寄付 断り状 文例,例文,書き方

寄付 断り状 文例,例文,書き方-当サイトの文例/例文や書式、テンプレート等は、コピー&べーストして使用にただけます。 その多くの文例,例文には、書き換えの語句や意味合いの違う文章が入っています。ご自分の実状や心境に合った表現を選択や変更してご利用ください。

寄付金 断り状文例

ОΟОΟ協会
事務局 ОΟОΟ 殿

令和Ο年Ο月Ο日
株式会社 ОΟОΟ
総務部長 ΟООΟ

ΟΟ寄付金の件

拝啓/拝復 ΟΟの候、貴会におかれましては益々ご隆昌のこととお慶び申し上げます。
さて、先般ご(依頼/通知)のありました寄付金の件ですが、弊社は、 (全社的方針により、/業界内の取り決めにより、/民間団体への/特定の<宗教/学校/NPO/財団/社団>法人への)寄付(はお断りいたしております。/のご依頼は如何なる場合でもお断りしております。 何卒弊社事情を斟酌いただき、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
また、(ご送付いただいた/お預かりしました)書類及び振替用紙は本書に同封し、返却いたしますのでご査収ください。
今後とも貴会がご発展されますようお祈りし、甚だ略儀ではありますが、書面にて寄付金ご依頼のお断りを申し上げます 。

敬具

個人の寄付 断り状文例(友人)

(冠省/前略) 早速だけど、この前(お願いされた/言われていた)ОΟの寄付の件は、(辞退するよ/やめとくよ/遠慮しとくよ)。
または
(この前は/先日は)久しぶりの(電話/連絡)に驚いたよ。
君も(元気そうで安心したよ/何と忙しそうだね/頑張ってるみたいだね)。
または
ОΟ(君/さん)、(メール/(ОΟの/寄付に関する)資料送って)くれてありがとう。早速、読ましてもらたよ。
または
(今回/今日)は、(君から頼まれた寄付件/昨日電話もらったこと)(でメールしました/の返事でメールしましたよ)。
または
ОΟ(君/さん)、久しぶりだね。
君が(ОΟを支援する活動をしていることを/ΟΟ部のコーチをしていたのを/ΟΟの実行員をしているのを)知らなかったけど、いろいろ頑張っているようですね。
 
(ところで/さて)、ОΟへの寄付だけど、恥ずかしながら(今月ピンチでね、/今余裕がなくて/(安月給なんで/小遣いが安くて)ОΟとはいえ、きつくてね、)やめとくことにしたよ。(すまないな/悪いな/申し訳ないよ)。
または
君が(頑張ってしている(支援活動/イベント/ΟΟ)/支援しているОΟへの寄付)だから(少しくらいはとは思うんだ/応援したいの)だけど(余裕なくてね/恥ずかしながら金欠で/安給料で汲々としていて)(すまないけど/申し訳ないが、)(今回は/この寄付は)(勘弁してくれな/遠慮させてもらうよ)。
または
(寄付/電話/メール)のこと僕なりに考えてたけど、(正直いってОΟ団体への寄付は僕の心情としてしたくなくて/ΟΟはあまり信用できない団体のように思えて/聞くところによるとОΟと関係がある団体がしていいることのようだから)(君には申し訳ないが断らせてもらうよ/これに関しては遠慮させてもらいます/君には悪いが断ることにするけど気を悪くしないでくれな)。
 
(友だち甲斐のないことをする/小額の寄付もしない)のを(申し訳ないと思うよ/すまないと思ってるよ/悪いと思うよ)。
でも(分かってくれな/今回だけは(許/勘弁)してなね)。
または
君も(大変そうだけど/頑張っているようだし)、ОΟ(が成功する/で良い成績を収めることができる)ことを影ながら祈っておきます。
または
(悪いが/申し訳ないとは思うけど)、この手の寄付(に関しては/は)(迷惑なので/無理だから/断るしかないから/信条として一切受けることはないから)(連絡/電話)(しないでくれな/は(控えて/やめて)もらえたらありがたいよ)。
 
(改めまして/取り急ぎ、)(ОΟ/寄付)の返事まで。
または
(これに懲りないでまた連絡くださいね/健康だけは気をつけろよ)。
または
(僕は力になれないけど寄付が集まる/ΟΟがうまくいく)ように祈っとくよ。

早々/敬具

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ (君へ/さん)

個人の寄付 断り状文例(目上の知人)

拝啓 ОΟの候、ΟΟ様には益々ご(健勝/壮健)のこととお慶び申し上げます。
(さて/早速ではありますが)・・・・・
 
または
 
(冠省/前略) ОΟ(様/さん)から(久方しぶりの(ご連絡/お電話/お便り)をいただきまして(驚いたのではありますが/嬉しく思っております)。
ОΟ(様/さん)にはお変わりなく(ご活躍とのことで/活発に(ОΟ/いろいろなこと)に取り組まれておられるようで/お元気なご様子で)何より(です/に存じます)。
または
(早速ではありますが/この度(メール/お便り)しましたたのは)、(先日(お誘い/ご勧誘)いただいた/お電話をいただいた件で)、お返事(をさし上げた次第です/をさせていただきました)。
または
ОΟ(様/さん)より(ご送付いただきま/頂戴しま)した(ОΟ寄付の趣意書の読まして/(お便り/メール)拝読いたし)ましたので、お返事(した次第です/をさし上げました)。
または
この度は、(ОΟの全国大会出場/ΟΟの開催/ΟΟさんの息子さんがΟΟへ出場されるとのことで本当に)おめでとうございます。
ОΟ(様には/さん)さぞやお喜びのことと(拝察しております/存じます)。
 
寄付の(お話しをいただきまして/(お誘い/お願い/ご依頼)をお受けして)(私なりに(検討/考)させていただいたのですが/どうしたものかと思案いたしましたが/よくよく考えました/考えてはみました)が、(申し訳ないのですがご遠慮させていたきたく存じます/ご期待に添えませんご無礼をお許しください/悪いのですが(お断り/ご辞退)させていただきます)。
または
(さて/早速ではありますが)、(ОΟへの寄付/ΟΟの支援活動/ΟΟイベント/寄付/メール)の(件/お話/こと)ですが、(今回はご遠慮させていたきたくことにしました/申し訳ないですがご期待に添えません/(お断り/ご辞退)させていただきます)。(お気を悪くなさいませんようお願いいたします/悪しからずご容赦くだ(さい/さいませ)。
または
(誠に失礼ながら/誤解を恐れずに申し上げますと/正直申しまして)、(ご依頼/お願い/お誘い)されました寄付は、(ОΟ教の団体が(実施している/行っている)(ことであり/とのことで)/その活動主体が(判然としませんで/私からみて信頼できると思えませんで)/その趣旨に私自身が賛同できませんで)(お断りさせていただくことにしました/ご辞退させていただきたく存じます)。
 
(今回は/この度のことでは)、ОΟ(様/さん)(のお願いを(ご辞退/お断り)します/のお力になれません)が、どうか今後ともご交誼を賜れば嬉しいです)。
または
今回は、ΟΟ様の(気分を害させてしまうのではないかと案じておりますが/善意のお気持ちにお応えできませんでしたが)、(今後ともご厚誼を賜ります/とうかご理解いただきます)ようお願いいたします。
または
今回はお断りしますが、(宗教以外のことで何かありましたら/このようなことでなければ)遠慮なくご連絡いただければありがたく存じます。
または
私の(信条として(慈善団体/ΟΟ)への寄付はしないと決めております/私の勝手な思い込みなのでしょうがどうにも抵抗感がありまし)て(今回のご寄付はお断りしたします/ΟΟ様には申し訳ないのではあります)が、(ОΟ団体の活動を微塵を疑うのもではありません/ΟΟに参加されていても私は気にしません)ので、(変わらぬご交誼を賜り/これからもまた、何かありましたご連絡いただけ)ますようお願いいたします。
 
(改めまして/取り急ぎ、)先般のお返事(とお願い/とお詫び)まで申し上げます。
または
(略儀ではありますが/失礼ながら)、先日のお返事まで申し上げます。
または
影ながらΟΟ様の活動がうまくいきますことをお祈りも申し上げます。
または
(略儀ではありますが/失礼ながら)、先日のお返事とお詫びまで申し上げます。

早々/敬具(書き手が女性の場合)

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

個人の寄付 断り状文例(団体宛)

(冠省/前略) この度は、(先日お電話/再三お電話いただいております/先日ご説明受けた)ОΟへの寄付の件で(メール/ご通知/お便り)いたしました。
または
この度の(お便り/ご通知しましたの/メール)は、(他でもありません/先日の)寄付のお返事です。
または
早速ではありますが、(ΟΟ様/貴団体)より(熱心にお誘い/再三にわたりご連絡)いただいております(ОΟへの寄付/寄付をかねたОΟ購入)につきまして(抗議いたしたく/(申し上げ/お伝え)たいことがありまして)、(ペンをとりました/ご連絡さし上げました)。
 
(再三(お電話/ご連絡)を/何度も足をお運び)いただ(きました/いてたのです/いております)が、私としては(信条として特定の団体への寄付は一切お断りしており/寄付行為は如何なる理由であれいたしません/宗教団体への寄付はいたしません)ので、これ以上の(連絡/訪問/電話)(は一切されませんようお願いします/をご遠慮いただきたく存じます)。
または
先般(お願い/説明)いただきましたОΟへの寄付は、(ご辞退/ご遠慮/お断り)いたします(ので、ご承知いただきたく存じます/ことをここにご通知いたします)。
または
(誠に失礼ながら/誤解を恐れずに申し上げますと/正直申しまして)、ОΟへの寄付(とはいえ、それは名ばかりでОΟ教へのお布施でありまして/は、その活動主体が信頼できると思えませんで/は、私の信条からして趣旨に賛同できませんで)(お断りいたします/ご辞退させていただきます)。
 
また、今後は(一切の/同様のことで)(ご連絡/お電話/募金活動)を(されません/(ご遠慮/お控え)いいただき)ようお願い(します/いたします)。
または
なお、今後は同様の(ことをされませんよう重ねてお願いします/(寄付/募金)はお断りいたします)。
(万が一/再度/以降も)同様のことがありましたら(不本意ながら(しかるべき対応を/適切に対応)させていただきますことを/貴団体に抗議をさせていただくことになりますのでその旨)ご承知おきください。
 
(改めまして/取り急ぎ、)先般の(お返事/回答)(とお願い)まで。
または
先日の(ご回答/お返事)まで。

早々/敬具(書き手が女性の場合)

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ 様
または
ОΟО 御中

寄付の丁寧なお断り 文例(友人宛)

(冠省/前略) (我/(我が校)の)ОΟ部が(全国大会に初出場/海外遠征する)すると聞いて、(OB/同窓生)として(鼻が高いよ/嬉しく思っています)。
または
ОΟ(君/さん)、久しぶりだね。
君が(ОΟを支援する活動をしていることを/ΟΟ部のコーチをしていたのを/ΟΟの実行員をしているのを)知らなかったけど、いろいろ頑張っているようで(安心したよ/何よりだね)。
または
ОΟ(君/さん)、(メール/(ОΟの/寄付に関する)資料送って)くれてありがとう。早速、読ましてもらたよ。
または
(今回/今日)は、(君から頼まれた寄付件/昨日電話もらったこと)(でメールしました/の返事でメールしましたよ)。
 
君が(頑張ってしている(支援活動/イベント/ΟΟ)/支援しているОΟへの寄付)だから僕も(何とか少しくらいのは山々/力になりたいのは/応援したいの)だけど(僕も今持ち合わせが少なくて/恥ずかしながら金欠で/安給料で汲々としていて)本当に(すまないけど/申し訳ないが、)(今回は/この寄付は)(勘弁(してください/してくれな)/遠慮させてください)。
または
(もう時間がなくて/なかなか寄付が集まらなくて/君が困っていて)(焦っているのも/僕にまで頼ってきたたのは/相当頑張って多くに人に声をかけているのは)(分かる/理解できる/ひしひしと伝わる)けど(支援しているΟΟさんのこともよく知らない/僕はОΟ部ではなかった/ΟΟ(活動/祭り)とは僕は直接関係ない)から申し訳ないけれど今回の寄付は(勘弁してください/遠慮させてもうよ)。
または
君(にはОΟの時助けてもらった恩もあるし/には以前僕が寄付をお願いしたこともあったし/にはいろいろとお世話になっているから)(できることなら何とかしてあげたいの/力になってあげたいのは山々)だけど、(実は、僕も(会社をやめて貯金を切り崩しながらの生活をしていて/ΟΟで)/(子供にお金がかかって/ΟΟローンの返済があって)小額とはいえ寄付するほどの余裕がなくて)、(本当に申し訳なと思っています/すまない気持ち一杯です)。
または
(寄付/この前/電話/メール)のこと(僕なりにいろいろ考えてた/少し考えていた)んだけど、(正直いってОΟ団体へは寄付は僕の心情としてしたくなくて/ΟΟは(好きになれなくて/あまり信用できない団体のように思えて)躊躇せざるを得なく/聞くところによるとОΟと関係がある団体がしていいることのようだから)(すまないんだが、他の人(に頼んで/をあたって)(もらえればありがたいです/ください)/(今回のこと/そのことだけ)は、すまないが力になれないよ)。
 
(君とは長い付き合いだし/これまでも仲良くしてもらってるし/君には恩があるし)、僕としは(何とかしてあげたい/力になりたい/少しくらいとは思う)けど、(俺もお金がないんだ/どうしても心情的に無理なんだ)。(君には悪いとはとはと思うが、今回だけは許してくれな/本当にごめんね/信じてください)。
または
(今回は、君のお願いをきけない/友だち甲斐のないことをする/小額の寄付もしない)のを(申し訳ない気持ちで一杯です/すまないと思ってるよ/悪いと思うよ)。でも(どうか分かってください/今回だけは(許/勘弁)してなね)。そして、これからも(また連絡してね/仲良くしてください/友だちでいてください)。お願い申し上げます。
または
君が困っているのに(助けなてあげない/何もしない)(僕/私)(のことを友だち甲斐のないやつと思う/のことを憎む/とはこれから付き合いたくないと思う)かもしれないけど、(よくよく考えて決めた/私にはどうにもならない)ことなので、(それだけは分かってください/どうか、(勘弁して/許して)くださいね)。
 
先日の返事とお詫びまで。
または
(これに懲りないでまた連絡くださいね/健康だけは気をつけろよ)。
または
(僕は力になれないけど寄付が集まる/ΟΟがうまくいく)ように祈っとくよ。

早々/敬具

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ (君へ/さん)

寄付の丁寧なお断り 文例(目上の方宛)

拝啓 ОΟの候、ΟΟ様には益々ご(健勝/壮健)のこととお慶び申し上げます。
(さて/早速ではありますが)・・・・・
 
または
 
(冠省/前略) ОΟ(様/さん)から(久方しぶりのお便りをいただきまして/のお電話を頂戴しまして驚きましたが)、(変わらず活発に(ОΟ/いろいろなこと)に取り組まれておられるようですね/お元気そうになさっつているとのことで何よりに存じます)。
または
この度は、(ОΟの全国大会出場/ΟΟの開催/ΟΟさんの息子さんがΟΟへ出場されるとのことで本当に)おめでとうございます。私も大変嬉しく思っております。
または
ОΟ(様/さん)より(ご送付いただきま/頂戴しま)した(ОΟ寄付の趣意書の読まして/(お便り/メール)拝読いたし)ましたので、お返事(した次第です/をさし上げました)。
または
(この度は/早速ではありますが)、(先日お聞きしたОΟへの寄付/先般お電話をいただきましたこと/ご送付いただいておりましたОΟ)ことで(メールいたしました/筆を取った次第です/取り急ぎお返事をさし上げた次第です)。
 
早速ではありますが、(ОΟへの寄付/ΟΟの支援活動/ΟΟイベント/この前/電話/メール)の(件/お話/こと)で(私なりに検討いたしまた/お電話をいただいてからじっくり考えました/ΟΟについて調べさせていただいたのです/(主人/妻)とも相談してみました)が、(ΟΟ様が支援しているΟΟさんのこともよく知らない/私はОΟ(活動/祭り)に関係もしておりませんで/高校を卒業以来、(学校とはご縁/一度も学校を訪れたこと)もありませんで)(から/誠に)申し訳ないことでありますが(ОΟへ/今回)の寄付はご遠慮させていただき(たく存じます/ます)。
または
さて、ОΟ(様/さん)(にはОΟの折に私(もお助けて/のためにご尽力)いただいたたご恩もありますから/には、日頃より(お世話になって/ご厚情を賜って)おりますから)(できるだけのことはし/お力になり)たいのではありますが、(私の信条として如何なる(募金活動/慈善(活動/団体)/ΟΟ)に対しても寄付はしておりませんで/ΟΟ様がご支援されているとはいえ、ОΟは調べた範囲で(評判がよくありません/活動実態がよくわかりません)で/正直申しましてОΟは(宗教団体/ΟΟ)ですので)この度の(お願い/お話は/ことは)(ご勘弁ください/ご遠慮させていただきます)。
または
(早速ではありますが/さて)、ОΟ(様/さん)(もなかなか寄付が集まらないで大変な状況であることは(重々承知しております/何となくお察しします)が/ひしひしと伝わってきました)が/がお困まりなのだろうと分かりましたが)、(私にあまり関係することでもありません/ご支援しているΟΟさんはお気の毒ではありますが、他にも同様の方はたくさんおられるのにΟΟさんだけとお助けする寄付に関して私は少しがかり(違和感/抵抗感)がありまして一回寄付に応じてしまうと後々継続的にご寄付をしないといけなくなるやもしれませんで/小額とはいえ、お金を出すとなると躊躇せざるを得ず)申し訳ありませんが、この度のことは(ご勘弁/ご容赦)いただけますようお願い申し上げます。
 
(お気の毒な方のために一生懸命に活動なさっているのが/寄付が集まらない状況であることは)(ひしひしと感じられます/分かりました)ので、(お力になれないこと/ご恩をお返しできないの/ご期待と裏切ること)は、(本当に心苦しいばかりです/申し訳ない気持ちで一杯です)が、この度のことだけは(お許しいただけます/ご寛容賜ります)ようお願い申し上げます。
または
私の(信条として(慈善団体/ΟΟ)への寄付はしないと決めております/私の勝手な思い込みなのでしょうがどうにも抵抗感がありまし)て(今回のご寄付はお断りいたします/ΟΟ様には申し訳ないのではあります)が、(ОΟ団体の活動を微塵を疑うのもではありません/ΟΟに参加されていても私は気にしません)ので、(変わらぬご交誼を賜り/これからもまた、何かありましたご連絡いただけ)ますようお願いいたします。
 
(改めまして/取り急ぎ、)お詫びまで。
または
影ながらΟΟ様(お子様が大会でよい成績を収められるの/の活動がうまくいきますこと)をお祈りも申し上げます。
または
(略儀ではありますが/失礼ながら)、先日のお返事とお詫びまで申し上げます。

早々/敬具(書き手が女性の場合)

令和Ο年Ο月Ο日

ΟООΟ

ΟООΟ 様

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項