お断り(借金_個人_事務的)文例と書き方

お断り(借金_個人_事務的)の文例

お断り(借金_個人_事務的)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

ΟООΟ 様

拝復
先日のお手紙拝読いたしました。(ΟΟ様のご(事情/苦境/心労)心中よりお察しいします。
さて、ご依頼の件、誠に(不本意です/申し訳ないことです)が、 ご期待にお応えできそうにありません。
お恥ずかしながら、色々と思案をしてはみたものの(我が家/当方/私ども) にご用立てできるだけの余裕がありませんでした。何とぞ、この度だけはご(勘弁/容赦)くださいますようお願い申し上げます。
又は、
実を申しますと、(今年娘が東京の大学に進学した/マンションを購入した/その他個別の理由など)ため、 当面、我が家にも経済的な余裕がありません。どうかそのような事情をお察しいただき、この度の件はご勘弁ください。
日頃より、(ご交誼を/ご厚情を/親しくして)頂戴しているのにもかかわらず、 お役に立てませんこと、心よりお詫びいたします。
取り急ぎ、ご依頼の返事まで 。

敬具

平成 年 月 日

ОΟОΟ
〒000-0000
ΟΟ県ΟΟ市Ο丁目Ο-Ο


8月時候の挨拶

[時候の挨拶/結び]

8月上旬
避暑の候
新涼の候
納涼の候

8月中旬
残炎の候
残暑の候
残夏の候

8月下旬
暮夏の候
晩夏の候
向秋の候

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について