励まし(被災への励まし) 文例,例文,書き方

励まし(被災への励まし) 文例,例文,書き方-当サイトの文例/例文や書式、テンプレート等は、コピー&べーストしてご利用ください。 その多くの文例,例文には、置き換えの文言や意味合いの違う文章が入っています。ご自分の実状や心境に合った表現を選択や変更してご利用ください。
手紙/ハガキの書き方一覧
時候の挨拶   手紙   ハガキ   封筒   宛名   便箋折り方

災害励まし 文例(被災地お見舞い_知人宛)

(前略/冠省) この度の(地震/震災)では、(ΟΟさん/あなた)(お住まいの地域/所/ご自身)も(大きな被害があった/被災されている/避難さている)とのことで、(私/私ども)もたいへん(案じて/心配して)おりましたが、(本日/昨日/先頃)(ΟΟさんからのご連絡/テレビで/インターネットの災害用掲示板)で(ΟΟさん/あなた)の(ご無事と居場所/ご無事と近況)がわかり(急ぎ筆を取りました/お手紙をさし上げた次第です)。
(ΟΟさんのお話では/お聞きしたところ/伝え知るところでは)、(ΟΟさん/君/あなた)やご家族の皆さんも(ご無事/お怪我もされていない)とのことで、(一先ずは/まずは/何はともあれ)(ほっと/一安心/安堵)いたし(ました/ております)。
(とは申しましても/とはいえ/しかしながら)、(未だたいへんな状況とのこと/ご不自由な生活をされているとのこと/何かとご不便があるご様子)で、(私/私ども)に何かできないか(思案しております/考えまし)が、(遠方のため/今の状況では)(何も/大したことも/お手伝い)できませんので、一日も早く(平穏な生活に戻れる/ご自宅に戻れます/復旧できます/元の生活に戻れます)ようひたすら祈っております。
 
(心ばかりのお見舞いお送りします。何か(にお役立て/の足しにして)ください。)
または
(タオルやОΟなどお送りします。お役に立てるかわかりませんが、遠慮なくお受け取りください。
 
(未曾有の大震災に際し/大切なものをなくして/大きな恐怖を感じられて)、(ΟΟさん/君/あなた)やご家族の皆さんの(悲しみ/落胆/ご心労/ご心痛)、(如何ばかりかと察するに余りあります/は、私どもには(測り知れ/推し量ることはでき)ません)が、(強いお気持で/復興を強く信じて/ご家族(一丸となって/の皆さんと力を合わせて)/ΟΟさんのバイタリティーで)この(苦難/苦境/逆境)を(のり越えて/克服/跳ね除けて)ください。
私も(陰ながら/大したことはできませんが/ご一緒に/できる限りの)(協力/支援/応援)いたし(たいと思います/ますので、遠慮なくお申し付けください)。
(まだまだご苦労も多い/避難生活も長くなりご疲労がある)ことでしょうから、(ΟΟさん/君/あなた)やご家族の皆様にはくれぐれも(ご自愛ください/ご無理などされませんようお願いいたします)。
(取り急ぎ/まずは)、書中をもちましてお見舞い申し上げます 。

早 々

令和Ο年Ο月Ο日

ОΟОΟ

関連文例/例文一覧

災害励まし 文例(被災地お見舞い_友達宛)

前略 今度の(地震/震災)で(ΟΟ君/君/お前/あなた)の(所/自身)も(被害があった/被災している/避難してる)と(聞いて/知って/分かって)(俺/皆/俺たち)もとても心配して(します/るよ)。 何しろ連絡を取ろうにも電話が通じないし、そこに行きたくても道路も使えないしで途方にくれていたけど、(今日やっと/昨日)(ОΟ君から連絡/テレビで/インターネットの災害用掲示板)で(ΟΟ君/君/お前/あなた)の(無事と居場所/無事と近況/避難先)が分かったので急いで手紙を書いてます。
(ОΟ君の話では/聞きしたところ/掲示板では)、(ΟΟ君/君/お前/あなた)やご家族の皆さんも(無事/怪我をされていない)とのことで、(一先ずは/まずは/何はともあれ)(ほっと/一安心/安心)し(たよ/てます)。
(とはいっても/とはいえ)、(まだ大変な状況にある/避難所生活をしている/物資が不足して不便な生活をしてる)ようだね。 (今の/そんな)状況で(僕/私/俺たち)には(何も/大したことも)できないから、一日も早く(平穏な生活が戻れる/復旧できる/元の生活に戻れる)ように(祈っとくよ/祈るぐらいしかないよ)。
 
(それと/少しで悪いが)、お見舞いを送るよ。何か(役立て/の足しに)くれな。
または
(取りあえずは/役に立つか分かれないが)、タオルやОΟなど送りますね。遠慮なく受け取ってくださいね。
 
(想像もできない大きな被害に遭遇して/大切なものなくしてしまった)(ΟΟ君/君/お前/あなた)や家族の皆さんの(苦しみ/悲しみ/苦労/心労)は、(僕/私/俺たち)には(想像もでき/分から)ないけど(強い気持で/復興を強く信じて/家族の皆さんと力を合わせて)/(ΟΟ君/君/あなた)のバイタリティー)で)この(苦難/苦境/逆境)を(のり越えて/克服して/跳ね除けて)く(ださいね/れな/れると信じてるよ)。 (僕/私/俺たち)は、(陰ながら/大したことはできないが/できる限りの)(協力/支援/応援)をするから(遠慮しないで相談して/言って)くれな。(これからも、まだまだ苦労が多い/避難生活も長くなり疲労がある/先の不安もある)だろうが、(俺たちもいる/日本全国のの人が応援している/(ΟΟ君/君/お前/あなた)は一人じゃない)から(何しろ今を乗り越えてくれな/先のことは何とかなると思って頑張ってくれ/勇気をもって前に進んでくれ/元気を取り戻してくれ/今は無理でもいつの日か笑顔をみせてくれ)よな。
(最後になったけど/それと)、(ΟΟ君/君/お前/あなた)や家族の皆さんにはもくれぐれも(無理しないで/体にだけは気を付けて)(くれな/くださいね)。
または
(もし良ければ/無理はしなくていいけど/少し落ちつたらでいいから)近況でも連絡ください 。
まずは、お見舞いまで。

早 々

令和Ο年Ο月Ο日

ОΟОΟ

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項