文例集HOME> ビジネス文書> 取引文書> お断り(注文お断り)

お断り(注文お断り)文例と書き方

お断り(注文お断り)の文例

お断り(注文お断り)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

株式会社 ОΟОΟ
仕入部 ΟООΟ 様

平成 年 月 日
株式会社 ΟΟ商事
営業部 ΟООΟ 印
電話***-****-****

「ОΟО」ご注文の件

拝啓/拝復
ΟΟの候、貴社におかれましては益々ご隆昌のこととお慶び申し上げます。
平素より、格別のお引き立てを賜り心より感謝いたしております。
さて、この度ご注文いただきました「ОΟО」ですが、(予想以上売れ行きのため入庫待ちの状態が続いております/既に製造中止となっております/品切れで入庫の見込みがたっておりません)ため、せっかくご注文をいただきましたが、現状ではご注文にお応えできませんこと、深くお詫び申し上げます。
今回、貴社に多大な(ご不便/ご迷惑/お手間)をおかけしてしますが、何とぞご(理解/了承/容赦)を賜り、今後ともご愛顧の程よろしくお願いいたします。
なお、現品が入庫次第ご連絡いたしますので、その折に改めてご注文をいただけますよう重ねてお願いいたします。
または
なお、ご参考のために、ОΟОの代替として(後継機/同調品)のカタログとお見積書を同封いたします。こちらをご検討いただければ幸いに存じます。
まずは、ご注文お断りのお詫びかたがた、(品切れ/入庫待ち/製造中止)のお知らせまで 。

敬具

カスタム検索

お断り文例と書き方

各種お断りの文例と書き方一覧と 断り状関連コンテンツです。

7月季節/時候の挨拶

7月時候の挨拶 [詳細:挨拶と結びを参照]
7月上旬 (梅雨明け/向暑)の(候/みぎり)
7月中旬 (仲夏/盛夏)の(候/みぎり)
7月下旬 (大暑/極暑/酷暑/炎暑)の(候/みぎり)
暑中見舞い/残暑見舞いの時期について
小暑(2016/7/7)と大暑(2016/7/22)期間を暑中と呼び、暑中見舞いはこの期間に送るのが正式ですが、 一般的には、梅雨明けから立秋(2016/8/7)まで「暑中見舞い」を送り、それ以降は「残暑見舞い」として送ることも多いようです。 なお、残暑見舞いは処暑(2016/8/23)までに送ります。