率だったと後悔するとともに)深く反省しておる次第です。
または
(ご指摘/ご注意)いただいた(記事/内容)については(人づてに聞いたことでそれを鵜呑みにして書いたものであり/全くの出鱈目であることが分かり/私の(勘違い/誤解)であり)(ご迷惑をおかけした(貴社/貴店)に誠の申し訳ないことをしたと/ΟΟさんには本当に申し分なく思うとともに今更ながら)深く反省しております。
または
(この度/先日)のことは、(釈明をお許しいただけるのであれば/弁明いたしますと)、(私の(記事/投稿)は、ご(指摘/懸念)の(意味/趣旨)として書いたつもりはなかったのですが/表現が稚拙で趣旨が明確に伝えらておらず/多少誇張してしまったとため)(誤解を招いてしまって/曲解される恐れも否めない表現となっており/趣旨を外れてネットに拡散してしまい)、結果として(ΟΟ様/貴社)にご迷惑をおかけしてしまいましたことを深く反省しております。
 
今後は、(二度と/決して/再び)(同様の過ちを犯さないよう(細心の注意を払ういます/表現には注意する/表現(を正確/に配慮)いたします)ことをお誓いしますので、(何卒/今回ばかりは)(お許しを/ご寛容)賜りますよう伏してお願い申し上げます。
または
(貴社/ΟΟ様)(には、多大なご迷惑をおかけして/の信用に傷を付けてしまい/に取り返しがきかないことをしてしまい)、(今は/私のできることは)(貴社/ΟΟ様)の温情にすがりお許しを賜れますよう伏してお願いするばかりです。
または
この度のことで貴社の信用を(損なって/傷つけて/損ないかねない状況を招いて)しまい、(簡単にお許しいただけると思いませんが、私の謝罪の気持だけ汲みとってくれてば幸いに存じます/お許しを乞うのもおこがましいく、ただただお詫び申し上げるばかりです)。
 
取り急ぎ、ご指摘の(記事/投稿)に関するお詫びまで申し上げます。

敬具/早々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ОΟ株式会社
ΟООΟ 様
または
ΟООΟ 様

いじめへの加担 お詫び/反省文 メール文例(親子間)


件名:(昨日のこと本当に反省してます/ごめんなさい/お(父/母)さんごめんなさい/警察に呼ばれたこと本当にごめんなさい)


お(父/母)さんごめんなさい。
今は本当に反省しています。
または
僕がしていたことで(お(父/母)さんたちを悲しませて/迷惑かけて)、本当にごめんなさい。
または
お(父/母)さんいじめなんかして、ごめんなさい。
本当に反省しています。
 
僕、本当に(遊んでいただけなんだ/いじめるつもりはなかったんだ)。信じてよ。
でも、ОΟ君はいじめと思っていたんだから今は反省しているよ。
または
(僕/私)は、(皆で遊んでいるつもりだった/いじめているつもりはなかった/悪気はなかった)んだけど、ОΟ(君/さん)(が不登校となるまで続けてしまって/に不快な思いをさせていたことを知って)、(今更だけと/今は本当に悪いことをしていたんだと)(後悔/反省)しています。
または
本当は僕もОΟ君には悪いと思っていたけど、(仲間に入らないと次に僕がいじめられるのが怖くて一緒に加わったんだ/皆もしていたからつい一緒になっていじめていたんだ/僕が彼をかばうと僕も一緒にいじめられると思ったんだ)。
でも、(こんなことになって/お(父/母)さんに迷惑かけてしまって)自分(のしたことが軽率だったと/の考えが浅かったと/がしてたことの重大さを知って)心から反省しています。
または
(僕の/今回の)ことで、お(父/母)さん(忙しいのに学校に呼ばれたりして/に迷惑かけて)(申し訳ない気持で一杯です/悪いことをしたと思っています)。
今は本当に反省してます。
はたは
昨日は素直に謝らなくてごめんなさい。
お(父/母)さんたち(を悲しませてしまって/怒らせるようなことをしてしまって)、(今更だけど/今)本当に申し訳ない気持で一杯です。
ごめんなさい。
 
僕、これからは(二度と/絶対)友だちをいじめたりしない(誓うよ/よ)。
だから、許してください。
または
僕、これからは人(が嫌がることはしない/の気持ちになって考えるよにする/を傷つけるようなことはしない)よ。だから許して。お願い。
または
明日、ОΟ君に謝るし、これからはОΟ君を絶対にいじめないよ。
 
本当にごめんなさい。
 
*************************
      署名
*************************

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項