依頼状(製品(破損/汚損)の回収/返送_会社宛)メール文例と書き方

依頼状(製品(破損/汚損)の回収/返送_会社宛)メール文例

依頼状(製品(破損/汚損)の回収/返送_会社宛)メール文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

件名:(○○不良お詫びと返送のお願い/「○○」(破損/汚損)の件/(○○/ご注文品/商品/製品)(破損/汚損)のお詫びと返送のお願い)


ΟΟΟΟ 株式会社
(部署名) ΟООΟ 様
 
株式会社○○○(営業部/○○部)○○(と申します/です)。
平素は、(大変お世話になっております/弊社製品をご愛顧いただき、心よりお礼申し上げます)。
 
(まずは/さて)、この度は、納品した○○に(キズ/破損/汚れ)がみられるとのことで、貴社に(多大なご迷惑/ご不便)をおかけしておりますこと、深くお詫び申し上げます。
または
この度は、弊社よりお送りしました○○が(破損/汚れて)いたとのことで、(心より/衷心より/深く)お詫び申し上げます。
 
(破損して/傷が付いて)いた○○は、(至急交換/良品に交換)させていただきます。
または
つきましたは、(至急/本日にも)(別の○○/交換品)を(発送/お送り/お届け)いたしますので、お受け取りください。
 
なお、お手元の不良品については、(○日に/近日中に/ご担当者様と調整して)(宅急便を集配に向わせます/営業担当がお伺いさせていただきます/(代理店の者/保守員)を取りに行かせます)ので、ご対応の程よろしくお願い申し上げます。
または
なお、(誠に/お手数おかけして)(申し訳ありませんが/心苦しいのですが)、(破損した/汚損がみられる/お手元の)○○は下記へ着払いにてご返送いたますようお願い申し上げます。
 
今後は、再度同様のことがないよう対策を講じてまいりますので、変わらぬお引き立てを賜りますようお願いいたします。
または
本件に関しましては、(原因と対策をご報告させていただきます/その原因を徹底的に調査し、再度同様のことが発生しないよう対策を講じる所存であります)ので、今回の件(ご容赦/寛容)たまわりりますようお願い申し上げます。
または
(日程等の調整などについては/本件に関しましては)、営業担当○○が責任もって対応いたしますので、(何なりとお申し付け/ご不明なことがありましたらお問い合わせ)ください。
 
取り急ぎ、製品(破損/汚損)のお詫とお願いまで申し上げます。
または
改めてご報告にお伺いいたしますが、まずは、お詫びとお願いを申し上げます。
 
------------記------------
 
1.商品送り先
  〒000-0000
  ΟΟ県ΟΟ市ΟΟ区ΟΟ000
  株式会社ΟΟΟΟ
  ΟΟΟ部ΟΟ課 ΟΟ宛
  電話番号 000-0000-0000
2.問い合わせ担当者
  ΟΟ部ΟΟ課 担当ΟΟ
  電話番号 000-0000-0000
  メールアドレス yyyyy@ddddd.ne.jp
 
*************************
      署名
*************************


8月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

8月上旬
避暑の候
新涼の候
納涼の候

8月中旬
残炎の候
残暑の候
残夏の候

8月下旬
暮夏の候
晩夏の候
向秋の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について