承諾(依頼返信_残高確認)メール文例と書き方

承諾(依頼返信_残高確認)メール文例

承諾(依頼返信_残高確認)メール文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

件名:(残高調査のご依頼、承りました/残高確認の件、承知しました/残高確認の件)


○○○(会社名)
(役職)○○ΟΟ様
 
(日頃より、ご愛顧賜り感謝申し上げます/お世話になっております)。
○○株式会社 (経理/○○)部○○です。
 
(未払い金/売掛金/○月末残高)(確認/に関する調査)の件、(承知いたしました/確かに承りました)。
(本日中に/明日には)、調査して(メール/FAX/ご報告)させていただきます。
取り急ぎ、ご依頼の件、承りのご連絡まで申し上げます。
 
または
 
さて、○月末における(未払い金/売掛金/支払い残)(が、貴社と不整合となっている/の残額が予定と異なる)とのご指摘、承りました。
(ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、調査には時間を要します/(早速/至急)、弊社でも調査いたします)ので、今しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。
(調査が終了しましたら直ちにご報告申し上げます/万が一弊社の支払い額に誤りがありましたら直ちにお支払いいたします)。
取り急ぎ、ご依頼の件、承りのご連絡まで申し上げます。
 
または
 
早速ではありますが、残高確認のご依頼を受け(予備調査/担当に聞いた)ところ(一部の支払いが滞っていたようであります/弊社にミスがあったことが判明しました)。
(誠に申し訳ございません。/ご迷惑をおかけしておりますこと、)深くお詫び申し上げます。
 
未払いの金額については、(調査終了後/貴社との残額と(のすり合せをした/整合性がとれるようした)後)、直ちに(お支払い/お振込みをさせて)いたします。
または
現在、貴社の○○に関して他にもそのような(ミス/未払い)がないか、調査を進めておりますので、今しばらくご猶予を頂戴しますようお願いいたします。
差額が確定しましたら直ちに(お支払い/お振込みをさせて)いたします。
 
今後、このよなことのないよう(肝に銘じて/注意して)まいりますので、この度のこと何卒ご寛容賜りますようお願い申し上げます。
まずは、未払いの件、お詫びまで申し上げます。
または
未払い額は、明日までに確定してご報告申し上げますが、まずは、お詫びまで申し上げます。
 
*************************
      署名
*************************


8月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

8月上旬
避暑の候
新涼の候
納涼の候

8月中旬
残炎の候
残暑の候
残夏の候

8月下旬
暮夏の候
晩夏の候
向秋の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について