詫び状(友人を怒らせた)_お詫び/反省文例と書き方

詫び状(友人を怒らせた)_お詫び/反省文例

詫び状(友人を怒らせた)_お詫び/謝罪/反省文例/例文と書き方-掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例/例文はテンプレートとしてコピー&ペーストして利用いただけます。 文章は、社内か客先宛など様々な状況で書き方が異なり、状況や目的に一致する文例を提供できません。そのため当サイトの文例又は例文には文章作成の一助として多数の書き換え語句や文章を挿入してあります。状況や心情に応じて選択してご利用ください。

前略 (先日/この前/ΟΟのこと)は、本当に悪いと思ってます。(許してください/ごめんなさい)。
または
(昨晩/先日)は、(君の気持ちもを考えずに(嫌なことを言って/余計なことをして)怒らせてしまい/悪ふざけが過ぎて/不愉快な思いにさせて/機嫌を損ねるようなことをして)しまって、本当に(面目ない/申し訳ありませんでした)。
または
昨日は、君を怒らせるつもりなかったのですが、あんななことになってしまい、(すみませんでした/すまなかったね)。
 
(僕/私)としては、君を怒らせるつもりは全くなくて(友人として(忠告/助言/激励)したつもりでした/良かれと思ってしたことでした)のですが、(自分の(浅はかさ/軽率な言動をしたこと/考えの甘さ)を/君を怒らす結果となって)(今更ながら/今は)深く反省しています。
または
(本当に申し訳ないのだけど/謝ってすむものではないないですが)、(友だち甲斐のないことをしてしまい/自分でもあんなことを(して/言って)しまったのかと/あんな酷いことをしてしまい)、(自分が情けななくなります/本当に申し訳なく思っています/心から反省しています)。
または
あの時は(僕も(興奮し/頭にき)てたから/お互い喧嘩腰になってたから/自分が(した/言った)ことでなんで怒るのか)理解なかったけど、後で(よく考えて/冷静ないなって)やっと僕(の言い方が悪かった/僕が悪かった/の考えてが間違っていた)と(気づいて/分かって)今では深く反省しています。
 
(君に(あんな(酷い/失礼)ことを(言って/して)怒らせて/あなた(に嫌/を不愉快)な思いをさせて)おきながら許して(もらおうとしても無理でしょうが、/くれと言うのは気が引けるけど)(謝罪/お詫び)の気持ちだけでも汲み取ってもらえればありがたいです。
または
(まだ、怒っているでしょうが/許してはもらえないかもしれませんが/絶交されてもしがたないですが)、(僕/私)は君を(馬鹿にするために/ΟΟさせたくて)あんなことを(言った/した)のではないことだけは分かってもら(えれば嬉しいです/いたいと思ってこれを書いています)。そして、もし(よければ/許してくれるのなら)(また仲良くしてしてください。お願いします/仲直りしてください。/前と同じように仲良くしてもらえれたらと願っています)。
または
ついては、今後(絶対に/二度と)(君にあんな(こと/酷いこと)をしない(から/よに肝に銘じるておくから)、今回だけは許ししてください。お願いします。
 
(昨晩/先日/この前のこと)のお詫び(まで/とお願いまで)。

早 々

平成О年О月О日

ΟООΟ

ΟООΟ (君へ/さん/様)

【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例又は例文は【ОΟ文例/例文】、メールは【ОΟメール文例/例文】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例/例文】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

詫び状/謝罪/反省文例/メール文例

各種詫び状/謝罪の文例一覧と詫び状関連コンテンツです。

詫び状文例一覧

関連文例&コンテンツ

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について