個人的詫び状(交通事故_重篤人身_本人宛)_お詫び/謝罪_文例と書き方

個人的詫び状(交通事故_重篤人身_本人宛)_お詫び/謝罪_文例

個人的詫び状(交通事故_重篤人身_本人宛)_お詫び/謝罪の文例-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

(拝啓/急啓/前略)
この度の事故では、(ΟΟ様/ΟΟ様並びにご家族様)に(心よりのお見舞いを/対しまして、深くお詫び)申し上げます。
または
この度のことでΟΟ様には、まだ(入院中/面会できない)とのことで、心よりお見舞い申し上げる次第です。
または
ΟΟ様におかれましては、(お加減はいかがでしょうか/その後お怪我の具合はいかがでしょうか)。
この度の事故では私に(全面的な過失があり/も責任の一端があり/も責任があり)、ΟΟ様(に申し訳ない気持ちで一杯です/(心/衷心)よりお詫び申し上げます/心よりのお見舞いを申し上げます)。
 
この度のことは、(私の(○○/不注意)が原因でありまして/私が○○(無視/違反/不注意)をしたことが原因で/一切の非は私にあり)、今更ながら深く反省しておる次第です。
または
この度の事故は、私が(前をよく見てなかったのが/○○を怠ったことも/スピードと出しすぎたのが)(一因となったと警察もみて/原因と警察も認定して)おり、(ただただお怪我をせてしまったΟΟ様に申し訳にない気持ちで一杯であります/自身の責任を痛感して深く反省しております)。
または
事故原因は、現在警察が検証しておりますが、(私に全く非がないことは(ありえず/明白)/私に責任の一端あることは免れない事実であり)、(自身の不注意を/今更ながら/今は)深く反省しております。
または
事故原因(はともかくも/については警察が検証中で言及は控えますが、)この事故で○○が(大怪我/全治○ヶ月もの怪我)をされてご(不便/不自由)(をかけて申し訳ない思うばかりです/な生活を思うと道義的に責任を痛感しております)。
または
事故の原因(はまだ検証中で分からないです/が判明しておりません)が、私が運転する車との事故でΟΟ様がお怪我をされているとのことで、私も(心配して/心を痛めて)(おる次第です/おります)。
 
この度の事故は、(一切の責任は私に/全く私の責任で)あることを認めて(治療費/治療費及びご迷惑をおかけしたお詫びも含めて/当然ながら治療費は私が負担いたします)ので、(何卒/どうか)ご示談に応じていただきますよう伏してお願い申し上げます。
または
事故の詳細が判明しましたら私の加入しております保険会社よりご連絡をさし上げることとなりますので、(お手数ではありますが/療養中にご(迷惑をおかけして申し訳ありません/手間をではあります)が)、(ご対応の程よろしく/示談での解決にご協力を賜りますよう)お願い申し上げます。
または
(誠に申し訳ないでありますが/今後は/保険会社の指示もあり)、私個人(での示談交渉は/で事故の責任等について話をすることが)できまんが、事故の責任は当然があると認識しており、ここに改めてΟΟ様にはお詫びするとともにご示談に関してご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
 
(後日改めてにお伺いしてお詫びとお見舞いを申し上げたく存じますが、まずは/ΟΟ様にご迷惑をおかけしてしまった)お詫びとお見舞いとして(粗菓/粗品/ささやかな品)をお送りしますのでご査収いただけますようお願いいたします。
または
なお、心ばかりの(お見舞い/お詫び)のしるしとしまして(粗菓/粗品)をお届けいたします。どうかご受納ください。
(甚だ略儀でありますが/取り急ぎ)、書面にて(お見舞い/お詫び)申し上げますとともにΟΟ様のご回復を心よりお祈り申し上げております。
または
(入院中とのことなので(療養/治療)の(お邪魔をする/心を乱すようなことをする)のは本意ではございませんので、(略儀ながら/まずは)書中にてお詫びとお見舞いを申し上げます。
または
(改めて/近く/改めて(ご相談/お見舞い)に)お伺いいたしたく存じますが、(まずは/取り急ぎ/甚だ略儀ではありますが、まずは)書中にてお詫び(とお願いを)申し上げ(ます/た次第です)。
または
(誠に失礼ながら/甚だ略儀ながら/取り急ぎ/改めて)、書中にてお詫び(とお願いを)申し上げます。

早々/敬具

平成О年О月О日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

個人的詫び状/謝罪/反省文例/メールと書き方

各種個人的詫び状/謝罪の文例と書き方一覧と詫び状関連コンテンツです。

個人的詫び状/謝罪文例一覧

6月季節/時候の挨拶

6月時候の挨拶 [詳細:時候の挨拶と結びをご参照ください。)
6月上旬 (入梅/薄暑/麦秋)の(候/みぎり)
6月中旬 (梅雨/長雨/短夜)の(候/みぎり)
6月下旬 (梅雨晴れ/初夏/向暑)の(候/みぎり)
ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について