個人的詫び状(友人宛_いじめ/陰口/仲間はずれ)_お詫び/謝罪/反省_文例と書き方

個人的詫び状(友人宛_いじめ/陰口/仲間はずれ)_お詫び/謝罪/反省_文例

個人的詫び状(友人宛_いじめ/陰口/仲間はずれ)_お詫び/謝罪/反省の文例-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

前略
○○(君/さん)、(あの時/この前は)、(意地悪なことをして/嫌なことを言って/君だけを仲間はずれ/陰口みたいなことを言って)君(に嫌な思い/を不愉快にさせて/怒らせて)しまい本当に(ごめんなさい/すみませんでした)。
または
(これまで/以前から/○○の間)、君(に嫌な思いをさせてしまって/にはいじめと思われても仕方がないこをしていて/の陰口をいってしまって)ごめんなさい。
または
(この前/あの時/これまで)君(を無視したりして/に嫌がらせをして/の悪口をいっしまい)(申し訳なかったね/ごめんなさい。
 
今回のことは、(全くの面白半分/ちょっとした悪ふざけのつもり/遊びのつもり)だったから、(君をいじめている意識もなしに/君の気持ちを考えもしないで)(あんな酷い/仲間はずれにした/悪口をいってしまった)ことを(今更ながら/今)深く反省しています。
または
これまで、(僕/私たち)が君にしてきたことは、(明らかに(いじめ/嫌がらせ)で/いじめていわれても仕方ない/酷いことで)、(言い訳のしようがないし、/許されないことで)(今更ながら/心から)後悔するとともに(君に申し訳ない気持ちで一杯です/反省しています)。 または
(あのことがあって/(この前/恥ずかしいことだけど)、君から言われて)はじめて(自分がしていたことがいじめだと分かって/君がそのことを(悩んで/気に病んでいた)のを知って)(君に会わす顔がないと/本当に申し訳ないことをしていたと)思うようになり、(自身の行いを恥じるばかりです/君にした酷いことを深く反省しています)。
または
(実は/信じてはもらえないだろうけど)、(あの/これまでの)ことは僕としては(不本意/したくなかった/やりたくないと心では思っていました)が、(僕も仲間はずれになるのが怖くて/皆がしてることを注意もできなくて/僕だけが君を庇う勇気がなくて)(彼らと一緒になって/皆に加わって)しまいままいた。(今思うと/あの時)(僕にもう少し勇気があれば/僕は加わらないと言えば)と(今更ながら後悔しています/深く反省しています)。
 
僕の(していた/したこと)で(君(を悩ま/に辛いを思いをさ/を嫌な気持ちに)せて/君を苦しめて/君に不信感を持たせて/甲斐のない奴と思わせて)しまったから(簡単に/直ぐには)(許してはもらえないかもしれませんが/仲直りしてもらえないでしょうが)、(もし許してくれるなら連絡くださいね/また仲良くしてもらえるならありがたいです)。
または
(これまでのこと/あのこと)は、(自分のことしか考えない自己中/私の勇気のなさ)が(悪いから/原因だから)許し(てもらえとは思わないですが/て欲しいとも軽々しくいえませんが)、君に対して(本当に申し訳ないと思っていることだけは分かってもらえれば/のお詫びの気持ちだけでも汲み取もらえたら)(ありがたいです/と思っています)。
または
これからは、絶対にあんな(酷いこと/こと)はしないと(と誓う/約束する)から、どうか今回だけは許ししてください。お願いします。
 
(先日/これまで/この前のこと)のお詫び(まで/とお願いまで)。

早々

平成О年О月О日

ΟООΟ

ΟООΟ (君へ/さん/様)


9月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

9月上旬
初秋の候
新秋の候
新涼の候

9月中旬
白露の候
爽秋の候
秋晴の候

9月下旬
涼風の候
秋冷の候
孟秋の候

個人的詫び状/謝罪/反省文例/メールと書き方

各種個人的詫び状/謝罪の文例と書き方一覧と詫び状関連コンテンツです。

個人的詫び状/謝罪文例一覧

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について