原稿締め切り延長のお願い 依頼メール 文例

原稿締め切り延長のお願い 依頼メール 文例 - 文例は、コピーしてご利用いただけます。 文例中には、文章作成に役立つよう書き換えの語や句、文章が入れられてます。 状況や心情に合った語句や文章を選んでご利用ください。

原稿締め切り延長依頼 依頼メール 文例


件名:(原稿締め切り延長のお願い/〇〇原稿の件)


〇〇〇〇 様
 
〇〇の〇〇です。
 
(さて/早速ながら)、誠に勝手なお願いとなりますが、(先日ご依頼のあった/先般お引き受けした)原稿の件、(恐れ入ります/恐縮です)が、締め切りを延ばしていただ(けないかのご相談でメールしました/けないでしょうか)。
 
(貴社/〇〇様)には、(誠に恐縮でありますが/(本当に/誠に)申し訳ないのです)が、原稿の締め切りを数日ばかり延ばしていただけませんでしょうか。
(実は/急なことですが/私の勝手な都合ですが)、(出張にいかざるを得なくなり/体調が優れませんで/どうしても抜けれない仕事が入ってしまい/身内に不幸があり)、〇日までに原稿を仕上げることができそうもありませんで、(〇日までご猶予をいただければ幸いに存じます/(無理は/ご迷惑をおかけするのは)承知でお願いをした次第です)。
 
ご迷惑をおかけして申し訳ないのでありますが、何卒ご配慮いただきますようお願いいたします。
 
取り急ぎ、お願いまで申し上げます。
 
*************************
      署名
*************************

関連文例一覧

原稿締め切り延長依頼 依頼メール 文例


件名:(原稿締め切り延長のお願い/〇〇氏のインタビュー記事の件)


〇〇〇〇株式会社
〇〇〇〇 様
 
〇〇〇企画
〇〇です。
 
早速ながら依頼されてました(〇〇社取材/〇〇氏のインタビュー)記事の件ですが、 (〇〇氏が多忙のため/〇〇社から取材に対するよい返事がなかなかいただけず)、 いまのところ記事を書くことできていません。
 
取材ができるように鋭意(〇〇氏/〇〇社)とは取材交渉をしてますが、 (見通しが立たないのが正直なところです /残念ながら近々に取材ができる見込みはありません)。
 
つきましては、当初予定してた〇月末の入稿はできませんので、(ご了解ください/お詫びいたします)。
〇〇様には、ご迷惑をおかけして申し訳ないのでありますが、どうかご対応よろしくお願いいたします。
または
できる限り早く(〇〇氏とアポが取れよう/〇〇社から取材の許可を取るよう)交渉してますので、今しばらくお待ちいただきますようお願いします。
なお、このような状況でありますので、少なくとも次号での記事の掲載はできないこと、ご承知おきください。
 
取り急ぎ、入稿遅れの(お詫びとご報告まで/)。
 
*************************
      署名
*************************

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項