個人的詫び状(SNSの不適切投稿/発言)_お詫び/謝罪/反省_文例と書き方

個人的詫び状(SNSの不適切投稿/発言)_お詫び/謝罪/反省_文例

個人的詫び状(SNSの不適切投稿/発言)_お詫び/謝罪/反省の文例-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

(拝啓/急啓/前略)
この度は、私の(Facebook/Twitter/管理するブログ/○○)で(貴店にご来店したお客様に関して(甚だ失礼/無礼/非礼)なことを投稿/(貴社/ΟΟ様)に関して誠に不適切な発言を/勝手に○○を撮影して許可も得ずにそれを投稿/ΟΟ様(を不愉快にする/に不快な思いをさせる)投稿/貴社の信用を失墜しかねない投稿)してしまいましたこと、深くお詫び申し上げます。
または
(この度は、/私の(Facebook/Twitter/管理するブログ/○○)の投稿で)(誠に不適切な発言をして/一部の方を(非難/中傷/差別)していると受け取られても仕方がない内容の投稿を/○○に関して全く(個人的で偏見に満ちた/偏見と差別的/非常識な/公序良俗に反する/社会秩序を乱す)(投稿/発言)をしてしまいましたこと、深くお詫び申し上げます。
または
(この度/この前)は、私の(認識の甘さ/軽率な投稿)から○○さんを(不愉快にして/傷つけて)しまい、(ごめんなさい/本当にすみませんでした/心からお詫びいたします)。
 
投稿は、(何気ない気持ちで/これくらいなら問題ないだろうと思いで/匿名なので誰にも誰が投稿したかわからないと思い/一時的な感情の高ぶりを抑制できなくて/怒りに任せて/酔った勢いもあって)したのですが、(思慮が足りなかったと/よくよく考えるとなんであのようなことを書いたのか今更ながら/自身の不甲斐なさを/自分自身の考えの浅はかさを思い知り)(後悔するばかりです/反省しております)。
または
投稿をした日は、(少しイライラしていて/感情的になっていて)(自身をコントロールできずに/自制心がきかずに)あのような(酷い/非常識)内容の投稿をしてしまい、今更ながら後悔と反省をしています。
または
今回問題となった投稿は、(私がつい感情的になって/○○の対応に関して厳しい叱責を受けてつい頭に血が上って/多忙のため、ついつい(おざなりな/適当な/個人的な考えだけで)(投稿/反応/発言)してしまい)、このような重大な問題を招いてしまいましたことを深く反省しております。
または
(実は/正直申しまして)、(自身の意見を/○○のことを書いて)投稿することに関して(特に意識したことがなく/注意を受けたこともなく)、今回貴社から(ご注意/ご指摘/抗議)をいただき、自身の(無知を恥/軽率さを痛感し)、深く反省いたしております。
 
今後は、自身の(記事/投稿)内容に関して不適切な記述がないか細心の注意を払いますので、今回に限りまして(お許しいただけます/ご寛容賜ります)ようお願い申し上げます。
または
この度のことで貴社の信用を(損なって/傷つけて/損ないかねない状況を招いて)しまい、(簡単にお許しいただけると思いませんが、私の謝罪の気持だけ汲みとってくれてば幸いに存じます/お許しを請うのもおこがましいく、ただただお詫び申し上げるばかりです)。
または
これからは、(君に迷惑をかけるようなことがないように/不適切な発言をしないように注意)するから、今回だけは許ししてください。お願いします。
 
(誠に失礼ながら/略儀ながら/取り急ぎ)、書中にてお詫び申し上げます。
または
この度の不始末に関しまして本書をもちまして深くお詫び申し上る次第です 。
または
取り急ぎ、(昨日/先日)のお詫びまで申し上げます。

早々/敬具

平成О年О月О日

ΟООΟ

○○株式会社
ΟООΟ 様 または
ΟООΟ (さん/君へ/様)


9月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

9月上旬
初秋の候
新秋の候
新涼の候

9月中旬
白露の候
爽秋の候
秋晴の候

9月下旬
涼風の候
秋冷の候
孟秋の候

個人的詫び状/謝罪/反省文例/メールと書き方

各種個人的詫び状/謝罪の文例と書き方一覧と詫び状関連コンテンツです。

個人的詫び状/謝罪文例一覧

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について