失礼/無礼/怒らせた お詫びメール/反省文/詫び状 文例,例文,書き方

失礼/無礼/怒らせた お詫びメール/反省文/詫び状 文例,例文,書き方-当サイトの文例/例文や書式、テンプレート等は、コピー&べーストしてご利用ください。 その多くの文例,例文には、置き換えの文言や意味合いの違う文章が入っています。ご自分の実状や心境に合った表現を選択や変更してご利用ください。

酔った勢いの無礼 詫び状文例(本人から当事者宛)


件名:(昨夜のお詫び/昨日は誠に(失礼しました/申し訳ございませんでした)/昨日の失態心よりお詫び申し上げます)


ΟΟΟΟ 株式会社
(部署名) ΟООΟ 様
 
平素、大変お世話になっております。
株式会社ΟООΟ(営業部/ОΟ部)ОΟです。
 
早速ですが、(昨晩は/昨日)は、本当に申し訳ございませんでした。
(ついつい飲み過ぎて/(場所/立場)もわきまえず騒いで/好き勝手なことを申して/酔いつぶれて/皆様方に(失礼/無礼)なことを)しまいまして、心からお詫び申し上げます。
または
昨晩は(皆/ΟΟ/貴社の皆)様に多大なご迷惑をおかけしてしまいまして、誠に申し訳なく、心よりお詫び申し上げます。
(今朝目が覚めて/一夜明けて/今朝、出社直後に昨晩の愚かな行い数々を聞かされて)、(まずは/取り急ぎ/何はともあれ)、お詫びを申し上げないと思いましてメール(しました/した次第です)。
 
昨夜は、(酒が入って気が大きくなりまして/(疲れていたせいか/思いのほか)酒の廻りが早く/いささか酒を飲み過ぎ)、あなような失態を演じてしまい、貴社の皆様に(多大なご迷惑をおかけして/不愉快なな思いをさせて)しまいましたこと、深く反省いたしております。
(かかるうえは/今後は)、(あのようなことのない/昨晩のような不始末を起こさない)よう(気をつけてまいります/酒を控えるようにします/当面酒を断つ所存です)ので、何卒、今回ばかりは(ご寛容/お許し)いただきますようお願い申し上げます。
または
(酔った勢いとはいえ/泥酔してのこととはいえ)、(失礼極まりない/お恥ずかしいばかりの/営業にあるまじき)(失態を演じてしまい/不始末を起こしてしまい)、(面目ないことではありますが、今後あのようなことないよう肝に銘じてまいりますので/お詫びの言葉が見当たらないほどでお許しを乞うのもおこがましいのですが)、どうか今回ばかりはお許しいただきますよう伏してお願い申し上げます。
または
貴社の皆様には、甚だ(不愉快/不快)な思いをさせてしまいましたことを重く受けとめ、今後は(皆様から/貴社より)の信頼を回復できるよう誠心誠意努めてまいりますので、何卒ご寛容賜りますよう伏してお願い申し上げます。
 
(取り急ぎ、/改めて(上司とともに)お詫びにお伺いいたしますが、まずは)、お詫びまで申し上げます。
 
*************************
      署名
*************************

関連文例/例文一覧

失礼なこをした 詫び状文例(友達宛)

前略 (先日/この前)は、本当にごめんなさい。
または
前略 (昨晩/先日)は、(君の気持ちもを考えずにОΟのことをもちだして/(ついつい/本心ではない)失礼なことを言ってしまい)しまい/急に怒って帰ってしまいって/僕(が変なことをして/の悪ふざけが過ぎて)/不愉快な思いにさせて/機嫌を損ねるようなことをして)しまって、本当に(すみませんでした/ごめんなさい)。
 
(あれからずっと気になっていて、思い切って/朝になって冷静さを取り戻して/一夜明けて(よく考え少し心配になっ)て)(メールしました/これを書いています/謝ろうとこれを書いています)。
(君のためにと思ってОΟしたつもりが、反対に君に嫌な思いをさせてしまって/僕が(失礼な/よけない)ことを(言った/した)ために気分を害させてしまい/僕の(非常識な行いで/自己中のために/悪い癖のために)(不快な気持ちにさせて/険悪な雰囲気に)しまい)、今更ながら(反省/後悔)しています。
または
(最近(少し疲れて/精神的にまいってて)/(昨晩/先日)は、僕のことを思ってしてくれたのに)(酷いこことを(して/言って)/君に気持ちまで考えることができないであんなことをして)しまい、(自分が情けないです/本当に申し訳なく思っています/心から反省しています)。
または
(いつも良くしてくれている/長い付き合いって/折角の楽しい時間だった)のに(友だち甲斐のないことで/自分でも失礼だと思うことをして/あんな酷いことをして)しまい、(本当に面目ありません/すみません/ごめんなさい/我ながら情けなく思っています/恥ずかしい限りです/お詫びの言葉もありません)。
 
(ОΟ(君/さん)/お前に/君に)(あんな(酷い/失礼)ことを(言って/して)おきながら/(嫌/不愉快)な思いをさせて、)許して(もらえないでしょうが、/くれと言うのは気が引けるから)(謝罪/お詫び)の気持ちだけでも汲み取ってもらえれば(ありがたいです/と思ってこれをか書きました)。
または
今後、(絶対に/二度と)(君にあんな(こと/失礼なこと/酷いこと)をしない(から/よに肝に銘じるておくから)、今回だけは許ししてください。お願いします。
または
(親しい仲だからこれくらい許されると思う僕の甘えた考えを/親しい仲にも礼儀ありという言葉が身につまされ)、(今更ですが/今は)心から反省してますからどうかこれからも(変わらず付き合って/友だちでいた/親しくして)もらえるよう心かお願いします。
 
(昨晩/先日/この前のこと)のお詫び(まで/とお願いまで)。

早 々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ (君へ/さん/様)

手紙/ハガキの書き方一覧
時候の挨拶   手紙   ハガキ   封筒   宛名   便箋折り方

無礼をたらいた 詫び状文例(目上の方宛)

(拝啓/急啓/前略) (先日/先般)(のОΟでは/は)、ОΟ(様/ΟΟ)に(誠に失礼なことをなして/甚だ無礼なことを申して/無礼千万をはたらいて)しまいましたこと、、深くお詫び申し上げます。
または
前略 (昨日/昨夜)の(忘年/新年/歓迎会/送別/懇親)会のおいて私がΟΟ(様/部長)(に対しまして無礼なことして/酔った勢いで失礼の数々をなして/に(不愉快/不快)な思いをさせてしまい)ましたこと、深くお詫び申し上げます。
または
前略 (一晩明けて/今朝、酒が抜けて我に返って/同席したОΟ(君/から)らその時の状況を聞き)、(取り急ぎ/何はともあれ/まずは)(お詫び/謝罪)いたしたく存じ、メールをした次第です。
 
ОΟ(様/部長)には、(日頃より親しくしていただいて/何かとお世話になって/毎々のお気遣いいただいて/何かと(気/目)にかけていただいてい)いるの//(折角お誘いいただいた/貴重なお時間を頂戴した)/私を(心配してご助言/気遣ってОΟ/叱咤激励)された))にもかかわらず、(些細なこどで帰って/大人気ないことそして/声を荒らげて/喧嘩腰の物言いをして)しまいましたことを今更ながら後悔するとともに(猛省いたして/深く反省して)おります。
または
(昨夜/先日/ΟΟの時)は、(泥酔の余り(断片的な/全く自身がなしたことの)記憶をなくてしまった/(普段飲み慣れない酒をついつい飲んで/疲れていたせいで酒の廻りが早く)我を忘れてしまっていた)(としても/とはいえ)、(ОΟ(様/部長)へのОΟは/私がなしたことは)(決して許されることではなく/全くもって無礼千万なことであり)、(自身の(行い/情けなさ/愚かな振る舞い)を恥/今更ながら後悔)、深く反省しております。
または
この度の(不始末/無礼な物言い/失礼は/ことは)、(普段から親しくしていただいていることでの甘え/私の社会人としての自覚の欠如/私の心得違い)の現れであり、(深く反省しております/全くもって面目次第もごさいません/恥ずかしい限りです/お詫びの言葉もありません)。
 
(かかるうえは/今後は)、(宴席での酒を(絶つ覚悟です/控えます)/二度と同様のことをなさないことをお誓いします)ので、今回ばかりは(お許していただきます/ご寛容賜ります)よう伏してお願い申し上げます。
または
ОΟ(様/部長)に(先日のような無礼をはたらいておきながら/失礼なことをして/不愉快な思いをさせて)お許し(を頂戴できるとは存じません/を請のもはばかりますが)、(謝罪/お詫び)の(意/気持ち)だけでもお汲み取りいただだけましたら(幸いにです/幸甚に存じます)。
または
ОΟ(様/部長)(のご恩にを仇で返すようなことをして/のご厚誼(背く/を踏みにじる)ことをして/に取り返しがきかない(無礼をはたらいて/失礼なことをして/不愉快な思いをさせて)しまい、(今は/私のできることは)(ただただОΟにお許しをいただけますようお願いするばかりです/ΟΟ様の温情にすがりお許しを賜りますよう伏してお願いする次第です)。
 
改めて(お伺いしてお詫びを/拝眉にてお詫び)申し上げたく存じますが、まずは書中にてお詫びを申し上げた次第です。
または
取り急ぎ、(昨日/先日)のお詫びまで申し上げます。

敬具/早々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

酒の席での不始末 詫び状文例(上司から取引先宛)

(拝啓/謹啓) ΟΟ様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
または
(拝啓/謹啓) 貴社におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は、格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。
 
(さて/この度は/昨日は/昨夜は)、弊社ОΟ部ОΟが、(貴社との懇親の場/折角お招きいただいた宴席/楽しいはずのОΟ会)で(甚だ(無礼/非礼/失礼)な(言動/行動/振る舞い)に及んだとのことで/(貴社の皆様方/ΟΟ様)に大変なご迷惑をおかけしましたこと)、誠に申し訳なく、深くお詫び申し上げます。
(いささか/自分を見失うほどに)酒を飲みすぎての(暴言/言動/振る舞い)ではありますが、とても許されることではなく、本人も猛省しております。
今後、二度とこのような(失態/こと)のないよう厳しく(指導/申し渡し)ましたので、どうか今回ばかりは、お許しいただきますようお願い申し上げます。
(甚だ略儀ではありますが、まずは/取り急ぎ、/改めて本人ともどもお詫びにお伺いいたしますが、まずは)書面にてお詫び申し上げます。

敬具/敬白

株式会社ΟОО
(役職) ΟООΟ

株式会社ΟОО
(役職)ΟООΟ 様

怒らせた 詫び状文例(友達宛)

前略 (先日/この前/ΟΟのこと)は、本当に悪いと思ってます。(許してください/ごめんなさい)。
または
前略 (昨晩/先日)は、(君の気持ちもを考えずに(嫌なことを言って/余計なことをして)怒らせてしまい/悪ふざけが過ぎて/不愉快な思いにさせて/機嫌を損ねるようなことをして)しまって、本当に(面目ない/申し訳ありませんでした)。
または
前略 昨日は、君を怒らせるつもりなかったのですが、あんななことになってしまい、(すみませんでした/すまなかったね)。
 
(僕/私)としては、君を怒らせるつもりは全くなくて(友人として(忠告/助言/激励)したつもりでした/良かれと思ってしたことでした)のですが、(自分の(浅はかさ/軽率な言動をしたこと/考えの甘さ)を/君を怒らす結果となって)(今更ながら/今は)深く反省しています。
または
(本当に申し訳ないのだけど/謝ってすむものではないないですが)、(友だち甲斐のないことをしてしまい/自分でもあんなことを(して/言って)しまったのかと/あんな酷いことをしてしまい)、(自分が情けななくなります/本当に申し訳なく思っています/心から反省しています)。
または
あの時は(僕も(興奮し/頭にき)てたから/お互い喧嘩腰になってたから/自分が(した/言った)ことでなんで怒るのか)理解なかったけど、後で(よく考えて/冷静ないなって)やっと僕(の言い方が悪かった/僕が悪かった/の考えてが間違っていた)と(気づいて/分かって)今では深く反省しています。
 
(君に(あんな(酷い/失礼)ことを(言って/して)怒らせて/あなた(に嫌/を不愉快)な思いをさせて)おきながら許して(もらおうとしても無理でしょうが、/くれと言うのは気が引けるけど)(謝罪/お詫び)の気持ちだけでも汲み取ってもらえればありがたいです。
または
(まだ、怒っているでしょうが/許してはもらえないかもしれませんが/絶交されてもしがたないですが)、(僕/私)は君を(馬鹿にするために/ΟΟさせたくて)あんなことを(言った/した)のではないことだけは分かってもら(えれば嬉しいです/いたいと思ってこれを書いています)。そして、もし(よければ/許してくれるのなら)(また仲良くしてしてください。お願いします/仲直りしてください。/前と同じように仲良くしてもらえれたらと願っています)。
または
ついては、今後(絶対に/二度と)(君にあんな(こと/酷いこと)をしない(から/よに肝に銘じるておくから)、今回だけは許ししてください。お願いします。
 
(昨晩/先日/この前のこと)のお詫び(まで/とお願いまで)。

早 々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ (君へ/さん/様)

怒らせた 詫び状文例(目上の方宛)

(拝啓/急啓/前略) (先日/先般)(のОΟことでは/は)、私の(いい加減ОΟ/軽率な言動/非常識な行動/(失礼/無礼)な振る舞い)でОΟ(様/ΟΟ)(を(激怒さ/怒)らせて/の逆鱗に触れて/に不愉快な思いにさせて)しまいましたこと、深くお詫び申し上げます。
または
前略 (昨日/昨夜/先般)の(ОΟ会におきまして/ΟΟ会議の席上で/ΟΟでは)ОΟ(様/部長)(を怒らせてしまい/に慇懃無礼[いんぎんぶれい-表面丁寧で礼儀正しいが、尊大で無礼なこと]と感じられてもしかたがないことをなして/甚だ無礼なことを申して)しまいましたこと、深くお詫び申し上げます。
または
前略 (昨夜/昨日/先日)のОΟで、(私が/酒に酔って/泥酔してして)ОΟ(様/ΟΟ)(を怒らせて/に不愉快な思いにさせて)しまったことを(思い出し/同席しておりましたОΟ(君/から)らその時の状況を聞き)、(取り急ぎ/何はともあれ/まずは)(お詫び/謝罪)いたしたく存じ、(メールをした/筆を取った)次第です。
または
前略 この度は、(先日/先般)の(ОΟこと/不始末/無礼な行い)に関してのお詫びを申し上げたく、筆を取った次第です。
 
この度は、私が(尊大な態度/無礼な物言い/失礼は振る舞い)したがために(日頃より(何かとお世話になってる/親しくしていただいておる)/何かと(気/目)にかけていただいている/折角お誘いいただいた/貴重なお時間を頂戴した)ОΟ(に甚だ不愉快な思いをさせて/をおこらせて)しまい、自身の(言動/なしてしまったこと)を恥じるとともに今更ながら(後悔/深く反省)しております)。
または
先日のことは、(全く私の不徳の致すところであり/日頃より親しくしていただいていることの気安さに甘えてしまったことが原因ですし/ついつい感情的になってしまたのが悪いのでありまして/私が自身に非があることを認めようとしなかったことが原因であることは明白であり)、(弁明の余地もなく/許されない過ちを犯したことを)深く反省しておる次第です。
または
(昨夜/先日/ΟΟの時)は、(泥酔の余り(断片的な/全く自身がなしたことの)記憶をなくてしまった/(普段飲み慣れない酒をついつい飲んで/疲れていたせいで酒の廻りが早く)我を忘れてしまっていた)(としても/とはいえ)、(ОΟ(様/部長)/私がなしたことへ)のお怒りはご最もであり、(自身の(行い/情けなさ/愚かな振る舞い)を恥/今更ながら後悔し)、深く反省しております。
 
ОΟ(様/部長)(のお怒りはご最もなことで/に無礼をはたらいておきながら/を不愉快な思いをさせて)お許し(を頂戴できるとは存じません/を請のもはばかりますが)、(謝罪/お詫び)の(意/気持ち)だけでもお汲み取りいただだけましたら(幸いにです/幸甚に存じます)。
または
(かかるうえは/今後は)、(宴席での酒を(絶つ覚悟です/控えます)/二度と同様のことをなさないことをお誓いします)ので、今回ばかりは(お許していただきます/ご寛容賜ります)よう伏してお願い申し上げます。
または
ОΟ(様/部長)(のお怒りをかって/のご厚誼を踏みにじることをして/に取り返しがきかない(無礼をはたらいて/失礼なことをして/不愉快な思いをさせて)しまい、(今は/私のできることは)(ただただОΟにお許しをいただけますようお願いするばかりです/ΟΟ様の温情にすがりお許しを賜りますよう伏してお願いする次第です)。
 
(もし可能であれば、/改めて/できますれば、)(お伺いしてお詫びを/拝眉にてお詫び)申し上げたく存じますが、まずは書中にてお詫びを申し上げた次第です。
または
取り急ぎ、(昨日/先日)のお詫びまで申し上げます。

早 々

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

孫を甘やかせて怒られた お詫び/反省文 メール文例

件名:(ОΟのこと悪かった/ΟΟを甘やかしてすまなかった/昨日のこと謝るよ)


ОΟ、(昨日/この前)はОΟ(にОΟ買って上げて/ΟΟして上げて/を甘やかしてしまって)(悪かった/すまないな)。
または
(昨日/この前)は、(ОΟの育て方についてまで口出してしまって悪かった/お前たちのことなのに口出しし過ぎたようだね)。
(謝るよ/反省してるよ)。
または
(この前/昨日)は、お前たちからΟΟ(にお小遣いをやるなといわれているのに内緒でお小遣いを上げて/を甘やかすなといわれているのにОΟしてしまって)(悪かった/すまなかった)。お(父/母)さんとても反省してるよ。
 
(ОΟ/お前)から(何度も/再三)ОΟ(を甘やかすな/にお小遣いをやるな/おかしを買って上げるな)といわれている(のに/のにもかかわらず)、(勝手なことをしたん/それを聞かなくて勝手なことをしたん)だからお前が怒るのも当然で、お(父/母)さんも(今/今回)は本当に(悪かったと反省しています/反省しているよ)。
または
お前たちが(ОΟのため思ってしている/考えてしている)ことをなのにお(父/母)さんたちが、勝手なことをして(水の泡/台無し)にしてしまたみたいで、申し訳ない気持で一杯です。
でも、お(父/母)さんも(ОΟのことは可愛いし、悪気はなかったことは分かってくださいね/良かれと思ってしたことだから許してね)。
または
(ОΟ/お前)が、ОΟ(強く育て欲しいと願っている/にお金の大事さを教えたいと思っている/を甘やかさないようにして育てていくと決めている)のは(重々承知している/よく分かっている)んだけど、おじいちゃんからすると可愛い孫から(おねだりされるとだめだともいえないんだ/いわれるとついつい聞いてしまうんだよ)。
 
これからは、お前たちの許可なく(小遣いをあげたり/何かを買ってあげたり/ΟΟをしてあげたり)しない(から/と誓うから)、今回の(こと/だけ)は(許して/勘弁して)ね。
または
今後、二度と(同じことをしない/ΟΟを甘やかさない)からΟΟ(勝手に会わせない/と会わせない)なんかいわないでくれな。お願いします。
または
(まだ、怒っているだろうけど/直ぐに許してくれないだろうけど)、お(父/母)さん反省しているから今回のことだけは勘弁して(くれな/ください)。
 
*************************
      署名
*************************

お節介で怒らせた お詫び/反省文 メール文例


件名:(ОΟのこと悪かったね/ΟΟのことお節介が過ぎたみたでしたごめん/昨日のことごめんね/ΟΟのことのお詫び)


ОΟ、(昨日/この前)は(少しお節介が過ぎ/お前たちのことに口を出しすぎ)(たと反省してます/ましたね。ごめんなさい)。
または
この前のこと本当に(ごめんね/悪かった/すまないな)。
または
(昨日/この前)のこと(ちゃんと/改めた)(謝りたくて/謝ろうと)メールしました。
本当に(ごめん/すまなかった/反省してるよ)。
 
でもね、お(父/母)さん(たち)も(お前たちのこと(を思って/気遣って/が心配で)したことなんです/悪気があってしたことじゃないんですよ)。
(それだけは分かってください/だから許してね)。
または
(お前たち/お前/ΟΟ)のためとは(いえ/いっても)、(少しばかり/ついつい)(お節介が過ぎてしまって/口出しし過ぎた/夫婦のことまで立ち入ってしまって/子供の教育にまで口を出してしまって)、(すまなかったと思ってます/悪かったと反省してます/反省してます)。
または
この前(お前/ΟΟ)(に言われて/が、怒ったので)やっと(私たちのお節介が過ぎていたことに気付いて/お前たちがΟΟをしてあげていることを(疎ましく/嫌だ/お節介)だと分かり)(今更だけど/今は)本当に反省しています。
または
(ОΟ/お前)から(何度も/再三)ОΟ(はしなくていい/夫婦にことに口出ししないで)と言われていたのに、それを聞かなくて(すまなかった/ごめんなさい)。
(今/今度)は本当に(悪かったと反省しています/心から反省しているよ)。
 
これからは、(お節介なことはしない/ΟΟはしない/(ОΟ/お前たち)に頼まれなかったらОΟはしない)(から/と誓うから)、今回の(こと/だけ)は(許して/勘弁して)ね。
または
今後、絶対に(あんなことはしない/ΟΟはしない)から(許してね/今回のことは勘弁してね/機嫌なおしてね)。
または
(まだ、怒っているだろうけど/直ぐに(機嫌直して/許して)くれないだろうけど)、お(父/母)さん反省しているから今回は許して(くれな/ください)。
 
*************************
      署名
*************************

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項