個人的詫び状(子供が怪我をさせた)_お詫び/謝罪_文例と書き方

個人的詫び状(子供が怪我をさせた)_お詫び/謝罪_文例

-スポンサードリンク-
-スポンサードリンク-
個人的詫び状(子供が怪我をさせた)_お詫び/謝罪の文例-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

(拝啓/急啓/前略)
(先日/先般/この度)は、私の(長男/長女)(子の名:○○)(が友人(○名/等)ともに/が)、○○(君/さん)に対して(一方的に/数人かかりで)(暴力/粗暴な行為)に及び(○○君/さん)(に全治○日の怪我をさせてしまい、○○の(親/保護者)として深くお詫び申し上げます。
または
(先日/先般/この度)は、私の(長男/長女)(子の名:○○)(の粗暴な振る舞いで/の自制心を欠いた/が暴力行為に及び)○○(様/先生)にお怪我をさせてしまいましたこと、○○の(親/保護者)として深くお詫び申し上げます。
または
私は、(先日/先般)ΟΟ様にお怪我をさせてしまいまいた(子の名:○○)の(保護者/父親/親)です。
この度は、私の(長男/長女)(子の名:○○)が(些細なことで因縁をつけた/ΟΟ様には一切の非がないにもかかわず、理不尽なことを申した)挙句、暴力(を振るい/行為に及び)お怪我(まで負わせて/をさせて)しまいましたこと、(子供に代わり/保護者として/まずは)深くお詫び申し上げげます。
または
ΟΟ様におかれましては、その後お怪我の具合はいかがでしょうか。わが子の(粗暴な振る舞い/不始末)でΟΟ様にお怪我をさせてしまい、(改めまして/重ねて)深くお詫びを申し上げます。
 
保護者として我が子が、こともあろうに(暴力で他人を傷つけるような/同級生に対して暴力を振るうという)(大それたことして/大きな過ちを犯して)しまい、私どもの○○に対する(躾/監督/指導)に至らない点があったことを猛省している次第です。
または
その時は、(本人/○○)(は遊びのつもりでしたと申しておりますが/に負傷させるつもりはなかったとはいえ)、○○(君/さん)にお怪我を負わせてしまい、(本人/○○)も今更ながら後悔するとともに、深く反省しています。
または
本人は(その時/先生からご注意を受けた時)、(精神的に不安定で自己の感情を抑えきれなかった/ついつい逆上してしまった/他の(学生/児童/友人)と一緒で他の人がなすがままに自身もそれに加わった)と申しておりますが、暴力を振るうことは(如何なる理由であれ/決して)許されることはなく、本人も(今では/今更ながら)後悔するとともに深く反省いたしております。
または
親としては、普段から(粗暴な振る舞い/気に入らないと暴力を振るう性格/気性の荒いところ)が見受けられていたので、(○○には厳しく指導していたつもりでしたが/私どもも注意を払ってはおりましたが)、(今回このような事態を招いてしまい/ついに暴力行為をなして/取り返しのつかない過ちまで犯して)しまい、(私ども監督不行き届きを痛感し、/(改めるさせることができずに放置してしまったことを/諭せなかったことを)深く反省しておる次第です)。
 
今回のことで本人もその結果が重大なこととなることを理解したようで、二度と(暴力を振るわない/粗暴な行為をなさない)と誓っておりますし、親としても○○の素行に注意を払ってまいる所存でありますので、今回に限りましては(内々にお収めいただけ/ご寛容賜り)ますよう(伏して)お願い申し上げます。
または
(今回に限って/本人が深く反省していることから)警察への被害届を控えていただ(き心より感謝いたしますとともに/いたご恩を無にしないよう)、二度と(同様/このよううな)ことを繰り返さないよう保護者として監督、指導してまいる(所存です/ことをお誓いします/ます)。
または
今回暴力を振るってしまい、本人もその結果が重大なこととなることを理解し、二度と粗暴な振る舞いをしないと誓い、親としては○○の行動に細心の注意を払ってまいる所存でありますので、今回に限りましては(警察への被害届の提出を控えていただけ/ご(寛大/容赦)を賜り)ますよう伏してお願い申し上げます。
または
ΟΟ様にお怪我をさせてしまい、(ただただΟΟ様にお許しをいただけますようお願いするばかりです/ΟΟ様の温情にすがりお許しを賜りますよう伏してお願いする次第です)。
または
この度にことは、(全くもって弁解の余地もなく私の不始末/社会人としてあるまじき行為/自身ので責任)あり、ΟΟ様には(お怒りと/許し難い)とは存じますが、(何卒/どうか)今回ばかりは(示談ということで収めていただけますよう/警察への被害届を控えていただきますよう)伏してお願い申し上げます。
 
(後日改めてお伺いしてお詫びを申し上げたく存じますが、まずは/ΟΟ様にご迷惑をおかけしてしまった)お詫び(のしるしとして/の意を表したく)、(粗菓/粗品/ささやかな品)をお送りしますのでご査収いただけますようお願いいたします。
または
(療養/治療)の(お邪魔をする/心を乱すようなことをする)のは本意ではございませんので、(略儀ながら/まずは)書中にてお詫びとお見舞いを申し上げます。
または
(改めて/近く/近々)○○ともどもお伺いいたしたく存じますが、(まずは/取り急ぎ/甚だ略儀ではありますが、まずは)書中にてお詫び(とお願いを)申し上げ(ます/た次第です)。
または
(誠に失礼ながら/甚だ略儀ながら/取り急ぎ)、書中にてお詫び(とお願いを)申し上げます。

敬具/早々

平成О年О月О日

○年○組ΟООΟ
保護者 ΟООΟ

○○○○ (君へ/さんへ/君ご家族の皆様/様)

-スポンサードリンク-

個人的詫び状/謝罪/反省文例/メールと書き方

各種個人的詫び状/謝罪の文例と書き方一覧と詫び状関連コンテンツです。

個人的詫び状/謝罪文例一覧

関連文例&コンテンツ

5月季節/時候の挨拶

5月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
5月上旬 (若葉/新緑/葉桜/立夏)の(候/みぎり)
5月中旬 (青葉/薫風/万葉/緑樹)の(候/みぎり)
5月下旬 (残春/惜春/暮春/軽暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載についてsite_map