不良品交換/回収/改修 依頼状文例/メールと書き方

不具合/リコールによる訪問改修 依頼メール文例(個人宛)

不良品交換/回収/改修の依頼状文例/メールと書き方-掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例/例文はテンプレートとしてコピー&ペーストして利用いただけます。 文章は、社内か客先宛など様々な状況で書き方が異なり、状況や目的に一致する文例を提供できません。そのため当サイトの文例又は例文には文章作成の一助として多数の書き換え語句や文章を挿入してあります。状況や心情に応じて選択してご利用ください。

件名:(「ОΟ」不具合のお詫びと訪問改修のお願い/「ОΟ」不具合の件/ΟΟ不具合について)


ΟООΟ 様
 
株式会社ООΟ(営業部/ОΟ部)ОΟ(と申します/です)。
 
(平素/この度/ΟΟ様に)は、弊社製品をご(使用/利用/購入)いただき心よりお礼申し上げます。
 
この度は、弊社製品「ОΟ」のユーザー登録をしていただいてる皆様方「ОΟ」の不具合に関してお伝えしたいことがありまして、メールいたしました。
または
この度は、ΟΟ様(にご購入いただいた/にお使いいただいている)弊社製品「ОΟ」の不具合に関して(お伝え/お知らせいた/ご報告いた)したいことがありまして、(不躾ながら/まずは/取り急ぎ)メールいたした次第です。
または
早速ながら、ΟΟ様よりご指摘いただいた不具合に関して弊社において社内調査をしたところ「ОΟ」に(設計/(障害/故障/発火/ΟΟ)につながる)不具合が(確認/判明)いたしましたので、ご連絡をさし上げました。
 
実は、ΟΟ様にご(購入いただた/使用いただいております)ОΟに(設計上の不具合が判明しいたしました/部品強度の問題によるリコールすることとなりました)。
または
(ΟΟ様からのご指摘で製品の/(先般/先頃)、「ОΟ」使用中に事故が発生したのを受け)調査したところ、「ОΟ」に(設計/(障害/故障/発火/ΟΟ)につながる)不具合が(確認/判明)しまして(出荷/設置)した全製品について(部品交換/改修)をすることと相成りました。
 
この不具合は、通常の使用では発生しませんが、ОΟな状況で稀に起きるものであり、当社保守員により部品の交換をさえていただきたく存じます。
または
今回判明した不具合は、ОΟを通常使用している際に(ОΟ/高温)になる可能性があるというものであり、誠に申し訳ないことでありますが、(部品交換/改修)をするまでは、ご使用を控えるともに速やかに(部品の交換/作業)をさせていただけますようお願いいたします。
または
今回のリコールは、特定の部品(に負荷がかかり/の強度不足で)(故障/ΟΟの破損)を避けるために訪問にて部品交換をさせていただけますようお願いいたします。
 
ΟΟ様には大変お手数ではありますが、下記の訪問改修に関する各事項を記載し、ご返信いただきますようお願い申し上げます。
または
つきましては、(近いうちに/後日)(設置をした工事担当者/販売代理店/弊社、保守担当)より、ご連絡をさし上げますので、訪問可能な日程をご(相談/指定)いただきますようお願い申し上げます。
 
皆様には、多大なご迷惑とご(不便/不安)をおかけしますが、どうか(使用中の事故/故障)を避けるためにお時間を頂戴できますようお願い申し上げます。
または
なお、本件に関しましては、下記の(お客様センター/ΟΟ)が対応いたしますので、ご不明なことがありましたらメールまたはお電話でお問い合わせください。
 
取り急ぎ、(リコール/製品不具合)のご報告と訪問改修のお願いまで申し上げます。
 
------------記------------
 
1.訪問改修に関する調査事項
 1)・・・・・
 2)・・・・・
 3)・・・・・
2.問い合わせ先
 株式会社ΟΟΟΟ
 ΟΟΟ部ΟΟ課
 電話番号 000-0000-0000
 メールアドレス yyyyy@ddddd.ne.jp
 
*************************
      署名
*************************

【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例又は例文は【ОΟ文例/例文】、メールは【ОΟメール文例/例文】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例/例文】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

不具合/リコールによる訪問改修 依頼メール文例(取引先宛)

▼クリックで表示/非表示切替▼

不良品の交換/返送 依頼メール文例(個人宛)

▼クリックで表示/非表示切替▼

破損/汚損商品の交換/返送 依頼メール文例(個人宛)

▼クリックで表示/非表示切替▼

関連文例&コンテンツ

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について